『丸佳浩選手』の読売巨人軍移籍は上手くいくのか??

今日のテーマは、『丸佳浩選手の読売巨人軍移籍は上手くいくのか??』です。

 

 

昨日、一昨日と、『お金』『資産形成』とは全く関係ない記事を書いてしまいました。

 

 

今日から、また『お金』が関係するテーマで書いていきますが、

いきなりいつもの調子には戻れないので、『リハビリ』をします。

 

 

『野球』にご興味ない方もいらっしゃると思いますが、

どうか、穏便に、今日もお付き合い頂けたら幸いです。

 

 

『プロ野球』において、今年の国内FA市場は活況です。

 

 

来季から『メジャーリーグ』に挑戦する選手はいないものの、

国内で実績を残した有名選手が、揃って『FA宣言』をして所属先を模索。

 

 

各世代『侍ジャパン』を経験したトップ選手や、

『球団の顔』とも言えるエース級・スター級の選手も多く移籍します。

 

 

その中で、

 

 

選手としての『派手さ』は無いものの、玄人好みの選手として、

一際注目を集めたのが、前・広島東洋カープ所属の『丸佳浩選手』です。

 

 

千葉県の名門・千葉経済大学附属高校から、

2007年高校生ドラフト3巡目で広島カープに入団した野球エリート。

 

 

先ほど、

 

 

『派手さは無い』と表現してしまいましたが、広島を3連覇に導き、

13年盗塁王、17年最多安打、18年最高出塁率のタイトルを獲得。

 

 

更に、

 

 

2017、2018年と2年連続のリーグMVPに加え、

ベストナイン4度、ゴールデングラブ賞6度を受賞した、

まぎれもない、プロ野球界の『超一流選手』です。

 

 

この選手が『FA宣言』した事で、

国内球団による『大争奪戦』が繰り広げられていたのです。

 

 

最終的に、先週、丸選手自身が決断を下したことを公言し、

来季からの『読売巨人軍』への移籍が決定して決着しました。

 

 

その契約額は、

 

 

一説によると『5年総額30億円超』の大型契約、

年俸に直すと『6億円』から『7億円』にも迫る過去最大級の評価だそうです。

 

 

『個人情報問題』が取り沙汰されるされる昨今、

何故か、プロ野球選手の金銭情報は『ダダ漏れ』なんですね(笑)

 

 

個人的に、昔から不思議でなりません。

 

 

兎に角、

 

 

個人レベルとしては、超破格の『お金』によって、

『丸佳浩選手』は『読売巨人軍』に移籍したことになります。

 

 

『経済的観点』から考えて、これは1つの成功です。

 

 

『大卒・会社員』の生涯獲得年収が『2億円そこそこ』の時代、

丸選手にかかれば、その『15人分』以上の金額を、『5年』という期間で稼ぎます。

 

 

もしあなたが『会社員』という立場であれば、

『一生』どころか、『一五生』しても追い越せるか定かではない数字です。

 

 

なので、1つの『成功』と表現しても良いでしょう。

 

 

ただし、

 

 

これが『野球選手』として、

『成功』につながる決断だったのかは、今の時点ではわかりません。

 

 

『プロ野球』に明るい方々ならわかると思いますが、

今回の読売巨人軍は、丸選手に限らず、スター選手を続々獲得しています。

 

 

加えて、

 

 

球団生え抜きの良い選手たちも出て来ようとしている中で、

明らかに、このオフの補強劇は『選手渋滞』を引き起こしています。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、

 

 

野球は『9人』でプレーするスポーツであり、

有望選手を数多く揃えたとしても、『9人』を超えて出場することは出来ません。

 

 

同一ポジションに強力な選手が2人居るからといって、

『ファーストが、今日は2人居ます』という事にはならない訳です。

 

 

丸選手の話に戻すと、

 

 

確かに、実績・実力ともに申し分ない選手ですが、

『広島カープ』と『読売巨人軍』では世間の注目度も段違いで、

その『プレッシャー』の中で実力発揮出来るかはわかりません。

 

 

また、

 

 

今回はその『破格の契約条件』まで世間に知れている訳で、

普通の選手以上に、否が応でも丸選手への注目は集まります。

 

 

その環境の中で、

 

 

『資産形成』同様、世間一般はいつも『短期』で結果を求めますから、

開幕後、4月末、遅くとも5月末までに『結果』を出さないと苦しい。

 

 

『期待』が大きかった分、それを裏切られた時、

『ファン』の方々は、簡単に『超絶アンチ』へと逆方向に走ります。

 

 

どんな一流選手でも『スランプ』はありますが、

それを、世間のファンやマスコミ、更にはチームメートも寛大に受け止めてくれるのか、、、、。

 

 

個人的には、

 

 

移籍後、丸選手は、『広島時代の輝き』を放つことは難しいと考えます。

 

 

しかし、『丸選手』を責められるものではなく、それが『普通』です。

 

 

どんな『選手(人間)』でも、

自分の想像を超える『お金』を目にすると、価値観がぐらつき、判断能力が鈍ります。

 

 

そう考えると、

 

 

『自身の能力が最大限発揮出来ること』を最重要項目として、

昨年、挑戦するメジャー球団を決定した『大谷翔平選手』は凄いです。

 

 

彼の実力・ポテンシャル(潜在能力)、可能性からしたら、

複数年1億ドル(100億円)クラスの契約を結ぶことも可能でした。

 

 

それが、

 

 

メジャーリーグ『新人王』まで獲得した大谷選手が、

今年球団から支払われている年俸は、『1億円』にも満たないと言われています。

 

 

メジャーリーグの選手平均『4億円』という世界で、

この金額が如何に『少額』なものかご理解いただけるでしょう。

 

 

それだけ、

 

 

『お金』というものに振り回されることなく、

ブレずに、『本質』を見抜き続けることは難しいという事です。

 

 

私たちは、上記にも遥かに満たない金額でも、

大いに『メンタル』を揺さぶられながら日々を生きています。

 

 

大谷翔平選手のような『境地』とまでは行かなくとも、

この事を心に留め、『本質』を見て生きていくようにしましょう。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮12月19日(水)、大阪・梅田12月22日(土)にて開催します。

 

 

■2018年12月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年12月22日(土)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile