『かぼちゃの馬車問題』を知っていますか??

今日のテーマは、『かぼちゃの馬車問題を知っていますか??』です。

 

 

皆さん、このタイトルに反応できますか??

 

 

今、世間を賑わせている『かぼちゃの馬車』をご存知でしょうか??

 

 

スマートデイズ社によるサブリース契約で、

『東京都内・女性限定シェアハウスビジネス』と言えば、ピンとくる方も多いと思います。

 

 

すごくシンプルに説明すると、次のような構図です。

 

 

オーナー(投資家)が金融機関から融資を受けてシェアハウスを建設し、

この物件を『スマートデイズ社』とサブリース契約締結し、家賃収入を得る。

 

 

勿論、

 

 

オーナー(投資家)には金融機関への融資返済義務が発生しますが、

サブリース契約から得られる賃貸収入で、これは賄うことが出来る。

 

 

収支トントンならこの話に乗る人間は居ませんが(そう願いたい。)、

当初の話では、融資返済しても尚、『収益』が手元に残るはずでした。

 

 

スマートデイズ社は『家賃保証システム』を謳っていたようですから、

そのことも、オーナー(出資者)増加の大きな一因だったと考えます。

 

 

しかし、

 

 

実際はこの会社からの賃料振込はほぼ実行されず、

昨年(2017年)10月にはオーナーに対して賃料減額を突然通知。

 

 

そして、

 

 

今年(2018年)に入ってから2回に渡り開催された説明会では、

賃料支払いは実質ゼロ、支払い能力がないことが発表されたのです。

 

 

現在の代表者が述べるところによると、

『当初から、ビジネスとしての見通しが甘過ぎた。』と。

 

 

2012年8月の会社設立から約5年ほどで、

東京都内に『10000室』ほどのシェアハウスを保有し急拡大していく中、

実際の入居率は、『50%』にも満たなかったとも言われています。

 

 

これでは、とてもじゃありませんが、オーナーへの『賃料支払い』は不可能ですね。

*元々のビジネスモデルが、暴利だった場合を除く。

 

 

この社長が言うように、

 

 

当初描いていたビジネスモデル自体が早々に破綻していたようで、

以前からのオーナー(出資者)への『家賃支払い』を実行する為、

最近まで新規オーナー募集を行っていたようです。

 

 

気付かれた方もいらっしゃるでしょうが、

これは完全なる『ポンジ・スキーム』と言われる出資法違反詐欺。

 

 

それを平然と言ってのける社長の肝の座り方も大したものですが、

『なぜ、この人物(会社)が逮捕されずに存在しているのか??』という、

とてもシンプルで素直な疑問も湧いてきます。

 

 

これは、『金融』という世界の、本当に『摩訶不思議』なところですね。

 

 

私が身を置く純粋な『金融』の世界と同様、

『不動産』という業界も、少なからず『詐欺』が横行することは周知の事実です。

 

 

なぜ『詐欺』が起こりやすいかというと、

プロバイダ(胴元)と投資家(出資者)の間で、情報格差が大きく生まれるからです。

 

 

皆さんも容易に想像がつくと思いますが、

『不動産』というのは完全なる『クローズド・マーケット』で、一般人には決して身近でない業界。

 

 

私のクライアントにも『不動産投資』を希望される方がいますが、

そう言った方々には、次のようにアドバイスさせて頂いています。

 

 

『自身がインサイドの情報にアクセス出来る自身がない場合、辞めておいた方が良い。』

 

 

わかりやすく言うと、

 

 

あなたが不動産業界に精通した信頼おける人物と、

先方の『お客さん』としてではなく繋がる、『人脈』を持っているかどうかです。

 

 

事実、

 

 

今回の『スマートデイズ社:かぼちゃの馬車問題』でも、

オーナー(出資者)のほぼ全てが、会社員の『素人投資家』という状況でした。

 

 

はっきり言って、『プロ』であればこんな話、乗りません。

 

 

その世界の『常識』を持っている人間からしたら、『子供騙し』にもならないからです。

 

 

この問題を傍観していると、複数の『責任者』がいることがわかります。

 

 

まず、

 

 

1人目(?)の責任者は『スマートデイズ社』本体。

 

 

『ポンジ・スキーム』を仕掛けて実行した真犯人ですので、

読者の皆さんも、ここには意義なく受け容れられると思います。

 

 

当初は崇高なビジネスにおける思想があったのかも知れませんが、

現在の状況を考えると、決して言い逃れはできないと考えます。

 

 

そして、

 

 

2人目(?)の『責任者』は、

『オーナー(素人投資家)』達へ融資を決定・実行していた『金融機関』です。

 

 

個人的には、ここの『責任』は相当に重いと考えます。

 

 

一説によると、

 

 

『オーナー(素人投資家)』の方々の融資額は、

1人あたり平均で『1億3000万円』にも上ると言います。

 

 

一般的な話として、『会社員』としての信用を利用して、

金融機関から融資を引っ張れる限度額は、『年収の10倍』が目安になります。

 

 

この基準値から考えると、

この『素人投資家』の皆さんの平均年収は、『1300万円』程度になりますよね。

 

 

でも、実際は違うと思うんです。

 

 

(*年収1300万円という水準が、高いか・低いかは別の話として。)

国民全体の正社員・平均年収が『400万円』そこそこを推移している時代、

この程度の『詐欺話』に引っ掛かるレベルの方々の、平均年収が『1300万円』はあり得ません。

 

 

と言うことは、金融機関はその基準を超えて融資をしていた。

 

 

しかも、

 

 

ここからは私の推測ですが(きっと、当たっている。)、

金融機関側は、融資を受ける『素人投資家』が詐欺話に引っ掛かっていることを予め見抜いていた。

 

 

それでも、

 

 

歴史的な『超低金利』が続く現代、

それを遥かに超える利率で融資希望してくる『素人投資家』は、

『カモ』が『ネギ』を背負って自らやってきたようなものです。

 

 

金融機関サイドとしては、これを断る理由は見当たりません。

 

 

『そんなことして、不良債権化したらどうするんだ!』と、

この話に疑問を呈される方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

 

でも、その指摘も『信用創造』の考え方で簡単に説明がつきます。

 

 

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、

 

 

現行の制度で、金融機関が『1億3000万円』を融資する場合、

実際に金融機関が保有している資産は『10分の1』程度。

 

 

この事例を考えても、『2000万円』も保有していれば、余裕を持って融資可能です。

 

 

残り『1億円超』のお金は、

保有していなくとも『信用創造』で貸し出すことが可能なので、

金融機関としても、もともと保有していなかったお金になります。

 

 

当然、

 

 

自身が身銭を切って融資する『2000万円』部分に関しては、

『素人投資家』サイドに保有があるか審査(?)はするでしょう。

 

 

しかし、

 

 

それを超える部分に関しては『濡れ手に粟』で儲かる商売で、

予定通り返済されれば『儲けもの』程度にしか考えていない。

 

 

この観点から考えると、実際に融資を決定・実行した、

『金融機関』サイドも相当の『悪』だとお分かり頂けると思います。

 

 

そして、

 

 

今回の『かぼちゃの馬車問題』の真犯人であり、『最高責任者』であるのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

この詐欺話に出資してしまった『オーナー(素人投資家)』の方々本人です。

 

 

皆さんも、お察しの通りですよね。

 

 

シンプルな話ですが、詐欺には当然2つの人間が存在し、

一方は『騙す側』であり、もう一方は『騙される側』です。

 

 

両サイドの人間が存在するから成立するのが『詐欺』であり、

どちらか一方では、これが成り立たないことは理解頂けると思います。

 

 

今回の一件、当事者になられた方々には、本当にお悔やみ申し上げます。

 

 

しかし、

 

 

『私は被害者だ!』と一方的に責任放棄して欲しくはなくて、

しっかりと、自身の決断・行動に『責任』を感じてもらいたいのです。

 

 

スマートデイズ社は、

『30年間定額家賃支払い保証』なる制度を提示していたようですが、

そんなもの、有り得ないことは常識人なら簡単に見抜けてしまいます。

 

 

*長期のインフレ率まで考慮したら、真の『投資家』としての意見では、

 この保証制度自体が『割りに合わない取引』ですが、、、、それは置いておきます。

 

 

こんな話に乗ってしまった、出資者にも必ず責任はある。

 

 

そのことを、しっかりと肝に命じて欲しいのです。

 

 

今日、私がなぜ、この事例を取り上げて皆さんにお話しているのか??

 

 

それは、

 

 

普段、面談させていただく多くの方々を見てきて、

少なからず、『不動産投資詐欺』に合っている方々が多くいらっしゃるからです。

 

 

驚くことに、

 

 

『会社員』として一般レベルの収入でありながら、

数千万円から1億円を超える額の融資を受けている方々は、世間が想像する以上に居ます。

 

 

そして、

 

 

それだけの金額融資を受けて物件保有しているにも関わらず、

保有当初から、『ほぼ利益ゼロ』か『収益マイナス』の不動産を摑まされてしまっている。

 

 

保有物件が『満室』でもあるにも関わらず、そのような状況ということは、

『時限爆弾』を抱えていることに他ならず、今後のことを考えると、背筋が凍りつきます。

 

 

しかし、

 

 

保有者には『一貫性の原理』が働き、特にプライドが高い方々を中心に、

自身が下した『投資判断』を、今さら覆すことは決して出来ません。

 

 

少し話は前後しますが、

 

 

金融機関としても、そうした人間の性を理解していますから、

返済を早期リタイアする人間がいないことを熟知して、融資を実行します。

 

 

今日ご紹介した『スマートデイズ:かぼちゃの馬車問題』は、

世間全体から見たら、『氷山の一角中の一角』でしかありません。

 

 

残念ながら、

 

 

そういった高額融資を伴う投資詐欺話の当事者になってしまうと、

ほぼ100%の方々が『自己破産』する以外に道は無いと考えます。

 

 

順当に収益を得て、また、自身が働いて返済できたら良いのですが、

現実の話として、それが実行できる人は『一握の砂』よりも少ないのです。

 

 

皆さん、十分に注意してください。

 

 

『愚直』や『素直』は、決して、『美德』でもなんでもありません。

 

 

私は、『無知』は自らと周りの方々を破滅に導く『悪』だと考えます。

 

 

あなたが『お金持ち』になりたいと考えるなら、

その前に、まず、『賢く』なる必要が絶対にあります。

 

 

しっかりとした『知恵』を身に付けることが出来る人間が、

自らと、周りの大切な方々を守れる人間だと思うのです。

 

 

『金融リテラシーを身に付け、資産形成したい!』と考える方に最適なセミナーを、

2月22日(木)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年2月22日(木)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

*セミナーご案内ページはこちらをクリックください*

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile