『お金持ち』が実行する、年1回の『秘密の儀式』とは??

今日のテーマは、『お金持ちが実行する、年1回の秘密の儀式とは??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『10年間、市場が閉じたとしても、それを買いますか??』と題して、

『初志貫徹』した、『長期投資』の大切さについてご紹介しました。

 

 

今日の話は、一見すると、昨日の話と『矛盾』するように見える事を冒頭断っておきます。

 

 

『お金持ちが実行する、年1回の秘密の儀式』

 

 

とても気になる『フレーズ』ですよね??(笑)

 

 

果たして、この『答え』がダイレクトに表現されるかどうか、

期待して、記事の後半まで読み進めてみてください。

 

 

昨日、とても興味深いニュースが出てきました。

 

 

何でも、国が新法を設立して、口座内で10年以上動きがない『放置預金』を、

来年(2019年)1月から『社会事業』に活用されるというものです。

 

 

これまでも、

 

 

『放置預金』に対しての議論は様々ありましたが、

管理主体が『銀行』から『国家』に転換されて、活用されるとは『意外な結末』です。

 

 

もしも、本人が気付いて申し出れば、『預金』は本人に返還されますが、

気が付かなければ、権利が『国』に移管され、手元には戻って来ません。

 

 

(国民の権利を定める)『憲法』によるところの『財産権』を守りつつ、

その存在すら認識されていない資金は、『国』が活用出来る仕組みになりました。

 

 

今回の新法設立において、

 

 

対象となると推測される資金は、現時点で『6000億円』であり、

対象となる口座は、全国に『6000万口座』あるようです。

 

 

これで、大方の想像がつきますね??

 

 

上記の数字から算出した時、

対象口座1つにつきの預金残高は『10,000円』程度で、

間違っても『お金持ち』が保有するものとは思えません。

 

 

無論、

 

 

この金額は、一般人にとっても決して『大きなもの』ではなく、

言葉が示す通り、本当に、忘れ去られ、『放置』されている資金です。

 

 

要は、

 

 

それぞれの口座により理由は様々あるでしょうが、

保有者本人が、その存在を認識しなくなってしまっているのです。

 

 

普段から、

 

 

多くの方々の『お金事情』に関わらせて頂くにあたり、

その中で、見えてくる1つの『真理』のようなものがあります。

 

 

それは、

 

 

『お金持ち(お金・資産をしっかり保有している人)』ほど、

自身が保有している『資産』を、きちんと、細かく把握しているという事。

 

 

自身で書いていて感じますが、

 

 

『お金持ち』が一般的に『資産状況』をきちんと把握しているのか、

『資産状況』をきちんと把握しているから、『お金持ち』になり得たのか??

 

 

『卵が先か??鶏が先か??』のような話になって来ますね。

 

 

一般の方々が、財布に入っている金額を把握していない事が多いのに対し、

彼らは、『1円単位』とは言わないまでも、かなり正確にそれを把握しています。

 

 

さらに、

 

 

支払うべき時にはしっかり支払う『太っ腹さ』を持ちながら、

『無駄なもの・機会』には、『1円』すら支払いたくないと考える『強かさ』もあります。

 

 

昨日は、

 

 

市場が大きく変動した際にも、自身は静観して狼狽えず、

短期視点で『資産ポートフォリオ』を変更しない事の大切さをお伝えしました。

 

 

バフェットの言葉も引用し、

 

 

『10年間』という期間、『市場』が閉まってしまったとしても、

保有し続けたい『投資対象』のみ、保有していくことを推奨しました。

 

 

また、

 

 

2013年に起こった『チャイナ・ショック』の事例も持ち出し、

1週間『市場』から目を話していれば、自殺した数百人の個人投資家も救われたのでは??、とも。

 

 

しかし、

 

 

現実問題として、自身の『保有資産』に無関心になり過ぎるのは良くなく、

『人間関係』と同様で、自分が無関心であれば、相手からの関心も失います。

 

 

確かに、

 

 

私も含めて、誰しも、自分自身の『保有資産』『経済状況』と向き合う事は、

『不安』『恐怖』といった感情に打ち勝つ、『勇気』が必要になって来ます。

 

 

ただ、

 

 

それをせずして『資産形成』に成功する方法は存在せず、

スタート時点で、その『道』を通ることは、遅かれ早かれ、必須になって来ます。

 

 

今回、

 

 

出て来た報道では、『10年以上』放置されて来た資金に対して、

実質的に、『国』に徴収されてしまう新法が制定されてしまいました。

 

 

ただし、

 

 

これは多くの方々にとっては、少し注意すれば回避できるもので、

『1年に1度』、自身の『保有資産』を把握し直すのは、『当然の行動』です。

 

 

一般的には、

 

 

何か『大きなイベント』、『ライフスタイルの変化』が起こった時のみ、

自身の『保有資産』を把握し直すというものが普通かも知れません。

 

 

しかし、

 

 

何か『大きな変化』が無くとも、定期的に振り返りの時間を取り、

自身の『保有資産』をしっかりと把握しながら進んで行きましょう。

 

 

人生において、自身が『フォーカス』を当て続けるものこそ、

拡大され、与えられ続けるというのが『真理』なのですから。

 

 

『金融リテラシーを高め、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮10月24日(水)、大阪・梅田10月29日(月)に開催します。

 

 

■2018年10月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年10月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile