『佐々木朗希投手』決勝戦・登板回避での敗戦に考えること。

今日のテーマは、『佐々木朗希投手、決勝戦・登板回避での敗戦に考えること』です。

 

 

一見、日々の情報発信とはまったく関係が無いように見える、

『高校野球』をテーマにした記事を書きます。

 

 

しかし、

 

 

情報発信することで伝えたい『最も大切な部分』と、

私の中では、とても『密接』に関係している話です。

 

 

私自身、

 

 

『資産形成』『ビジネス』というテーマを中心に情報発信していますが、

最も伝えたい事は、上記両輪を確立する事で『主導権』を持って生きようという事。

 

 

良くない意味で『大人』になり、

 

 

簡単に『主導権』放棄して生きる人間が、ほぼ100%を占める世の中で、

私たち『起業家』のように『童心』持って生きている人間はほぼ居ません。

 

 

ただし、

 

 

前者のような生き方をしても、個人的には死ぬほど面白くないので、

私自身、『後者』の生き方をしている方々とのみ繋がっていきたいと考えます。

 

 

話が途轍もなく逸脱しそうなので、『本題』に戻ります。

 

 

『高校野球』に明るい方々はご存知のことと思いますが、

来月8月開催の『高校野球選手権大会(甲子園)』地方予選が絶賛開催中です。

 

 

その中で、

 

 

先日、業界関係者、誰もが注目している試合で、

その誰もが、まったく『想像すらしてなかった事態』が起こり、話題になりました。

 

 

舞台は、岩手県大会決勝戦です。

 

 

2連連続の本大会出場を狙い、全国的な強豪校『花巻東高校』と、

強豪でもなんでもない、普通の県立校『大船渡高校』との対戦カードでの話。

 

 

ここでは、

 

 

『強豪でも何でもない』と表現しましたが、今年に限り、

大船渡高校には、『佐々木朗希投手』という将来を嘱望される豪腕がいました。

 

 

高校日本代表・一次選考合宿において、

彼が記録した投球スピードは、『時速163km』という異次元の数字。

 

 

野球経験者の方は理解できると思いますが、

 

 

その『スピード』を出せる事自体、圧倒的な『身体的才能』を持っており、

また、その球速の投球に耐えられる身体を持つ事も、『絶対的財産』です。

 

 

誰も、疑いようがありません。

 

 

間違いなく、日本の将来を背負って立つ選手になる『ポテンシャル』を秘めています。

 

 

が、

 

 

前述した『岩手県大会・決勝戦』において、

実は、『佐々木朗希投手』は登板どころか、出場すらする事なく『大敗』したのです。

 

 

統率する監督の判断としては、

『故障のリスクが、高校3年間で最も高い環境だったから(出場させなかった)』と。

 

 

これについて、

 

 

個人的には、意外なほど好意的な『賛同』の声が多く見られ、

その事に、非常に強い『違和感』を感じ、本日のテーマとして取り上げました。

 

 

予め断っておくと、

 

 

私自身、チームの内情を熟知している訳ではないですし、

3年間、彼と苦楽を共にしたチームメートではないので、『発言権』はありません。

 

 

ただ、

 

 

その『大前提』を理解した上で、個人的見解を書かせて頂きます。

 

 

結論から言うと、

 

 

『佐々木朗希投手』と登板どころか、出場すらさせずに敗退した事は、

佐々木投手本人始め、大船渡高校の選手達にとって、人生に大きな『影』を落とす。

 

 

はっきり言って、馬鹿げている。

 

 

少し説明しておくと、

 

 

前述の通り、対戦相手の『花巻東高校』は全国的な強豪校であり、

『大船渡高校』からしてみれば、総合力から考えて、完全に『格上』の相手です。

 

 

その状況において、

 

 

『佐々木朗希』という怪物が登板することで、

『もしかしたら、格上の強豪校・花巻東に勝てるかもしれない』というレベルの話です。

 

 

反対に、

 

 

『佐々木朗希』という選手を登板どころか、出場させなかった時点で、

『大船渡高校』は、『勝つこと』すら放棄してしまった事が『大問題』と考えます。

 

 

事実、

 

 

『佐々木朗希投手』を出場すらさせなかった大船渡高校は、

これまでの戦績とは、かけ離れた戦いをして『2対12』と大敗しています。

 

 

何の為に、ここまで努力を積み上げてきたのか。

 

 

佐々木投手始め、大船渡高校の選手たちには、

この経験を通して、一生物の『負け癖』が付いてしまったのではないかと想像します。

 

 

何せ、『勝ち』に行かなかったのですから。

 

 

『勝つこと』を自ら放棄してしまったのですから。

 

 

『佐々木朗希投手』自身、高校進学時には、全国の強豪校からスカウトが来て、

その中には、今、高校野球界を席巻している『大阪桐蔭』もあったと聞きます。

 

 

しかし、

 

 

『地元・大船渡から甲子園に出場する!』という想いを胸に、

『大船渡高校』に進学し、その夢を実現する『直前(決勝戦)』まで辿り着いた。

 

 

にも関わらず、

 

 

手を伸ばせば、『チャンス』がそこに確かに存在していたのに、

『大人の判断』により、それを簡単に『放棄』させていまった。

 

 

この『負け癖』は、恐らく、一生、根底に染み付いてしまいます。

 

 

一部、『投球過多』を懸念して、登板回避させた擁護報道もありますが、

県大会序盤の起用法など見ると、疑問を持たざるを得ない場面が多々あります。

 

 

また、

 

 

準々決勝・久慈高校戦では、佐々木投手以外の2投手で完投勝利しており、

高校野球界において、決して『投球過多』のレベルでは無かったのが事実です。

 

 

今、

 

 

ファイナンシャル・プランナーという職業を通して、

面談業務を通して、日々多くの方々を見させて頂きますが、

今の時代、『負け癖』が染み付いている人間が多過ぎます。

 

 

『勝負』に負けても、悔しがるどころか、何も感じない。

 

 

むしろ、

 

 

今回の『大船渡高校』の事例のように、

『勝負』に対して、最初から『勝ち』にすら行っていない場面も散見されます。

 

 

個人的には、この感覚は、どうしても解せない。

 

 

私自身、自他共に求めるほど『負けず嫌い』です。

 

 

ロジック(理屈)だけで考えたら、人生において、

あらゆる『勝負事』に勝つことに、明確な『意味』はありません。

 

 

しかし、

 

 

理屈云々というしょうもない話ではなく、人間には、

根源的にインプットされた『勝負に勝ちたい!』という思いがあるはずです。

 

 

それを、

 

 

変に『大人』になることで、その『感情』を押し込めて、

その『感覚』すら無くなった人間に、私は、全く『魅力』を感じません。

 

 

これがもしも、

 

 

勝負に『勝ち』に行って、その結果の『負け』であれば、当然の話『納得』出来ます。

 

 

ただ、

 

 

繰り返しになりますが、今回『勝つこと』すら最初から放棄し、

『勝負』すら避けてしまった事が、私は『大問題』だと感じてしまいました。

 

 

冒頭にも書きましたが、

 

 

『佐々木朗希』という選手が、『素材』として、

何十年に1人レベルの『超一級品』だという事実は、間違い有りません。

 

 

しかし、

 

 

『高校野球』で終わるレベルの選手では無いと言えど、『人生の大一番』において、

『勝負』を避けてしまった経験は、彼の人生に途轍もない『負の遺産』になります。

 

 

恐らく、

 

 

今後の人生においても、大事な場面で『勝ち切る力』は生まれて来ない。

 

 

それほど、今回の『勝負回避』は、大きな『影』を落とすと考えます。

 

 

一般の方々にとって、

 

 

『勝負』というのは、自分の人生に『主導権』を取り戻し、

『自分のやりたい事』に対して、真に『挑戦』して生きることです。

 

 

ただ、

 

 

そのような生き方をしている方は、世間一般『1%未満』しかおらず、

『その他:99%以上』は、『勝ち』にすら行かず、一生勝負回避して生きています。

 

 

そんな『負け組』の連中とつるんでも、全く面白く無い。

 

 

そんな人間ばかりが溢れても、『日本』は活力溢れる国になりません。

 

 

今回の『佐々木朗希投手』登板回避での大船渡高校・決勝戦大敗と、

その選択を『賛同』する声が、非常に多く挙がっていることこそが、

『日本』に、『負け犬根性』が染み付いている証明と痛感しました。

 

 

私個人的には、『違和感』があり過ぎて、過言でなく『吐き気』がします。

 

 

同様の感覚を持ってくれる『エネルギー』溢れる人とのみ、

繋がりながら、『挑戦』を通して、人生を謳歌していきたいと考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮7月29日(月)、大阪・梅田7月30日(火)の日程で開催します。

 

 

■2019年7月29日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年7月30日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile