『デフォルト』後の世界では、何が起こるのか??②

今日のテーマは、『デフォルト後の世界では、何が起こるのか??②』です。

 

 

昨日の公式ブログでは『米国領・プエルトリコ』の話題を取り上げました。

 

 

私たちが居住する『日本国』が、直近で、

もっとも『経済的ダメージ』を受けていたのが『第二次世界大戦』直後。

 

 

昨日の記事の中でも取り上げましたが、

 

 

当時の値なので現在と違いますが、『GDP(国内総生産)』の2倍という、

国家経済においても危険水準を超える『債務』を積み上げていました。

 

 

本土主要都市は焼け野原にされ、産業も壊滅状態だった日本にとって、

この水準の『国家債務(借金)』は、正に返済不可能なレベルです。

 

 

しかし、

 

 

第二次世界大戦が終戦して『73年』もの時間が経とうとする現在、

その前後の動乱期を、『体験』『記憶』としてとどめている人は殆どいません。

 

 

つまり、

 

 

国家レベルの『金融危機』『経済危機』と言っても、

今、日本で生活している私たちは、正確には『理解できない』というのが本音の所です。

 

 

いくら数字的にロジック立ててご紹介しても、

どうしても、『歴史上の話』『昔のお伽噺』程度に考えてしまいがちです。

 

 

そんな時は、

 

 

今、同じ時代でそれ(金融危機、経済危機)が起こっている、

海外の国、地域に目を向けてみてはいかがでしょうか??

 

 

その一例として、昨日の『プエルトリコ』がある訳です。

 

 

該当地域内の『約6割(!?)』の居住者が海外退去し、

『公共サービス』『社会保障』システムが崩壊したエリアから出て行きました。

 

 

いくら自身が生まれ育って慣れ親しんだ街、土地であっても、

『人間としての生活』を脅かされるようでは、居住し続けることは困難です。

 

 

自治領内の教育機関総数に対して『約25%』にあたる、『283校』が今夏をめどに閉校予定。

 

 

こんな状態ですから、おそらく都市機能も大部分が失われ、

『スラム街』化した地域も、自治領内に多く出現してきていると思います。

 

 

これは万国共通ですが、経済状況が悪くなると、『治安』も悪くなる。

 

 

自身が経済的に恵まれていない中で、

『他者を思いやる』という行為は、並大抵の努力では出来ないですからね。

 

 

このような事例は、

 

 

日本国内でも見る事が出来て、

数年前に財政破綻した『北海道夕張市』などがそれに該当しますよね。

 

 

この時も、

 

 

多くの住民が『公共サービス』『福祉』機能がストップした夕張を捨て、

域外の地域へと『移住』していく動きが大きくなりました。

 

 

『夕張』を離れる事ができなかった人は、

『移住』という選択により『収入』が断たれてしまう方々に加えて、

住宅ローンを組んで『不動産』を購入してしまっていた方々です。

 

 

こういった方々は、

 

 

どんなに居住地域の『経済状態』が悪化しようとも、

『移住』という選択をして、ほかの地域に映る事が出来ません。

 

 

経済が崩壊した該当地域内で、本当に、

軽い『奴隷生活』のように、人生を費やしていくしか選択肢がないのです。

 

 

それで、

 

 

世界にはこれらの事例のほかにも話題はあふれていて、

こちらも2、3年前から話題に上がっている『ベネズエラ』も深刻な状況にあります。

 

 

大方の流れは、昨日の『プエルトリコ』と同じですね。

 

 

『国家財政の危機』というのは決まった・限られたパターンしかなく、

肥大化し、赤字体質が染み付いた政府が、『国家債務』を積み上げ、

なんとか『延命措置』を繰り返しながら、持ちこたえられなくなって爆発する。

 

 

基本的には、この流れです。

 

 

ただ、

 

 

『持ち堪えられなくなって爆発する』の部分の判断は、

最終的には時の政府が行う為、『Xデー』は誰にも正確には予想できないだけです。

 

 

『ベネズエラ』も、例に漏れず上記の流れで経済危機に陥り、

現在では、前年比『8878%』という強烈なインフレが国民生活を襲っています。

(*2018年3月時点)

 

 

昨日ご紹介した日本の『国家債務』同様、

数値が大き過ぎて、もはや理解する事が出来ませんよね(笑)

 

 

単月のインフレ率も『67%』を超える値になっており、

(*2018年1月ー3月累計でも453%!?)

文字通り、日に日に『物価上昇』を体感しながらの生活が続いていると考えられます。

 

 

*『インフレーション』に関しては、正確には『通貨価値下落』ですが、

 感覚的には『物価上昇』として捉えられる為、この表現を用いました。

 

 

このレベルになってくると、

 

 

ベネズエラ中央銀行はインフレ率の公開を既に取りやめており、

野党を中心とした議会が概算値を算出して、公表する状態になっています。

 

 

あまりに状況が酷くなってくると、

『正確な数字』を公開してしまう事が、『残酷な結果』をもたらす場合がありますからね。

 

 

この事態を収束するため(現実問題として、出来るのか??)、

 

 

現政権は独自に生み出した仮想通貨『ペトロ』流通を促進したり、

(*仮想通貨というツールを利用した海外資金調達。)

経済の禁じ手、『デノミネーション』の実行も示唆している状況です。

 

 

東南アジア、中東、アフリカを始めとした途上国に、

渡航された経験をお持ちの方はわかると思いますが、

経済状況の良くない国では、通貨価値が意味をなしていない国々が存在しますよね。

 

 

*『0』がとてつもなく羅列した紙幣を発行している国々です。

 

 

これらの国々、地域では、

どこかのタイミングで『通貨価値』の切り捨てをしなければならず、

それは、経済における『国家権力の乱用』であり、『禁じ手』です。

 

 

しかし、

 

 

この選択を迫られる国、地域に経済的余裕はありませんから、

その『禁じ手』に手を出してでも、国家財政再建を推し進める他ないのです。

 

 

今、私たちは、一見平穏無事に『日本』で生活しています。

 

 

しかし、

 

 

今日の記事で紹介させて頂いたように、今、この瞬間にも、

同じ世界で上記のようなことは並行して起こっているのです。

 

 

これを、忘れてはいけない。

 

 

そして、

 

 

もう1つ忘れてはならないことは、

これらの該当国・自治領と比較して、同レベルで『日本』が経済状況が悪化しているという事です。

 

 

『有事』が実際に起こってしまった時、

あなたは、『キリギリス』にならずに済むでしょうか??

 

 

一度、我が身を振り返って、将来のことを想像してみてください。

 

 

■3組限定■4月25日、26日東京開催お金のセッション■

*約半年ぶりに、東京出張にて『お金のセッション』を開催します。

****詳細はこちらからご確認ください****

 

 

『有事に向けて着実に準備する為、資産形成をスタートしたい!』という方に、

最適なセミナーを、今月は4月24日(火)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年4月24日(火)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile