『コロナ騒動』がもたらす、『投資チャンス』に気付いていますか??

今日のテーマは、『コロナ騒動がもたらす、投資チャンスに気付いていますか??』です。

 

 

連日、『コロナ騒動』に世間が沸いています。

 

 

日本各地でも、『人』が集結するイベント等は軒並み中止されていて、

プロ・スポーツ業界でも、各方面『無観客開催』が主流になっていますね。

 

 

通常、

 

 

数万人規模の『人』が集まるイベントにおいて、

『無観客開催』される光景は、本当に異様です。

 

 

世の中、

 

 

ほぼ全ての『経済活動』に自粛傾向が続いていますが、

この継続期間によっては、世界全体の『経済損失』は計り知れないものになります。

 

 

連日ご紹介していますが、

 

 

『米国市場』『日本市場』を筆頭に、世界の『株式市場』は、

『コロナ騒動』が取り沙汰されるようになってから、『下落の一途』を辿ります。

 

 

約1ヶ月前、

 

 

『2万4,000円』の大台突破に迫る勢いの『日経平均株価』は、

僅か『30日間』も経たない間に、『11%超』も下落しました。

 

 

また、

 

 

『米国市場』の下落はより深刻で、代表指数『NYd有平均株価』は、

先月2月の一ヶ月間で、ピークから『15%程』も減少しています。

 

 

更に悪いことに、

 

 

『コロナ騒動』の収束は、現時点で全く見えておらず、

あらゆる『経済活動』がストップし始めたこの1ヶ月、

『3月』の経過観察を通して、判断されることになる。

 

 

当初、

 

 

『加熱報道』に対して、個人的には『苦言』を呈していましたが、

様々な情報発信手段が発達した現代、『加熱報道』が発端であれ、

それが閾値を超えると、『真実』への転換点を迎えると考えます。

 

 

まさに、

 

 

今、私たちの目の前で起こっていることがそれであり、

新時代の『新たなリスク』を乗り越えなければいけないと感じています。

 

 

前述の通り、

 

 

世界全体として『経済活動』が減速されて、『株式市場』は下落傾向ですが、

『資産形成(投資)』の観点で見れば、必ずしも『マイナス』ではありません。

 

 

例えば、

 

 

1年から数ヶ月前までは、その『低価格推移』を嘆いていた、

『金(gold)市場』は、直近数年間で1番の『活況』を迎えています。

 

 

低迷期、

 

 

『1トロイオンス=1,200米ドル』まで下落していた同価格も、

現在では、『1トロイオンス=1,600米ドル』を超えるまでに上昇。

(*直近では、若干1600米ドルを割り込んでいます。)

 

 

私自身、

 

 

保有資産として『金(gold)ポジション』は解消していなかったので、

ここに来て、久しぶりの『含み益』を抱える状況を迎えられています。

 

 

反対に、

 

 

世界的な『経済活動』の減速懸念からか、

『原油価格』は『1バレル=45米ドル』を割り込んでしまう水準までに低迷。

 

 

直近、

 

 

『1バレル=55米ドル』程度で推移し続けていましたから、

こちらは、僅かな期間に『20%程度』も下落したことになります。

 

 

一時期、

 

 

『1バレル=100米ドル』に迫る勢いだった時代もありますが、

その時代の再来とはいかないまでも、7割程度の復調は期待したいものですね。

 

 

しかし、

 

 

現時点、全体として下落・低迷している『株式市場』にも、

個人的には、全く『悲観的観測』は持っていないというのが『本音』です。

 

 

むしろ、

 

 

このような『市場低迷期』は、資産を安く買増し出来る『絶好期』で、

私自身、『半年間ほどであれば、継続しても良いな』と考えています。

 

 

その後、

 

 

『コロナ騒動』の収束も、絶対にやって来るわけですから、

その際の『市場反発』を考えると、今から、非常にワクワクします。

 

 

勿論、

 

 

『人命』『健康』が第一優先であることは自明ですが、

その点に注視した上で、冷静な視点で考えると、

今回の『コロナ騒動』は、ちょっとしたチャンスです。

 

 

と言っても、

 

 

『需要・供給バランス』が崩れることを予想して、

マスク・トイレットペーパー等を買い占めて、

高値転売する輩の『倫理観』は理解出来ませんが。

 

 

『人間万事塞翁が馬』

 

 

大リーガー・松井秀喜さんの『座右の銘』としても有名になった言葉ですが、

人生全体を通して、短期的に、物事の『善悪』を判断することは出来ません。

 

 

今回の騒動、

 

 

『短期視点』では、『良くないこと』として映りがちですが、

『長期視点』では、その評価が『正反対』になりそうだから、不思議です。

 

 

古今東西、

 

 

繁栄してきた者の共通点は、『短期視点』で一喜一憂するのではなく、

『長期視点』で、『抽象度』の高い思考をすることが出来た人物です。

 

 

あなたは、自身がどちらだと考えますか??

 

 

『ピンチ』の中に『チャンス』を見つけられる人間は、大成します。

 

 

現在の状況も、長期視点で、楽しみながら進むことにしましょう。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮3月25日(水)、大阪・梅田3月26日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年3月25日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年3月26日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile