『ベーシック・インカム制度』の導入は、人類に繁栄をもたらすか??

今日のテーマは、『ベーシック・インカム制度の導入は、人類に繁栄をもたらすか??』です。

 

 

『新型ウイルス』の全国的な『感染再拡大』が、

1ヶ月ほど前から、叫ばれるようになりました。

 

 

大都市圏を中心に、飲食店等への『休業再要請』もあり、

企業等では、外食自粛令が出ている所もあると聞きます。

 

 

夏季休暇中の『観光需要』を躍起する目的で始動した、

『Go To キャンペーン』も、多方面から批判に晒されていますよね。

 

 

ただ、

 

 

『第二波』は、7月末でピーク・アウトしているという話もあり、

実際、大都市圏を中心に、直近の感染者数は減少傾向にあります。

 

 

また、

 

 

某官庁公式サイトに掲載された文章を読み解いていくことで、

『新型ウイルス感染=風邪の一種』とも解釈することが出来、

世間的にも『第一波』ほどの深刻さは感じられていません。

 

 

当初の報道通り、

 

 

重篤化、最悪の場合、死亡に至るケースというのは、

高齢であるか、基礎疾患があり『リスク』を抱えていた方々に限ります。

 

 

その証拠に、

 

 

日本国内における『死亡者数』は、1000人程度に留まり、

直近において、『ほど増加していない』というのが実情です。

 

 

そもそも、

 

 

公式ブログ読者の皆さん、また、周りの方々も含めて、

『新型ウイルス』陽性・重篤化した人はいるのでしょうか??

 

 

私自身、

 

 

これまでは、感染することなく(?)来られていますし、

素行が良いのか、親族・友人・クライアントさん含めて、

『陽性判定』された人の話を、聞いたことがありません。

 

 

凡ゆる物事に共通して、

 

 

『リスク』は、過少・過大なく、適切に評価する必要があり、

それは、今回の『新型ウイルス騒動』も同様と考えています。

 

 

本日未明には、

 

 

WHO(世界保健機関)も『2年以内の終息』を明言しており、

ワクチンは開発と同時に、意味を為さない可能性すらあります。

 

 

何故なら、

 

 

毎年、世界中で蔓延する『インフルエンザ・ウイルス』でさえ、

既知疾患となった今、全員がワクチン摂取する訳では無いから。

 

 

むしろ、

 

 

摂取することの『リスク』まで含めて、総合的に考慮した結果、

『ワクチン摂取しない』と判断している方々も、多いはずです。

 

 

実際、

 

 

私自身、直近で『上記ワクチン』を摂取したことは無いですし、

それ以上に、常日頃からの生活・食習慣が重要と考えています。

 

 

この辺り、

 

 

専門家依存の強い人より、セルフケア習慣のある人の方が、

『健康体』を維持できることを想像すると分かり易いです。

 

 

震源地の中国・武漢では、

 

 

既に、数千人規模の大きなイベントが開催されるまで、

『日常生活』が取り戻されているとの報道もあります。

 

 

賛否両論あるでしょうが、

 

 

個人的には、今後、この件について過大評価することなく、

その時々の時勢を見ながら、冷静に対処しようと考えます。

 

 

その一方、

 

 

『真実』がどうであるかは別にして、メディア報道の偏りからか、

世界全体における『経済活動』は、停滞したままの国が多いです。

 

 

その状況を打破(救済?)する為、

 

 

今、世界各国で、制度導入の検討が進みつつあるのが、

本日、テーマ採用した『ベーシック・インカム』です。

 

 

先日の報道では、

 

 

ドイツ経済研究所が、無作為選定した『120人』に対して、

今後3年間『月額1200€』を支払うことを決定しました。

 

 

日本円換算『月額:約15万円』ですから、

最低限度の生活は、営めるほどの金額です。

 

 

今回は未だ『実験段階』ですが、

 

 

前述の通り、該当者120名は『3年間』の現金支給を受けて、

その後、1380名の『現金非受給者群』と行動比較されます。

 

 

もし仮に、

 

 

『最低限度の収入』が支給され続けた人たちの群が、

後者と比較して『社会的生産性』が向上するならば、

制度導入に向けて、具体的に動き出すことが予想されます。

 

 

また、

 

 

対象者を『国民』ではなく、『居住者』と定めるのであれば、

国家繁栄の為、必要不可欠な『人』を集める戦略になります。

 

 

『税金』に対する優遇政策をとり、人、企業、カネを集める、

『アフショア』という国家戦略にも、通じる所がありますね。

 

 

以前、

 

 

米国・シリコンバレーで活躍する日本人・若手起業家を、

インタビュー形式で紹介している書籍を読んだことがあります。

 

 

『これだけ技術革新がスピード増して行われているのに、

 人類が未だ、労働から開放されてないのはおかしい!』

 

 

上記フレーズは、その書籍の中で記載されていたものですが、

誰もが見落としていたポイントに、妙に納得させられました。

 

 

そもそも論として、

 

 

人類を『労働』から開放する目的で進められた技術革新が、

現代社会を、より一層『多忙』にしてしまっているのだと。

 

 

とても、皮肉な話ですよね(笑)

 

 

前述の若手起業家たちも、口を揃えて言っていましたが、

『作業』から開放されることで、人類はより一層、

『創造性』を発揮する仕事にのみ集中できるようになる。

 

 

実現すれば、『理想郷』のような世界になりそうですね。

 

 

ただし、

 

 

『ベーシック・インカム制度』の導入に際しては、

勿論、肯定的ではない意見も多く挙がっています。

 

 

皆さんの中にも、問題点をさっと思いつく方もいますよね。

 

 

1つは、その制度を維持する為の『財源』の問題であり、

この点について、安泰な国家は地球上存在していません。

 

 

また、

 

 

本当に『必要生活コスト』を受給できるようになった人間が、

果たして、創造性のある『仕事』を行うかの疑念も有ります。

 

 

私自身、

 

 

根本的に、『人間は弱いもの』と認識しているので、

後者については、本当に疑わしく感じてしまいます。

 

 

例えば、

 

 

本来の目的ではなく、『生活保護費』受給を開始した人物の、

社会復帰率が極めて低いことが、その証明だと感じています。

 

 

別の事例では、

 

 

親御さんが養育する『ニート』といった方々の、

就職率が低率に留まっているのも現実なのです。

 

 

『ベーシック・インカム制度』は、人類に繁栄をもたらすか??

 

 

世界各国で、相次いでスタートしている実験結果に、

個人的には、強く関心を持ちながら注目しています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile