『センスあるよね』は、褒め言葉にならない★

今日のテーマは、『センスあるよねは、褒め言葉にならない』です(^_^)★

 

 

*この記事は2016年8月に起業塾生限定公開したものを、

 2017年に加筆・修正、一般公開したものです。

 

 

もう少しで、高校野球の甲子園大会が始まりますね!

*2016年8月初め時点の話です。

 

 

高校時代から年齢を重ね、32歳のオッサンになっても、

毎年毎年、この時期はワクワクしてきますね(笑)

 

 

本当のことを言えば、

仕事もせずに、このまま甲子園球場に通い詰めたい。

 

 

でも、有難いことに、

そんな時こそ8月、9月も『お金のセッション』の予約がパンパンに入っています(涙)

 

 

そう言えば、子供の頃から疑問を感じている事がありました。

 

 

もしかしたら、皆さんも感じているかも知れませんね(^_^)

 

 

その疑問というのは、

 

 

甲子園大会で活躍した選手が、

その後プロ野球では活躍するとは限らない、ということです。

 

 

もちろん、そのままプロの世界で華々しく活躍する選手もいます。

 

 

でも、

 

 

甲子園での『活躍度合い』から比較すると、

プロ野球選手になってからの『活躍度合い』に相関性はほとんどありません。

 

 

『甲子園優勝投手(言わば日本一の投手)が、

プロ野球のドラフト会議で取られないのは何でやろ??』と、

小学生の頃は本気で考えていました。

 

 

もう、大人なのでわかりますが、

 

 

『センスあるね』は褒め言葉じゃ決して無い。

 

 

『センスあるね』じゃ何も喰えない、ということ。

 

 

『センス』はもちろん有るに越したこと無いですが、

そんなもん、『プロ』の世界では『1円の足し』にもなりません。

 

 

高校野球の話に戻すと、

 

 

甲子園大会で活躍できる選手は、

間違いなく『センス』はある人ばかりです。

 

 

いや、むしろ『アマチュア』の中で言えば、

『センスの塊』みたいな人達ばかりです。

 

 

でも、

 

 

ちょっと考えたらわかりますが、

『プロ』は『センスがある人』達が集まってくる世界です。

 

 

こんな世界で『センスがある』は話にもならない。

 

 

時々、『経験がある』を売りにする人もいますが、

こちらは更に『レベルが低い』ことをアピールしてます。

 

 

『プロ』の世界では、

『センスの上に、どれだけの実力を築くことが出来るか??』が勝負です。

 

 

野球で言えば、イチローや松井秀樹といった偉大な選手よりも、

『センス』があった人は、数多くいることは容易に予想出来ます。

 

 

しかし、

 

 

結果としては、イチロー選手や松井秀樹選手がナンバーワンプレーヤーです。

 

 

彼らは、『センス』が溢れていることに安住せず、

さらに人より努力を積み上げたから『高み』に行くことが出来ました。

 

 

私の親父がゴルフを教えていたジュニアの子供に、

『学生世界選抜メンバー』に選ばれる子がいました。

 

 

公にはあまり知られてませんが、

中学から高校までの世代で6名程度、選ばれます。

 

 

その子は石川遼選手なんかと同じ時期に選出されてた。

*その石川選手自身が、最近は調子良くないですが(^_^;)

 

 

世代で6名。ぶっちぎりで『センス有り』です。

高校もほとんど行かずに世界ツアー行ってましたね。

 

 

その子が今、22歳です。

プロテストは合格しましたが、成績は鳴かず飛ばず。

 

 

現在は親戚の兄が指導してますが、

『そんなに、良くないわ』というレベルまで落ちてます。

 

 

例えるなら、ハンカチ王子の斎藤佑樹がぴったり(笑)

 

 

結局、そんなもんなんです。

 

 

片や、高校時代はその子に負けていたけど、

今度プロ転向してバリバリ活躍しそうな子もいます。

 

 

彼は、見ていても『ハングリー精神』がありますね(^_^)

 

 

もちろん、

 

 

プロになるレベルなので『センス』はありますが、

子供の頃から近くで、自分よりもっと上手い人間を見て、苦渋を舐めてきたんでしょう。

 

 

それで、必死に、一生懸命積み上げた。

 

 

だから、それが勝ちへの執念となってプレーに現れてます。

 

 

皆さんも、それぞれ選んだ『ワイフワーク』に関して、

その分野では『センス』があると思います。

 

 

でもね、『センスある』は褒め言葉にもならない、

その事は、ちゃんと自覚しておいてください。

 

 

『プロ』でやってる人達はみんな、

『センス』あるのは当たり前だから(笑)

 

 

今日の例え話は少しレベルが高かったですが(笑)、

安住なんかしてる暇はないので、それぞれレベルアップの為、

これからも実力を積み上げていきましょう(^o^)!

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile