『ライフワークに生きる』とは、どういう事か??

今日のテーマは、『ライフワークに生きるとは、どういう事か??』です。

 

 

お気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、

7月終盤から8月中盤過ぎて現在まで、少し仕事のペースが落ちています。

 

 

その『理由』は、何か??

 

 

直接繋がっている方々や、公式ブログ・コア読者の方はご存知でしょうが、

私がこよなく愛する『高校野球』が、1年間で最も佳境に差し掛かるからです。

 

 

一般的に、

 

 

『高校野球選手権大会(通称:夏の甲子園)』がクライマックスと思われがちですが、

地方大会の中盤を過ぎた辺りから、全国各地で様々な『ドラマ』が繰り広げられます。

 

 

私たち(高校野球マニア)にとって、

 

 

『選手権本番』が始まったら、『夏の終わり』が近付く気配がして寂しいのですが、

それは、大阪・泉南地域の方々が、『楽車(だんじり)』の本番を悲しむ心境と、きっと同じです。

 

 

毎年書いている気がしますが、1年間の内、この『1ヶ月』程は、

本当は、『高校野球』を追い続ける事だけに集中したい期間です。

 

 

しかし、

 

 

とても有り難い事なのですが、そのような『邪心』がある時に限って、

主には、ライフプランニングの面談依頼等、様々な『お仕事』を頂く事になります。

 

 

今、自分で書き進めていても、本当に『贅沢な悩み』だと思います。

 

 

毎年、春の選抜含めて、集中的に観戦する『高校野球』ですが、

勿論、自身が好きだということの他に、追い続ける『理由』というものも存在します。

 

 

特に、

 

 

経験者の方々は、『体験』として理解されているでしょうが、

自身も『高校野球』を通して『学んだ事』は、今でも『人生の基礎』となっています。

 

 

毎年、

 

 

この時期に集中的に観戦する事によって、当時の記憶も蘇り、

『ビジネス』に通じる『教訓』というものも、とても多く学び直す事が出来ています。

 

 

今年も、1つだけ、『痛感』させられている事がありますね。

 

 

それは、『人生、勝負に勝ってなんぼ』という事です。

 

 

どういう事か??

 

 

毎年、様々なドラマが繰り広げられる『夏の甲子園』ですが、

大前提として、私たちが目にしているのは、地方予選を勝ち抜いてきた『勝者』です。

 

 

この事を、明確に理解しておいた方が良い。

 

 

確かに、

 

 

『甲子園大会』本番でも、波乱も、悲劇も様々展開されていきますが、

そこで試合をする選手達は、一様に『楽しそう』に野球をプレーしています。

 

 

しかし、

 

 

それは、彼らが地方大会を勝ち抜いて『甲子園大会』に進んだ者だからであり、

一定レベルを超えた『勝者』であるからこそ、感じることが出来る『喜び』です。

 

 

長いようで、『夏の甲子園』はたかだか『12日間』程しかありません。

 

 

1年365日で考えた時、

 

 

仮に、甲子園で脚光浴びる球児にとっても、1年間の大半は『甲子園以外』であり、

その『甲子園以外』で日々積んでいる練習は、『壮絶』という言葉がぴったりです。

 

 

その中で、

 

 

その練習を積みながらも、『甲子園』に進めなかった『大半の球児』にとっては、

高校野球生活2年半(小学生から考えれば10年以上)は、正直『災難』でしかない(笑)

 

 

実際、

 

 

『高校野球』に真剣に取り組んだ人間にとって、

『高校野球が楽しかった!』と心から思える人間は、ほぼ皆無であり、

その感情を抱けるのは『甲子園経験者(勝者)』だけの『特権』です。

 

 

未経験者には分からないかも知れませんが、本当に、これが事実です。

 

 

世間一般の方々が、

 

 

『夏の甲子園の試合中継』や『某熱闘甲子園』を通して目にしている、

清々しい高校球児は、そもそも『勝利者』だからこそ、野球を楽しそうにしています。

 

 

繰り返しますが、本当に、これが『真実』。

 

 

何が言いたいのか??

 

 

私が、今年の『夏の甲子園』を観戦していて、最も感じるのは、

やはり、『勝負事』というものは『勝つ』ことによって楽しくなるという事。

 

 

どれだけ長年『研鑽』を積んで来たとしても、

『勝負事』に対して負けてしまったとしたら、

『楽しい』などという感情を感じるはずがありません。

 

 

これは、

 

 

『高校野球』界において、『名将』と呼ばれる勝負師の方々も、

『全く同じこと(勝負事は、結局、勝たなければ意味がない。)』を仰られています。

 

 

本当に、その通りだと思います。

 

 

これは、『高校野球』を終えて、社会人になってからの人生にも、そのまま通じます。

 

 

大人になってからの『試合』は『仕事(ビジネス)』になりますが、

こちら(仕事)も、『結果を出す(勝負に勝つ)』からこそ、楽しくなります。

 

 

一般的に、

 

 

世の中には、従事している『仕事』を楽しんでいない人が大半ですが、

その理由は、大半の方々が『敗者』であり、『結果』を残していないからです。

 

 

つまり、試合に負けているんです。

 

 

必然、『結果』を出して、仕事が上手くいっていたら間違いなく『楽しい』はずで、

『楽しくない』という事は、あなた自身『試合に負けている』と自覚した方が良い。

 

 

そして、

 

 

多くの方々が、社会に出てから『負け癖』が付き過ぎてしまっていて、

その事実すら、自覚せず、理解出来ないままに、人生を浪費していっています。

 

 

例えば、

 

 

私は、勤めていた乗除大企業を辞め、30歳を機に独立・起業しましたが、

35歳を迎える今まで、一瞬も『後悔』をする事なく過ごして来られました。

 

 

それは、

 

 

『ライフワーク』として決めた仕事に従事する『喜び』を感じる、それ以前の問題として、

先ず、それが『ビジネス』として成立し、『経済的』にも恵まれた事が大前提としてあります。

 

 

つまり、『勝負に勝った』から、日々を『楽しい』と感じているのです。

 

 

これが、

 

 

独立系ファイナンシャル・プランナーとして活動しながらも、

誰からも必要とされず、ビジネスとして成立していなければ、

きっと、『会社を辞めなければ良かった』と後悔しているはずです。

 

 

何度も繰り返しますが、『勝負事』に負けてしまっては、何もなりません。

 

 

まして、『勝負』に挑む前から『負け』を想定している人間は、『負け犬』です。

 

 

完全に『負け癖』が染み付いてしまっており、

その人は、真の意味での『楽しさ』とは、無縁の人生を送る事になるでしょう。

 

 

『終身雇用』が崩壊した今、

 

 

世の中には『副業(複業)』『サイドビジネス』を謳う書籍・セミナーが乱立し、

『好きな事をして、ライフワークに生きよう!』という旨の情報が溢れています。

 

 

その中では、『自分のワクワクを追い求めれば上手くいく!』

『好きな事をやれば、上手くいく!』といった、耳に心地よい言葉ばかりが並びます。

 

 

しかし、これは完全なる『嘘』です。

 

 

私自身、

 

 

クライアントさん始め、様々な方から『楽しそうな人生ですね!』と言われますが、

それは、周りの方々が『夏の甲子園(12日間)』だけを見て抱かれた感想であり、

1年間の大半を占める『甲子園以外』の期間は、地道な練習を継続し続けています。

 

 

そして、

 

 

日々、『勝負に勝つ(ビジネスを成立させる)』という経験を積み上げるからこそ、

スポットライトが当たる場面に関して見れば、『楽しそう』に見えているのです。

 

 

この公式ブログをご覧頂いている方々の中にも、

将来、独立・起業を志望・希望されている方も多くいらっしゃると思います。

 

 

しかし、

 

 

予めお伝えさせて頂くと、『アマチュア』の世界と違って、

『プロフェッショナル』の世界は、別次元で厳しいと『覚悟』しておいてください。

 

 

『自分の好きな事をやれば、上手くいく!』とか、

そんな甘っちょろい言葉で入って来てしまったら、

恐らく、一瞬で抹殺(廃業)されてしまいます(笑)

 

 

『勝負事は、絶対に、勝ちに行かなければならない。』

 

 

『勝負事は、勝つからこそ楽しい(勝った者だけが、楽しさを味わえる)。』

 

 

『ビジネス』の世界にも、ダイレクトに通じる『教訓』を、

今年も『高校野球選手権(夏の甲子園)』を通じて『再確認』させて頂きました。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田8月26日(月)、神戸・三ノ宮8月28日(水)の日程で開催します。

 

 

■2019年8月26日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年8月28日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile