『キレイゴト』では済まない世の中を、どう生きていくか??

今日のテーマは、『キレイゴトでは済まない世の中を、どう生きていくか??』です。

 

 

本日(4月21日)で、

 

 

先行する7都市圏の『緊急事態宣言』が発令されて、2週間経過しました。

 

 

先週(4月16日)には、

 

 

この宣言は、全国47都道府県対象にまで拡大されて、

ようやく、地方都市でも、『経済活動自粛』の必要性が浸透してきましたね。

 

 

それまで、

 

 

私の地元・岡山県では、通常通り『学校』もスタートしていたようですが、

『大阪』にいる人間の感覚からすれば、それまでの状況の方が、驚愕です。

 

 

もしも、

 

 

『緊急事態宣言』が全国拡大されず、そのまま継続していれば、

想像を超える『感染拡大』が、全国的に訪れていたと考えます。

 

 

連日、

 

 

『緊急事態宣言』が為された大阪・神戸から、

早朝から夜まで30分間隔で、何十本もの高速バスで結ばれた地域です。

 

 

現時点、

 

 

『PCR検査・陽性』の方はいないかも知れませんが、

『新型ウイルス・キャリア』の人間は、間違いなく、存在すると考える方が自然。

 

 

当然、

 

 

私の地元と『同様の環境』にある地方都市は、全国に無数に存在し、

田舎の方々にとっても、決して『対岸の火事』ではないと思います。

 

 

それでも、

 

 

『緊急事態宣言』を全国拡大して尚、感染者数は増大の一途を辿っており、

海外諸国同様、『日本』においても『事態収束』の兆しは見えていません。

 

 

現状のまま行けば、本当に『2020年』が、このまま終焉してしまいます。

 

 

余談ですが、

 

 

『教育機関』の一斉休校が、6月に突入しても解除しなければ、

現行体制(特に、公立校)では履修が到底追い付かず、

『全学一斉留年』の可能性すら、一説に出始めているのだとか。

 

 

もしかすると、

 

 

『日本』だけでなく、『世界全体』として、

『2020年』は、『存在しなかった年』として処理されるかも知れませんね。

 

 

そのような説すら、『現実味』を帯びるほど、不気味さが漂っています。

 

 

『学校』以外の場面でも、

 

 

第一弾として発令された『緊急事態宣言』の期限、5月6日を経て、

果たして、『5月7日』から『経済活動』がスタートするかは、大いに疑問です。

 

 

多くの方々が予想する通り、

 

 

もしも仮に、本当に、『5月7日』から活動自粛が解かれれば、

現状、全く『落ち着き』を見せない、新型ウイルス感染拡大は、

更に、『爆発的スピード』で進んでいくことになります。

 

 

現時点ですら、

 

 

医療現場では『崩壊』が進み、恐らく、『命の選別』も行われていますが、

その中での『経済活動再開』は、想像を超える『地獄絵図』を意味します。

 

 

数日前、

 

 

某専門家の先生が試算したところ、最悪のケース(無対策の場合)、

日本全体で、死者数が『40万人超』にも上るとの推定が出ました。

 

 

当初、

 

 

『いくら何でも、、、、』との印象を持たれたこの説も、

GW明けの『活動再開』が実行されれば、途端に『可能性』が高まります。

 

 

特効薬もなく、ワクチンも存在しない『新型ウイルス』に対して、

罹患し、重症化すれば、『致死率』も必然的に高くなると考えられます。

 

 

もし仮に、

 

 

『キレイゴト』を言うのであれば、『外出自粛』は暫くの期間延長し、

日本全体として、『経済活動』をストップさせておくことが理想です。

 

 

普段、

 

 

『キレイゴト』を、あまり良く感じていない私ですら、

今回ばかりは『外出自粛』を励行し、『対人活動』を自粛して生活しています。

 

 

今、

 

 

この時期に『新型コロナ・ウイルス』に感染することが、

社会に対して、最も迷惑を掛けてしまう行動だからです。

 

 

『人の命』は、他の何と比較しても、優先されるものです。

 

 

人間、最終的には『生きて』いなければ、何も出来ません。

 

 

しかし、

 

 

このような『キレイゴト』だけで生き抜けるほど『人生』は甘くなく、

『経済活動』という視点では、日に日に『悲鳴』が聞こえるようになって来ました。

 

 

それに対して、

 

 

某大阪府知事である橋下徹さんは、某メディア出演された際、

『経済活動を再開する、政治判断が必要』という旨を述べられています。

 

 

当然、

 

 

『人命が大切』なことは前置きしながらも、

『経済的観点』を無視して、生きていくことは『不可能』という事です。

 

 

国として、

 

 

『抗体検査』等、リスク・コントロールを並行しながらも、

『ローリスクな人間で経済を回していかないと、国がもたないと思います』、とも。

 

 

勿論、

 

 

その『判断』を『実行』に移す際は、とても厳しい『決断』を迫られますが、

『ある程度の死者数を覚悟して、政治家が言えるかどうか』と続けています。

 

 

この意見に対しては、

 

 

私自身、『キレイゴト』を差っ引いた『現実』として、強く同感します。

 

 

ただ、意外だったのは、

 

 

このような『シャープな意見』には、

一般的に、『批判』が集まると予想しましたが、

世間も『肯定派』が多いように感じたことです。

 

 

皆さん、この非常事態では、同様に感じているんですね。

 

 

『キレイゴト』だけでは、『人生』、生きていけない。

 

 

連日、

 

 

様々な情報が錯綜し、『物事』や『意見』に対しての解釈も、

『良い・悪い』の評価が、右往左往する状況に突入しました。

 

 

自身『36回目』の誕生日は、『何が正しいのか??』を、

『自分自身も、問い掛けられる日』として過ごしています。

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile