『下落相場』を、心から『歓迎』することが出来ますか??

今日のテーマは、『下落相場を、心から歓迎することが出来ますか??』です。

 

 

『相変わらず、荒い値動きが続きますね』

 

 

このような趣旨の言葉でのスタートが何日続くのか、

本当に、分からないほどの変動相場に突入しました。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『日本市場』の大幅下落を話題に取り上げていましたが、

同日(3月13日)夜の『米国市場』は、意外にも『小幅な反発』からスタート。

 

 

そして、

 

 

終盤、ドナルド・トランプ米国大統領から『景気刺激策』が発表されるや否や、

『前日比:+1,985.00ドル』の急上昇を見せて、取引を終えています。

 

 

数日前、

 

 

『NYダウ平均の取引単位が1,000ドル刻み』という話をしましたが、

そこから数日、その『冗談』が『真実』として続いている事になります。

 

 

本当に、凄い世の中になりました。

 

 

約30年前、

 

 

子供の頃、『野口英世』の生涯を描いた映画の中で、

野口青年が、実業家に教育資金を工面してもらう際、

『どうか、3円お貸しください』と頭を下げるシーンを見たことが有ります。

 

 

当時、

 

 

私は小学1年生、まだ7歳だったと記憶していますが、

『3円借りるのに、そこまで頭を下げるのか!!』と、

驚愕しながら『インフレ』を学んだ初めての機会となりました。

 

 

映画として描かれた舞台は、明治から昭和初期にかけてですから、

私が7歳だった当時と比較して『70年間』ほどの隔たりがあり、

この期間で『インフレーション』が進行するのは理解出来ます。

 

 

しかし、

 

 

最近の『株式市場』のボラティリティ(変動幅)の大きさは、

『時間』の概念をすっ飛ばして、『インフレ』が襲って来たような感覚がある。

 

 

世界的には、

 

 

『デフォルト(債務不履行)』等の経済的有事に陥った国々で、

1、2ヶ月といった短期間に、急激な『天文学的インフレ』に見舞われるケースがあります。

 

 

流石に、

 

 

世界の『資本主義経済』全体はデフォルトに見舞われていないながらも、

これまで、私達が経験したことのない『変化』が起きていると考えます。

 

 

ただし、

 

 

この『変動相場』突入の原因となった『新型ウイルス』同様、

『リスク』を過大評価し、恐れ過ぎてしまうのも、良くありません。

 

 

先日も、同じ旨の記事を書かせて頂きましたが、

 

 

中長期視点で『資産形成(投資)』に臨んでいる投資家にとっては、

直近の『下落相場』は、『将来的リターン』を増大させる絶好の機会なのです。

 

 

少し『お勉強』している方々は、

 

 

『下落相場で儲ける(利益を出す)』などという話をすると、

ヘッジファンドや機関投資家が主に用いる『ショート戦略』等をイメージします。

 

 

しかし、

 

 

一般の方々には親しみのない『オプション取引』などしなくても、

超長期視点で、コツコツ仕込んでいけば良い、『単純な話』です。

 

 

実際、

 

 

私自身、2012年までは『国内投資』で利益を上げて来ましたが、

この時、『利益』を叩き出す源泉になった保有資産は、

金融危機直後の2008年から2009年に仕込んだ『資産』です。

 

 

当時、

 

 

既に、『資産形成(投資)』をスタートしていた方々はご存知ですが、

金融危機直後、確かに、異常なまでの警報音は鳴り続けていたものの、

『勇気』を持った投資家からすれば、あらゆる資産が『底値』で転がっていました。

 

 

一般的に、

 

 

今回の暴落直前のような、楽観ムード漂う『上昇相場』が好まれますが、

真に『利益』を上げる投資家という者は、『高値圏推移』の相場を歓迎しません。

 

 

事実、

 

 

世界ナンバーワン投資家のウォーレン・バフェット氏も、

『キャッシュ』を積み上げながら、投資先が無い状況を、

次のような言葉で表現しています。

 

 

『セックスがしたくてウズウズしているのに、無人島にいるような気分』

 

 

要は、

 

 

『手元資金』は潤沢にあり、『投資』したい気持ちはあるのに、

『高値圏推移』する市場では『購入したいもの』が見当たらないという事です。

 

 

前述の通り、

 

 

高値圏で推移する『上昇相場』であれば、馬鹿でも利益が確保できる為、

世間一般、大半の方々は、その『パーティー』に酔いしれてしまいます。

 

 

しかし、

 

 

『パーティー』は、必ず『終焉』を迎えるのが世の常であり、

『高値圏推移』『上昇相場』、未来永劫続いていくものでは、決して有りません。

 

 

そして、

 

 

直近のように、一般の方々から嫌われる『大幅下落』があった直後こそ、

次なる『上昇相場』での利益確保に向けて、しっかりと仕込む時期なのです。

 

 

こちらも、著名投資家の言葉ですが、正確な出典を忘れました。

 

 

『市場(一般市民)が恐れ慄いている時にこそ、勇気を持って動ける人間が、最後に勝つ。』

 

 

特に、

 

 

私が開催する『個人面談:お金のセッション』を受講頂いた、

既存クライアントさん達に向けた『メッセージ』と言えます。

 

 

あなたは、この『下落相場』を、心から『歓迎』する事が出来ますか??

 

 

今、淡々と、着実に仕込んでおく事が、

将来的に『大きなリターン』を生み出すことを忘れないでください。

 

 

私自身、とてもワクワクしながら見守っています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮3月25日(水)、大阪・梅田3月26日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年3月25日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年3月26日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile