『ゆうちょ銀行預入れ限度額増』、真の目的を知っていますか??

今日のテーマは、『ゆうちょ銀行預入れ限度額増、真の目的を知っていますか??』です。

 

 

直近3日間、多くの方々のアポイントが集中し、

殺人的スケジュールの中(笑)、何とか滞りなく走り抜けました。

 

 

個人セッションにせよ、セミナーにせよ、朝活等のイベントにせよ、

多くの方々が来てくださる事は、本当に感謝すべき事だと感じています。

 

 

ただ、

 

 

激動の中日である昨日は、流石に『公式ブログ』の更新が滞ってしまい、

個人的に、とても悔しい想いをしています。

 

 

1日空いてしまったからといって、顕在化する『差』は存在しませんが、

読者の方々との『信用』の積み重ねなので、個人的には優先順位はかなり高い。

 

 

張り詰め過ぎると、自分自身を追い詰めてしまいますが、

可能な限り、日々の情報発信は継続していこうと考えます。

 

 

たった『1日』空いただけでも、自身では『ブランク』を感じていて、

このように、少し長めに『前置き』して、『リハビリ』が必要になってきます。

 

 

『継続する事』の大切さを、実感しながら学んでいます。

 

 

さて、さっそく本題に入りたいと思います。

 

 

全国的にはあまり話題になっていないようですが、

個人的に、とても興味を惹かれるニュースが昨日出てきました。

 

 

『ゆうちょ銀行、預入れ限度額倍増を検討中。』

 

 

この報道に反応できた方は、常に『アンテナ』張っていて、

とても『感度』の良い方々だと思います。

 

 

長らく、

 

 

『1000万円』を上限としていた『ゆうちょ銀行預入れ限度額』は、

約2年前の2016年、『1300万円』へと増額される動きがありました。

 

 

この時も、金融機関と金融庁からは、大きな反発ありましたよね。

 

 

実感される方々もいらっしゃるでしょうが、

特に、地方に行けば行く程、『ゆうちょ銀行』の信頼は絶大なものになります。

 

 

預入れ限度額が『300万円』増枠すれば、

『ゆうちょ信者』の方々が、こぞって増枠分の『預入れ』を増やすことも予想できます。

 

 

そして、

 

 

その『預入れ』の増額分は、他預金口座からの移動が考えられますから、

移動元の『金融機関』と、それを統括する『金融庁』が抵抗するのも自然です。

 

 

しかし、

 

 

報道によると、2年前のこの増枠分では『限度額が低い』という声が根強く、

『預入れ限度増額』『限度額撤廃』を求める世論も多いと言います。

 

 

背景としては、

 

 

今後も毎年多く輩出されていく『定年退職者』の方々が、

『退職金を預け入れるのに、不十分だ。』という意見があるようです。

 

 

確かに、

 

 

現在、『定年退職』を迎える方は、最も日本の『良い時代』を生きてきた方々で、

私たちの世代(20代、30代、40代)と違い、『退職金』も潤沢にありそうです。

 

 

これまでの『預金分』もあるでしょうから、受取り口座に指定するとなると、

『1300万円』の限度額では、心もとなく感じられるのも納得です。

 

 

ただ、

 

 

今回の増額枠は、倍増の『2600万円』を検討中との事ですから、

前回の2年前以上に、『対抗勢力(金融機関等)』から反発を招きそうですね。

 

 

話題が出てきたのは昨日ですが、関係省庁の調整の上、

今月末には結論を出す、『スピード決着』も見込まれるようです。

 

 

ゆうちょ銀行の実質的な親会社である『日本郵政』と、『総務省』、

これと、前述の『金融庁』の対決の軍配は、どちらに上がるのか、、、、??

 

 

報道で描かれている『対決構図』はこのようになっていますが、

果たして、この描写は本当に『真実』を表しているのでしょうか??

 

 

どういう事か??

 

 

今回、『預入れ限度額を倍増させる』という試みが、

『ゆうちょ銀行への、国民の預金額を増加させる』という狙いは、明らかな事です。

 

 

繰り返しになりますが、

 

 

都会の方々はどこまで実感されるかわかりませんが、

地方に行けば行くほど、『親世代』の方々の『ゆうちょ信仰』は絶大なるものになります。

 

 

このタイミングで上限引き上げする事で、

 

 

この世代が『退職金』受取り口座に指定出来るようになると、

上記目的を達成する、最も『シンプル』かつ『強力』な方法となるでしょう。

 

 

『濡れ手に粟』とは、このことです。

 

 

ご存知の方がいらっしゃるかわかりませんが、

この動きがある前から、ゆうちょ銀行の運用資産総額は『約207兆円』と国内最大です。

(*2017年度末時点の実績です。)

 

 

実は、国内金融機関として、最も『金融資産』を保有する組織なのです。

 

 

そして、もう少し時間を巻き戻して考えると、

 

 

国民から絶大なる人気を博した小泉首相が断行した『郵政民営化』を通して、

この保有資産は、『日本国債』を自由に購入できる原資と化してしまったのです。

 

 

何が言いたいか、わかりますよね??

 

 

そう、日本で金融資産を持つ『親世代』の保有資産を集約することで、

今後、より『国債消化機関』としての役割を果たしやすくしようとする。

 

 

私は、ここ数年の段階的な『限度額引上げ』を、このように読んでいます。

 

 

『日本郵政・総務省連合軍』VS『金融庁(金融機関)』

 

 

このような『表面的な争い』では決してなく、

この動きには、もっと根深い問題が存在し、『ミエナイチカラ』が存在します。

 

 

来たるべき時に向けて、着々と準備を進めて行っている。

次の『日本の有事』は、『ゆうちょ銀行』から仕掛けられるかも知れません。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮11月22日(木)、大阪・梅田11月27日(火)に開催します。

 

 

■2018年11月22日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年11月27日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile