『フィールド』と『スタンド』★

今日のテーマは、『フィールドとスタンド』です(^_^)★

 

 

熱い想いがあって書きます。

 

 

皆さんに、どうしてもお伝えしたい事があって。

 

 

著書を読んで頂いたり、リアルで繋がってる方は、

私が高校まで野球をしていたことを知って頂いてると思います。

 

 

皆さんも、学生時代、

『部活動』に打ち込まれていた経験がある方も多いでしょう。

 

 

この時、私たちは確かに『プレーヤー:選手』でした。

 

 

球場に行っても、『スタンド』で見るのではなく、

『フィールド』で挑戦する『プレーヤー』だった。

 

 

結果が上手くいく・いかないは関係ありません。

 

 

その過程を真剣に取り組み、

勇気を振り絞って『フィールド』に立つことに価値がある。

 

 

この時点で、誰にも批判する権利はありません。

 

 

『プレーヤー』同士は、試合では戦っていても、

同じことにチャレンジする『仲間』です。

 

 

だから、決して相手のことを『批判』したりはしない。

 

 

相手も厳しい練習をしてきたことを知っているし、

『理屈』ではないことをお互いに知っているからです。

 

 

だから、相手に対しても『リスペクト』を持って接する。

 

 

まして、自分自身も必死に生きているので、

相手のことまで意識がいっていないということもあるでしょう。

 

 

私たちは、青春時代、確かに『プレーヤー』でした。

 

 

しかし、

 

 

時間の経過とともに『大人』になるに連れ、

いつの間にか多くの人が『観客』に回ってしまいます。

 

 

『プレーヤー』を簡単に降りてしまい、

スタンドから観戦する『観客』に変わってしまう。

 

 

同じ野球場に居たとしても、

『フィールド』と『スタンド」は全く違います。

 

 

『プレーヤー』としてそこに存在するのと、

『観客』としてただ観に行くのでは、雲泥の差がある。

 

 

同じ時間・同じ場所、

両者は同じ世界に生きているようで、全く別次元に生きています。

 

 

皆さん、

 

 

あなたは今、まだ『プレーヤー』として生きていますか??

 

 

決して『部活』としての話ではなく、『人生』における話です。

 

 

あなたの人生において、

時間、行動、場所、環境、収入、人脈、コミュニティーetc.

 

 

あなた自身で『選択』できるものはあるでしょうか??

 

 

自分の今の環境を、状況を、行動を、収入を、人脈を、コミュニティーを、

『自分以外の誰か』のせいにして・期待して生きてはいませんか??

 

 

『主導権』を早々に放棄してしまって、

『試合』=『人生』の行く末を誰かに任せてしまっていませんか??

 

 

そのくせ、自分の思い通りにならないと、

 

 

『会社が悪い。』

『政治が悪い。』

『上司が無能だからだ。』

『良い人脈が集まらない。』

『収入が低い家に生まれたからだ。』

『皆んなが協力してくれないから。』

『教えてもらってないんですけど。』

 

 

などなど。

 

 

『自分以外の誰か』が、

『自分の人生』を良くしてくれる事を期待してます。

 

 

『観客』、やめませんか(^_^)??

 

 

自分の人生です。

 

 

自分の心掛け1つで、

一生、『プレーヤー』として過ごす事も出来ます(^_^)

 

 

『自分の人生』に責任を持ち、

全て、自力で切り開きながら人生を進む事も出来る。

 

 

もっと、『主体性』を持って生きましょう!

 

 

週末の夜、世間には愚痴を言いながら、

飲み歩くサラリーマンが溢れていますよね(^_^)

 

 

彼らは、『観客』の代表例です。

 

 

私は、決してそうはなれなかった。

 

 

会社員時代、次のような事を言った先輩がいました。

 

 

『目標を決めるのは会社。それを実行・遂行するのが俺達。』

 

 

確か、送別会か何かの場だったのですが、

周りの方々は、これを『良い言葉』として聞いていました。

 

 

しかし、

 

 

私は、この言葉にゾッとしたんです。

『目標』すら、『自分』で決められなくなっているのか、と。

 

 

『会社の目標』と、

『自身の人生をかけた目標』が同じである訳ありません。

 

 

単に『数字』の話をしている訳では決してなく、

『行動』『価値観』といった根本の話をしています。

 

 

このように、大人になると、

『プレーヤー』を放棄してしまっている方が溢れてきます。

 

 

皆さん、まだ、『プレーヤー』ですか??

 

 

いつの間にか、『スタンド』に回って『観客』してない??

 

 

『自分以外の誰か』に期待して、

自分の人生の『主導権』を放棄してしまってませんか??

 

 

もしそうだとしたら、

もう一度取り返していきませんか(^_^)??

 

 

まずは、自分が好きな事・得意なことから、

人に提供することからスタートしてはいかがでしょうか??

 

 

そして、

 

 

それで人に喜んでもらうことが出来たら、

会社員の仕事レベルじゃない『嬉しさ』がありますよ(^_^)

 

 

どんな道でも、最初の一歩は小さいものです。

 

 

『これ、意味あるんかな??』と思う事も、

『俺、成長してるんやろか??』と迷う事もある。

 

 

でも、

 

 

それは『プレーヤー』だからこそ感じられる事です。

 

 

『観客』として、

『スタンド』から野次を言ってる人より遥かにマシです。

 

 

『フィールド』と『スタンド』。

 

 

例え、茨の道でも、しんどくても、

私は一生『プレーヤー』として生きたいと考えます(^_^)★

 

 

あなたは、どうですか??

 

 

いつの間にかスタンドから野次を言う、

『観客』に成り下がってしまってないか振り返ってみて下さい。

 

 

本気で独立・開業を目指す方は、

『井上耕太起業塾』にご入塾ください(^_^)★

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile