『ソフトランディング』は可能か??

今日のテーマは『ソフトランディングは可能か??』です(^_^)★

昨日のブログでは、
日銀が保有する国債総額が『400兆円』を超えたこと、
これは、累計発行総額の『40%』に上ることを書きました。

現在、日本政府が発行した『日本国債』は、
一旦、市中の金融機関に引き取られることになっています。

本当は海外の金融機関や機関投資家にも売りたい。
国内でも、個人投資家レベルまで買って欲しい。

でも、

『理想』と『現実』はなかなか一致しません。

『利回りマイナス』で『信用格付け』も低い国債は、
なかなかのもの好きじゃないと買わないですよね。

この状況で『買う!』という判断をすることは、

・償還時点で『日本円』以外の通貨が現在より下落し、
・そのまま国内で『現金』を持っているより資産価値が上がる。

と考える以外にはない選択肢だと思います。

『利回りマイナス』ということは、
シンプルに『数字上はマイナスなる』ということだからね(^_^)

まあ、『買う』という選択肢が、
なかなか無い状況ということがわかってもらえたら良いです。

で、

それでも毎年、日本政府は国債を新規発行していて、
それも今の時点では無事に消化されていってる。

これは、国内の金融機関(銀行・保険・証券)に引き取らせてるんですが、
本音を言えば、各金融機関もそんなものは受け入れたく無いですよね。

そこで、今日銀が出している『禁じ手』が、
『後で俺が引き受けるから』と言って一旦引き受けてもらう方法です。

政府発行の国債を直接中央銀行が引き受けると、
『財政ファイナンス』ということで財政法第5条に違法してしまいます。

だから、

一旦、市中の金融機関を噛ませて、合法化?している。

最終的には日銀が買い取ってくれることを『暗黙の了解』に、
渋々、引き受けているというのが実際でしょうか。

今、日銀が買い入れる国債の総額は、
『年間80兆円』ペースにも上ります。

アベノミクスが始まってからの4年弱で、
『約3倍』もの総額に膨れ上がりました。

先日、累計『400兆円』に達したのは前述の通りです。

これ、本当に驚愕の状況なんですよね。

黒田総裁は、
『このままの買い入れペースを当面維持する』と言っていますが、
そんなこと本当に出来るのか市場は懐疑的なのが実際です。

もしもこのままのペースで買い増して行くとしたら、
1年後には日銀保有割合は『43%』に達します。

黒田総裁の任期満了が迫る2018年3月末時点では、
『46%』にも上ってしまう数値。

そのまま行ったら、本当に2020年には『50%』を日銀が保有することになります。

日銀のある委員は講演で、
『発行国債の100%を日銀保有する時点が限界』という趣旨の発言をしましたが、
そんなことは現実問題として本当にあり得るのかな??

起こってみないと誰にもわかりませんが、
『国家』の借金を全て『中央銀行』が肩代わりすることで、
『今までの借金、全てチャラね。』なんて本当に起こるのか??

もっとリアリティーある方法として市場が見込むのは、
単純に『日銀の国債買い入れペースが落ちる』という方向です。

『テーパリング』

1年後からは『量的金融緩和の縮小』が起こり、
日銀が購入できる国債も減少して行くだろうということです。

そうなってくると、いよいよ『アベノミクス』の魔法が解ける。

このブログでも常々言ってきましたが、
『アベノミクス』で一番機能したのは『大胆な金融緩和』で、
『日本円』の通貨価値を引き下げることにより経済指標の『数字』を上げました。

確かに、『日経平均』など株式市場の数値は上がりましたが、
それは、対外通貨に対して『日本円』の価値が下落しただけ。

『日本円』を絶対値として考えていては、
21世紀の『資産形成』はまったく成り立ちません。

魔法が解けるのは確実視されてきましたが、
果たして、日本経済は『ソフトランディング』できるか??

まあ、『ハードランディング』『ソフトランディング』と言うほど、
日本経済が活況であるとはみんな感じていないと思いますが(^_^;)

『お金』のこと、ちゃんと考えよう★

僕達の親世代が何も考えずにやってこれたのは、
ただ単に、日本の『1番良い時代』を生きてきたからです。

それが、未来永劫続くわけなんて無い。

時代は、確実に変わってきています。

これからは、一人一人が『お金』をちゃんと考え、
自らの力で『資産形成』を進めて行く時代です。

本気で『資産形成』を考える方は、
ぜひ『人生を変えるお金のセッション』をご受講ください(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile