『お金持ち』を測る基準は、本当に『年収要件』が正しいのか??

今日のテーマは、『お金持ちを測る基準は、本当に年収要件が正しいのか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『お金の美学を持っている人は、お金から好かれる』と題して、

自らの『投資哲学』を練り上げることの大切さをご紹介しました。

 

 

記事中で、元・カリスマキャバ嬢の『エンリケ』さんの話もご紹介しました。

 

 

彼女の場合、

 

 

『3日2.5億円を売り上げる!』等の枕詞で紹介されることも多く、

本来、私としては、そのようなキャッチーな表現は敬遠しがちです。

 

 

しかし、

 

 

彼女の場合、そのような『華やかな場面』だけではなくて、

それを裏付けする、しっかりとした『舞台裏』が存在する。

 

 

それは、

 

 

彼女自身の『お金の美学』として、言葉に直接現れていて、

それを体現するからこそ、No. 1に昇りつめたのだと感じます。

 

 

『お金の美学』

 

 

『投資哲学』

 

 

いかがでしょうか??

 

 

皆さんは、きちんと持っていますか??

 

 

元々、

 

 

『清貧こそ美徳』という価値観が刷り込まれた日本人は、

『お金』について、不自然に『無頓着』を決め込む傾向があります。

 

 

近年、

 

 

『キャッシュ・レス社会』が浸透したと言えど、本質的には

毎日『お金』を使って生活していることに変わりありません。

 

 

生まれてから、今まで、

 

 

ほぼ毎日『お金』を使ってきているにも関わらず、

人生のどの場面においても、ほとんどの日本人が、

『お金』という対象には『素人』を抜け切れずにいます。

 

 

実際、

 

 

『お金の美学』『投資哲学』を持つ人間が少ないのに比べて、

『お金』に翻弄されて生活している人の、なんと多いことか。

 

 

あらゆる物事において、

 

 

何か『課題』を解決しようとするのであれば、

その『対象』について、真正面から向き合い、

具体的な『解決策』を講じる必要があります。

 

 

しかし、

 

 

一般的には、多くの方々が『お金』から目を逸らして生きる為、

現実的には、『お金』に翻弄されて生きる人が大勢を占めます。

 

 

その結果、

 

 

『お金』に対しても、間違った価値観・判断基準が錯綜し、

その1つが、今日、テーマとして取り上げている課題です。

 

 

職業柄、

 

 

様々なジャンル・年齢層・社会的立場の方と接する機会がありますが、

まさに、現代日本の『ダイバーシティ(多様性)』を見せつけられます。

 

 

海外諸国と比べると、まだまだ『画一的』と言われますが、

間違いなく、『私たちの親世代』より価値観は多様化しています。

 

 

典型事例の1つに、

 

 

『結婚』が、人生における『当たり前』ではなくなったことがあり、

クライアントさんの中にも、独身を選択されている方が多くいます。

 

 

当然、

 

 

自らに『投資』できる経済的余裕もありますから、

『綺麗な女性が多い』ということも実感しますね。

 

 

ただ、

 

 

彼女たちの中には、今後の『結婚』を見据える方々もいらっしゃり、

『パートナー』の条件として、『経済要件』を挙げる方も多いです。

 

 

そして、

 

 

その『経済要件』として、最も一般的に求められるのが、

パートナーとなる男性の『年収要件』という項目です。

 

 

これ、個人的には、少し危険だと思うんですよ(笑)

 

 

例えば、

 

 

今のご時世、日本人・会社員の『平均年収』は悪化の一途を辿り、

直近20年間、『400万円』前後をフラフラと推移しています。

 

 

その中で、

 

 

『年収600万円』という基準が『高年収』に分類されることもあり、

更に、『年収1000万円』を超えると、絶滅危惧種並みの扱いです。

 

 

確かに、

 

 

上記基準が『少数派』であることは間違いないので、

『この人は、逃しちゃいけない!』と思いますよね。

 

 

しかし、

 

 

『お金』のルールを少しだけ理解している方々からすれば、

それが『ハリボテ』のような『幻想』であると分かります。

 

 

少しだけ解体してみると、

 

 

仮に、『年収1000万円』の人が目の前に現れたとしても、

『会社員』であれば、収入に対する源泉徴収率は『約25%』。

 

 

つまり、

 

 

年間の可処分所得としては『750万円』程に限定されており、

単純に『12ヶ月』で割ると、月平均は『60万円』程度です。

 

 

また、

 

 

この考え方には『賞与』という概念が挟まれていない為、

それを考慮すると、月均の可処分所得は『40万円』程。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『何か、思ってたんと違う!!』となりませんか??(笑)

 

 

更に、

 

 

『年収600万円』という基準では、数値は更に低くなり、

同様に計算すると、可処分所得は『月30万円』あれば良い方です。

 

 

『年収600万円』

 

 

昨今の婚活市場では、『高年収』に分類される数字ですが、

簡単に紐解くだけで、『幻想』が脆くも崩れ去ってしまいます。

 

 

こう説明すると、

 

 

『それ以上の年収のパートナーを探す!』という方もいますが、

『確率論』から見て、その戦略は勧められないかも知れません。

 

 

むしろ、

 

 

『年収要件』を追い求めても、埒が明かない節もあり、

そもそもの『基準』を変化させる必要性があると考えます。

 

 

では、正しい『選択基準』とは、何なのか??

 

 

それは、『お金を扱う能力』を見るということです。

 

 

一般的に、

 

 

『高年収=お金持ち(保有資産が多い)』と考えられがちですが、

悲しい哉、現実世界では、この等式はなかなか成立していません。

 

 

反対に、

 

 

一般的な基準で『高収入』に分類される方々ほど、

そのれに比例する形で、『守り』も甘くなる傾向があります。

 

 

例えば、

 

 

30代で『年収2000万円超』という方々も存在しますが、

そういった方々が、保有資産(預貯金)を全てかき集めても、

『100万円』程度しか持っていないという事例もザラです。

 

 

『幻想』を見てお付き合いした女性は、

『真実』を知った瞬間、崩れ落ちるでしょうね(笑)

 

 

それよりも、

 

 

『年収400万円〜500万円』程度であっても、

毎月5万円・年間60万円ほどの資金を拠出して、

長年(10年超)積み上げられる人の方が、強い。

 

 

(*あまりに低収入の場合、上げる必要性はあります。)

 

 

このような人物の場合、

 

 

『お金を扱う能力』も、歳月をかけて培われている為、

外見としては『地味』ながら、一見『派手』な人より、

盤石の『財政基盤』を保有している可能性があります。

 

 

そこを、『心眼』で見抜けるかどうかです(笑)

 

 

古今東西、

 

 

ある一定基準を超えれば、『お金持ち』の判定基準は、

決して『収入要件』のみで測定することは出来ません。

 

 

『外見』に惑わされることなく、

『本質』を見抜くよう、心掛けて頂けたら幸いです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile