『何かやりそう!』な雰囲気は、どうやったら出るのか??

今日のテーマは、『何かやりそう!な雰囲気は、どうやったら出るのか??』です(^_^)★

 

 

*この記事は2016年8月に起業塾生限定公開したものを、

 2017年8月に加筆・修正、一般公開したものです。

 

 

『この人、何かやりそうな人やな!!』

 

 

皆さんは、周りの方々からそう思われてますか??

 

 

いや、問題行動を突発的に起こしそうとか、

決して『マイナス』な意味じゃないですよ(笑)

 

 

もちろん、『プラス』の意味で、

『この人なら、何か凄い事をしてしまうそうだな!』と相手に思わせる事です。

 

 

自身で『ビジネス』をする人間であれば、

必要不可欠な要素ですよね(^_^)

 

 

その『何かやりそう感』を数値的に計測しようと思ったら、

実は、意外にシンプルな基準で分かります。

 

 

それは、やはり『影響力』。

 

 

あなたが何か発信した時、

もっと自然な流れを言えばイベント企画した時など、

それに対して他の人が反応してくれるかどうかです。

 

 

発信に対して、

ちゃんと周りの人から『レスポンス』がある人は、『影響力』あり。

 

 

起業塾メンバーの中にも、

実際にビジネスやイベント開催で『人』が集まる方々が居ますよね。

 

 

彼らは、実際に自ら発信して『人』を動かしている。

 

 

それで、

 

 

反対に自身で発信しても『レスポンス』を得られない人は、

残念ながら、現時点では『影響力無し』という事になります。

 

 

もし本当に『ビジネス』するつもりがあるのであれば、

これから、『本気で』『必死に』行動しないといけない。

 

 

ちょっと厳しいことを言わせて頂くと、

『影響力が無い人』というのは、周囲の人から完全に『スルー』されてしまってるんです。

 

 

周りが、その人に『何かやりそう!』な可能性を感じていない。

 

 

だから、その人が発信する情報・発する言葉を全く聞いてません。

 

 

自分自身だってそうですよね(^_^)

 

 

例えば合コンなんかに行った時、

自分が狙っている可愛い女の子の話は真剣に聞くくせに、

目当てじゃない子の自己紹介の時は、平気でトイレ行ったりします(笑)

 

 

全ては、そんなもんです(^_^)

 

 

それで、

 

 

今日は、あなたが『何かやりそう!』な雰囲気を出すため、

ご紹介したい話が1つあります。

 

 

また野球の例え話になり恐縮ですが、お付き合い頂けたら幸いです(^_^)

 

 

プロ野球・中日ドラゴンズに『亀沢恭平』という選手がいます。

この選手、地元が私と同郷で、岡山県・津山市出身です。

 

 

今は1軍に定着して、準レギュラーのような位置付けですが、

アマチュア時代は、全くと言って良いほど『野球エリート』ではありませんでした。

 

 

地元・岡山県作陽高校(サッカーは全国屈指の強豪)時代、

もちろん、硬式野球部に所属していましたが、実はレギュラーじゃなかったんです。

 

 

作陽高校という高校自体は県内では強い時もありますが、

亀沢選手の時代は、高校3年生最後の夏も、県大会3回戦敗退。

 

 

甲子園に出ているチームでもありません。

 

 

亀沢選手自身は、そんなチームでも『補欠』でした。

 

 

大学野球時代も、地元・岡山の環太平洋大学に所属。

入学当時は、実に中四国大学リーグの4部に位置するマイナーリーグです(笑)

 

 

Jリーグで言えば、JFLの下っ端の下っ端。

 

 

ここでも、とてつもなくエリートでは無い。

 

 

大学4年次に初めて全国大会に出場しますが、

それでもプロのドラフトにかかるなんてことはありません。

 

 

長くなるので割愛しますが、

その後独立リーグを経て何とか育成契約でプロに入団。

 

 

と言っても、『ドラフト会議』で指名される訳はなく、

地元では有名ですが、『テスト生』として入団テストを受験しての入団です。

 

 

そんな選手が、なぜ今、

プロ野球の『1軍で』しかも『レギュラー』でやってるのか??

 

 

それは、

 

 

亀沢選手が監督・コーチに対して、

ずっと『俺を使ってくれ!』と言い続けたからです。

 

 

2軍にいるときも、『俺を1軍に上げてくれ、上げてくれ。』

 

 

1軍に行ってからも『俺を試合に使ってくれ、使ってくれ。』

 

 

それに根負けした谷繁監督が、

スタメン起用した試合で『2本のヒット』を、実際に打って見せた。

 

 

そこから、亀沢選手のプロ人生が開花しました。

 

 

ずっと『自分に価値がある!』と信じ続けた。

 

 

そして、周囲に対して背伸びしてアピールし続けた。

 

 

こんな人間、『一度使ってみよかな』と思いますよね。

『何かやりそう!』な雰囲気がプンプンしてます(^_^)

 

 

それに対する例として、もう1人の選手がいます。

同じ中日ドラゴンズに所属する『野本圭』選手。

 

 

実は、こちらも私の地元・岡山出身の選手で、

なんと、私は同じ代で高校野球をやっていました。

 

 

彼は、当時から岡山南高校(川相昌弘選手の出身校)の大四番。

甲子園は出ませんでしたが、当時からレベルが違う有名選手です。

 

 

その後、

 

 

駒沢大学に進学して大学日本代表にも選出。

社会人野球の強豪で2年間経験を積み、落合GMの太鼓判でドラフト1位入団します。

 

 

本当に、絵に描いたような『野球エリート』街道まっしぐらです。

 

 

改めて書いてて実感していますが、

本当に、亀沢選手と全く逆の野球人生です(笑)

 

 

でも、現在、同じチームでレギュラー張ってるのは亀沢選手です。

 

 

野本もたまに代打等で出場してますが、

『何かやりそう!』な雰囲気は、断然、亀沢選手の方があるんですよね。

 

 

それは、『アピールし続ける力』の差。

 

 

これに尽きます。

 

 

『影響力』が無い人というのは、

実際のところ、全く『アピール』をしていません。

 

 

結果、

 

 

全く試合にも出ていませんから、

もちろん、ミスをすることも無く、何事もなく人生を過ごしていける訳です。

 

 

『アピール』し続ける人間が、常に自信満々な訳では決してありません。

私自身、正直、逃げ出したい場面は多々あります。

 

 

でも、

 

 

そこをぐっと堪えて、思いっきり背伸びして『アピール』し続ける。

 

 

『何かやりそう!』な雰囲気は、

自ら発する『アピール』からしか、絶対に生まれません。

 

 

最初は誰しも実績・経験がない訳で、

その状態で、声が掛かるのを待っていても、何も起こらず一生が終わってしまいます。

 

 

今まで逃げてきた人は、この辺りでしっかりと向き合い、

ぜひ、自分発信で『アピール』していきましょう(^o^)!

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)★

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile