『人間の本性』は、『危機』が訪れたときに暴かれる。

今日のテーマは、『人間の本性は、危機が訪れたときに暴かれる』です。

 

 

いよいよ、

 

 

残る、首都圏1都3県においても、

約1ヶ月半続いてきた『緊急事態宣言』が解除されますね。

 

 

依然、

 

 

神奈川県等では、10万人単位での新規感染者数は高いですが、

これ以上『経済活動』を止められないというのが本音でしょう。

 

 

実際、

 

 

『独自モデル』が奏功していると報道されている『大阪』ですが、

果たして、『経済活動再開』が万全を期しているのかは疑問です。

 

 

むしろ、

 

 

吉村大阪府知事を始め、各都市圏首長の方々、更には安倍首相まで、

『経済活動再開』と並行して、『第二波』の存在に言及しています。

 

 

悲しい哉、

 

 

『コロナ先進国』である、感染拡大した海外諸国の例を見ると、

本当に、『第二波』『第三波』の襲来は避けられないのかなと。

 

 

それでも、

 

 

『ロック・ダウン(都市封鎖)』すること無しに、

ここまで感染収束させたことは、立派なことです。

 

 

この期間、

 

 

海外渡航していなので、最終的な真偽までは分かりませんが、

罰則規定まで設けて、厳格に行動を制限していた海外諸国で、

なぜ、あれほどまでに感染拡大が起こったのか??

 

 

日本でも、

 

 

『接触8割減』などの基準が示されていましたが、

海外諸国は、罰則規定を設けていても、日本以上に活動していたのか??

 

 

一説には、

 

 

蔓延した『ウイルス型』が、アジアとは異なるという意見も有りますが、

それが真実であれば、何故、そのような『変化』が起こったのか??

 

 

ますます、『謎』が深まるウイルス騒動ですね。

 

 

話を戻すと、

 

 

『第一弾』としての危機を乗り越えつつある『コロナ』ですが、

今後訪れる『第二波』『第三波』を乗り切れるかは、疑問です。

 

 

それは、

 

 

『経済活動』という観点でも言えることですが、

もう一つ、人間同士の『信頼関係』という観点でも、そうだと思います。

 

 

一般的に、

 

 

私たち『日本人』は、『和』を重んじる国民性であると言われています。

 

 

確かに、

 

 

古くから『農耕』に従事して、『定住』を生活のベースにする事で、

祖先たちは、長期的視点での『人間関係』を重じてきた文化はある。

 

 

しかし、

 

 

『2020年』を迎えた現代の『日本国』においても、

果たして、それは『真実』を表しているのでしょうか??

 

 

残念ながら、その民族性も『変化』してきていると感じます。

 

 

例えば、

 

 

今回の『コロナ危機』というイベントを通じては、

あらゆる分野において、『新しい言葉』も様々生まれましたよね。

 

 

社会全体が『新たな時代』に突入したことを感じさせる、

『テレワーク』という言葉など、最も象徴的な1つです。

 

 

ただし、『好ましくない言葉』も生まれています。

 

 

『正義警察』

 

 

都市圏を中心に、飲食店・商業施設等で営業自粛が叫ばれましたが、

『経済的理由』もあってか、営業継続する店舗等に対して、

何故か、自らの『正義感』を振り翳す人間が、全国に続出しました。

 

 

私自身、

 

 

この世界に『唯一無二の正解』など存在しないと考えていますが、

『画一的な価値観』を押し付けてくる人間ほど、タチの悪いものは有りません。

 

 

幸か不幸か、

 

 

自らが『バッシング』を受けることは有りませんでしたが、

『正義警察』にターゲティングされた方々は、コロナ以上の『被害』です。

 

 

少し話は変わるものの、

 

 

先日には、某メディアに出演されていた、若干20代前半の女性が、

ネット上で批判に晒されていたとの理由で、自ら命を断ちましたね。

 

 

恐らく、

 

 

批判をしていた『99%超』の人間が、

彼女と直接知り得ることなど無かった、完全なる『部外者』なはずです。

 

 

これは、

 

 

『日本(アジア?)特有』の文化なのかも知れませんが、

ネット等で『匿名性』が担保されている環境下において、

『ネガティブ』な意見が、増長しやすい傾向にあります。

 

 

また、

 

 

『匿名性』というポイントが派生した形で言えば、

所属する『コミュニティー外』の人間に対しても、

『攻撃性』を増す民族性であるとも感じます。

 

 

こちらも、象徴的な流行語が生まれましたよね。

 

 

『県外ナンバー狩り』

 

 

特に、感染拡大が抑えられていた地方都市において、

『県外ナンバー』を掲げた自動車の所有者に対して、

イタズラや、暴言・暴力が浴びせられる事態が横行した事例です。

 

 

冷静に考えれば、

 

 

『県外ナンバー』であっても『定住者』も存在すると理解できますが、

今回のような『危機』においては、『人間の本性』が炙り出されます。

 

 

この状況で、

 

 

更に『経済危機』などが発生した場合、

果たして、『日本国民』は和を成し、助け合うことが出来るでしょうか??

 

 

隣国の事例では、

 

 

1990年代後半、アジア通貨危機を端に発し、実質上『デフォルト』し、

IMF管理下におかれた『韓国』で、国民は助け合いの精神を発揮したと言われます。

 

 

具体的には、

 

 

『外貨準備高』の低さから、海外金融機関・機関投資家から、

壮絶な売りを浴びせられた『自国通貨:ウォン』を支える為、

国民が自発的に、保有資産を充当していたとされます。

 

 

しかし、

 

 

その後、IMF始め、海外債権者からの厳しい要求を受けて、

『危機』を乗り越えた後、その『和を成す精神』は、完全に失われたと。

 

 

仮に、

 

 

もしも、今、『同様の事態』が同国を襲ったとしても、

上記と『同じ行動』をとる国民というものは、皆無だと言われています。

 

 

『日本国』も、同様ではないでしょうか??

 

 

現代に『経済危機』が起こった際、『助け合い』という現象は起こるのか??

 

 

個人的には、自ら『リスク』を切り離す他、無いと考えています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile