『お金』を与える事で、人は簡単に堕落していく。

今日のテーマは、『お金を与える事で、人は簡単に堕落していく』です。

 

 

1つ前のブログでも書かせて頂きましたが、

昨日から、クライアントさんと同伴で香港に来ています。

 

 

日本はかなり寒くなって来ましたが、

それに比べると、香港の気候はとても穏やかです。

 

 

それもそのはず、

 

 

よく考えてみたら、沖縄よりも南に位置する訳で、

街中には『モンクレール』の旗艦店もありますが、明らかにオーバースペック感があります。

 

 

仕事として、ミッションクリアしなければいけない事もありますが、

数日間だけ、日本を離れた『非日常』を味わいたいと思います。

 

 

早速本題に入りますが、

お伝えしたいことは、正に『タイトルの文章』そのままですね。

 

 

きっと、それをイメージする場面を、

読者の皆さんも、1つや2つ経験されたり、目の当たりにされたりしていると思います。

 

 

自分が『労働』をして、若しくは、『労働』ではないにせよ、

それ相応の『対価』を支払って得る『お金』では、人は堕落しません。

 

 

しかし、

 

 

自分が『労働』した訳でもなく、投資資金を自ら拠出した訳でもなく、

『対価』を支払うことなく得てしまった『お金』は、その人の人生を狂わします。

 

 

その際たる例が、『宝くじ』ですよね。

 

 

一昔前、

 

 

『1億円当たった人の末路』という本が話題になりましたが、

その中で紹介される方々も、宝くじ高額当選の前後比較して、

『人生が幸せになる』という事はないと示されていました。

 

 

具体的には、

 

 

『1億円』を超える高額当選した方々は、親族にたかられたり、

『生活水準』を上げる事で、虎の子の『当選金』が一気に減り、

資金が枯渇しても継続し、逆に『借金生活』に陥ってしまうと。

 

 

往々にして、ありそうですよね。

 

 

また、『相続』『贈与』などといった事も、

対価を支払う事なく得る『お金』で、人間を翻弄する代表格です。

 

 

前述の事例同様、

 

 

『お金の器』が無い人に、『お金』だけが一気に流れ込みますから、

この人は、『息』をするが如く当然のように、『お金』を一瞬で失います。

 

 

いかに『ハード』が充実されようとも、

それに伴い『ソフトウェア』がアップロードされていなければ、何もなりませんよね。

 

 

この事例は海外でも見られ、

 

 

お隣の国『韓国』では、約20年前の『通貨危機』時に経済の流れに翻弄され、

長年『債務』を抱えていた方々のそれを、政府が肩代わりした事がありました。

 

 

2、3ヶ月、徹底的に経済状況を調べられるものの、

 

 

その上で『適格』と見なされれば、その人が抱えていた『債務』を軽減し、

中には、『9割免除』『全額免除』された方々も多く存在しました。

 

 

実に、

 

 

『全額免除』の対象者として考えられる方は、韓国全土で『110万人』を超え、

全人口が『5000万人超』であることを考えると、驚くべき数字ですよね。

 

 

ただ、

 

 

この対象者にあまり好ましい『結末』が待ち受けるとは考えにくく、

長年、『借金状態』がコンフォート(安定)であった方々の債務を、

一瞬で帳消しにしても、彼らはまた同じ状態に戻ってしまいます。

 

 

この事例でも、

 

 

対価を支払うことなく『お金』を与える事と同義ですから、

どうしても、当事者からすれば『あぶく銭』という範疇を超えないのです。

 

 

『ベーシック・インカム』

 

 

政府や地方自治体が、該当エリアに居住する人に対して、

一律に、最低限、生活が維持できる程度の『お金』を与える。

 

 

このような考え方が、数年前から世界で起こり、

『北米』『欧州』を中心に、該当自治体でテストマーケティングが実施されていますよね。

 

 

この『ベーシック・インカム』という考え方、

皆さんとしては、どのようなご意見を持たれていますか??

 

 

理屈としては、

 

 

政府・自治体から『生活最低限』の資金が支給される事により、

人間が『必要不可欠な労働』から解放され、QOLが高まり、

更に『創造的な仕事』を生み出したり・それに従事できる、と。

 

 

かつて、

 

 

『新・富国論』という書籍に登場した、シリコンバレーの若き起業家も、

『テクノロジーの発達は、私たちをより創造的な労働に就かせる』と言っていました。

 

 

確かに、これは『理屈的』には一見正しそうですよね。

 

 

しかし、

 

 

『人間』は、やはり『理屈』通りに動かないのが世の常で、

意味なく『お金』が与えられると、それが『呼び水』となり、人生は堕落していきます。

 

 

事実、

 

 

世界でテスト的に導入されている『ベーシック・インカム』制度は、

多くの該当地域で予想外の失敗に終わり、早々に打ち切られるケースが散見されます。

 

 

要は、

 

 

努力なく、簡単に『お金』が得られるようになってしまうと、

悲しいかな、人は『生産性』『思考能力』を失ってしまうということです。

 

 

『人間』は、自分たちが想像する以上に『怠惰な生き物』だと言えます。

 

 

この辺り『ODA(政府開発援助)』などでも同様のことが言え、

簡単に『お金』を与えてしまった国は、『依存心』が芽生え、国家としての繁栄を放棄します。

 

 

常に、

 

 

誰かから『お金』を恵んで守ることばかり考えるようになり、

自らの『創造性』『主体性』を簡単に手放してしまうのです。

 

 

賛否両論あると思いますが、

 

 

私自身は、『ベーシックインカム』という制度に対して、

あらゆる場面での導入について、『断固反対』の意見を持っています。

 

 

自身の中に、

 

 

『正当な努力をした者が、正当な成果を得る』という世の中が、

本当の意味での『理想郷』だという考え方があるからです。

 

 

世の中的には、『99%』の方々が、

『楽して儲かる』といった類の話の方がお好きのようですが、、、、。

 

 

『年金』という社会保障システムが破綻に向かう日本にとって、

『ベーシック・インカム』は夢のまた夢のような政策ですが、

時には、『政界の潮流』についても目を向けて考えていきましょう。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮11月22日(木)、大阪・梅田11月27日(火)に開催します。

 

 

■2018年11月22日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年11月27日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile