『世界的投資家』たちは、虎視淡々と『二番底』を狙う。

今日のテーマは、『世界的投資家たちは、虎視淡々と二番底を狙う』です。

 

 

ここ数日、淡々と、日々過ぎている印象を受けます。

 

 

大都市圏を除いて、『緊急事態宣言』が解除されて2週目。

 

 

未だ、

 

 

宣言解除されていない東京、大阪においても、

明らかに『人』が流れ始め、『経済』も動き出しました。

 

 

当初、

 

 

それに伴い、『感染拡大』が再開するとされた見方も、

大方の予想に反して『新規感染患者』は低水準を推移。

 

 

しかし、

 

 

このような状況においても、感染拡大『第二波』は避けられない模様で、

国家・行政の『長』を務める方々も、その事は明確に述べられています。

 

 

引き続き、

 

 

『不要不急の外出』を控える生活は実行していますが、

必要最低限の外出をする際、街中を行き交う『人』は、確実に増えましたね。

 

 

現時点、

 

 

『大型商業施設』等は、臨時休業を継続しているようですが、

街全体を漂うムードも、明らかに『変化』していると感じます。

 

 

古今東西、

 

 

こういう時こそ、『災難』が訪れるのは常ですので、

十分に気を付けながら、自粛生活を継続していきましょう。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『世界ナンバーワン投資家も認める、世界市場の潮流変化』と題して、

ウォーレン・バフェット氏も直面する『潮流変化』についてご紹介しました。

 

 

元来、

 

 

『(超)長期投資家』として知られるウォーレン氏ですが、

直近数ヶ月における『保有銘柄』の整理については、慌ただしくなっています。

 

 

現在、

 

 

『世界第3位』の資産家として知られている同氏ですが、

その資産の殆どを、バークシャー株として保有しており、

金額の莫大さを考慮した時、驚くほど『銘柄分散』は多くありません。

 

 

つまり、

 

 

『一度保有したら、原則、一生手放さない』の信念を貫くべく、

少数精鋭の『お気に入り銘柄』で構成されているという事です。

 

 

しかし、

 

 

そのような『狭き門』を潜って、『保有』されるに至った企業においても、

『世界が変わった』と表現される今回の危機で、順次、手放されています。

 

 

最も印象的だったのが、

 

 

これまで、典型的な『バフェット銘柄』だと考えられてきた、

『米国・金融株』『航空業界株』が、軒並み処分されてしまったこと。

 

 

これまで、

 

 

およそ『1世紀』に迫る長期に市場を観てきた、同氏ほどの人物でも、

根底の『思考回路』の変革が、求められるタイミングが訪れています。

 

 

90歳を目前にして、未だ第一線で活躍し、『変化』できることも凄いことですが。

 

 

冒頭ご紹介した、

 

 

街中の『楽観ムード』と呼応する形で、

世界の『株式市場』も、直近では、『凪』という状況が続いています。

 

 

少し前の公式ブログでもご紹介しましたが、

 

 

日本同様、世界全体の『経済活動』は復活してないにも関わらず、

『株式市場』は、その実体と乖離して、回復を見せつつあります。

 

 

5月18日付、

 

 

『日経平均株価』も、基準値となる『2万円台』をキープしますし、

『NYダウ平均株価』についても、『2万3000ドル台後半』で推移します。

 

 

一時期、

 

 

1営業日ごとに、『乱高下』を繰り返した時期がありますが、

先々月の事にも関わらず、『遠い記憶』のように感じますね。

 

 

前述の通り、

 

 

『感染拡大』を折込みながらも、『経済活動』が復活することを考えれば、

ここから更に、市場は一気に『回復傾向』へと進むことも、予想できます。

 

 

しかし、

 

 

実際、『世界的投資家』の中では、そのような予測は悲観的で、

『第二波』到来と共に、株式市場にも『二番底』の訪れが予想されています。

 

 

マイケル・バーリ氏、

 

 

2008年の『金融危機』発生を、2003年頃から予見した天才ですが、

彼は今、自身が運営するヘッジファンドのポジションを『ビッグ・ロング』としています。

 

 

つまり、

 

 

市場の低迷に合わせて、『ロング(買い)』を拡充するという事ですが、

この傾向(一時的下落も含めて)は、しばらく継続する、と見ています。

 

 

また、

 

 

バフェット氏同様、『世界最高峰の投資家』に挙げられるジム・ロジャース氏は、

今後数年間を『人生で最悪の弱気相場』と表現し、悲観的な見方を強めています。

 

 

因みに、ロジャース氏は、今年で『78歳』を迎えます。

 

 

同氏は、

 

 

これから、世界的に迎えることが予想される、『大倒産時代』と共に、

株式市場の、更なる『総崩れ』が迫っているとの見方を強めています。

 

 

ただし、

 

 

投資家にとっての『下落市場』は、『悲観的解釈』にならない場合も多く、

実際、バーリ氏と同様に、ロジャース氏の姿勢も『ロング(買い)』です。

 

 

この辺り、

 

 

バフェット氏とは、少し考え方が異なっているのか、

『運輸・航空関連株』を筆頭に、影響が直撃した企業を狙っているようですね。

 

 

『80歳』を目前に控え、挑戦し続ける姿勢は、本当に凄いです。

 

 

ここまでお伝えしきた通り、

 

 

直近、株式市場には『凪』の気配が漂っていますが、

一時的に『下落傾向』へと針が振れ、『二番底』を打つ局面を迎えそうです。

 

 

ただし、

 

 

こういう時こそ、投資家にとっては、更なる『仕込み時機』ですよね。

 

 

今後、

 

 

『下振れ』することも『想定内』として、

『世界的投資家』たちの動向に倣い、しっかり『ロング』していきましょう。

 

 

ここで市場投入した資金は、将来的に『大きなリターン』をもたらします。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile