『保険』で全てをリスク・ヘッジする事は『得策』か??

今日のテーマは、『保険で全てをリスク・ヘッジする事は得策か??』です。

 

 

大前提として、日本人は『保険』という金融商品が大好きな国民です。

 

 

日本全体で考えても、

 

 

2018年時点での、国内の生保世帯加入率は約9割(88・7%)に上り、

途上国はもちろん、諸先進国でもここまで高率な国は、他には存在しません。

 

 

一説によると、

 

 

日本人には『恐怖遺伝子』保有者が海外諸国に比べて多く、

その事が、『リスク』に対する過大評価、『恐れ』に繋がっているのだとか。

 

 

確かに、

 

 

2019年を迎えた現代でも、『島国』という原始的要因が故、

未だ『ガラパゴス化』した状況は、あらゆる分野で見られます。

 

 

何故、

 

 

私たちの祖先が『恐怖遺伝子』を多く保有するようになったのか、

その原因となるイベントが何か、今のところ、私も知り得ません。

 

 

しかし、

 

 

『日本人』という国民が『リスク』に対する耐性が低いことは明らかで、

それが『保険加入率』の高さに繋がっている事も、実感として頷けます。

 

 

事実、

 

 

『保険』という言葉がついた瞬間に、『思考停止』に陥り、

ライフイベントの節目を迎えるタイミングで、簡単に加入してしまいます。

 

 

この辺り、『マイホーム信仰』にも同様の魔力があります(笑)

 

 

日本人の月額支払保険料は『平均約3万円』と言われており、

この金額は『年間約40万円』、40年間支払う事を考えると『1600万円』です。

 

 

地方都市では、軽く『家』が建ちますね。

 

 

平均『1600万円』もの金額を一生涯に『保険』に費やす事こそが、

この金融商品が、『人生で2番目に高い買い物』と言われる所以です。

 

 

少し、『シビア』に考えても良いかも知れません。

 

 

日本人は、

 

 

人生に起こり得るあらゆる『リスク』を『保険』でヘッジしようと試みます。

 

 

しかし、

 

 

今日のタイトルに対して回答すると、結論、全く『得策』とは言えません。

 

 

むしろ、

 

 

私のクライアントさんには、個人面談を受けていただく際、

『保険と運用は、切り離して考える。』という事を繰り返しお伝えしています。

 

 

まだまだ浸透していませんが、

 

 

『保険』という金融商品に過度に頼り過ぎてしまう余り、

『資産形成』という観点では、『逆走』をしてしまっている方々は多くいます。

 

 

現代日本においては、

 

 

『保険』という金融商品の『期待利回り』はゼロかマイナスですから、

その『投資対象』に、大切な『お金』を注ぎ込むという事は、

金融機関の『預貯金』同様、運用リターンを放棄する事を意味します。

 

 

私のメンターは、

 

 

日本の金融機関(銀行・保険・証券)を『悪の枢軸』と表現しますが、

その中でも、特に『保険』という分野は暴利を貪っていると言います。

 

 

冷静に考えてみれば当然で、

 

 

国内トップ生保では全国数万人レベルで抱える従業員の『人件費』、

1日に何度も目にする広告・テレビCMといった『宣伝広告費』、

都心部一等地にある『不動産』等、生保会社の事業コストは莫大です。

 

 

そして、

 

 

その『莫大な事業コスト』がどこから賄われているかと言うと、

当然、保険契約者の支払う『保険料』が原資になっています。

 

 

業界内部に居ないと分からない話ですが、

 

 

某外資系保険会社が販売する『外貨建終身保険』のコストは、

保険料全体の『53%』にも及ぶ商品すら存在しています。

 

 

つまり、

 

 

もし仮に『月1万円』の保険料を支払っている場合を考えると、

払い込んだその瞬間に、『5300円』は事業コストとして徴収されているという事。

 

 

その事を知らない善良な消費者が、

 

 

自ら額に汗して働いて得た、『大切なお金』を、

保険会社の運営・存続の為、健気に『献金』し続けているという構図が出来上がっています。

 

 

『自分事』であれば、『洒落』にならないですよね。

 

 

勿論、

 

 

世の中全ての人に、全ての場面で『保険』が要らないとは言いませんが、

『リスク・ヘッジ』が必要な場面でも、購入する『保険』はシンプルな方が良い。

 

 

例えば、

 

 

元政府系の某金融機関が販売する『新◎が◎き◎ん』等は、

主契約『死亡保障』にごちゃごちゃと特約が付く事により、

『何に対するリスク・ヘッジか?』分からない複雑怪奇な商品になっています。

 

 

こうなってくると、

 

 

様々な『パラメータ(変数)』が混在し、誰も理解出来ませんから、

その結果、販売サイドから見て『暴利の温床』のような商品が出来上がります。

 

 

因みに、

 

 

私自身、国家システムとしての『社会保障(年金・健康保険)』以外には、

任意で『生命』『医療』『自動車』『弁護士費用・個人賠償』等の保障は掛けています。

 

 

ただ、

 

 

それらの保障は『シンプルさ』を極めている為、

全てを合計しても、月額の保険料は『1万円』程の金額です。

 

 

このように、

 

 

『無駄なもの』を極限にカットして、必要な『リスク』にのみ備える事で、

『人生で2番目に高い買い物』は、ここまでコストを抑えられるのです。

 

 

しかし、

 

 

『保険会社』サイドから見れば、これでは『暴利』を貪れませんから、

社会の流れはこれと『逆行』し、様々な付帯サービスをプラスして販売しています。

 

 

一般にはあまり知られていませんが、

 

 

日本国内で営業許可を取得した保険会社は『金融庁』の一括管理で、

商品レベルは一律に揃えられ、各社商品にそれほど差は付きません。

 

 

仮に、

 

 

他社を出し抜くほど『優秀な保険』を開発出来たとしても、

他業界同様、すぐ模倣されてその『歪み』は無くなります。

 

 

その為、各社とも『保険』以外の分野で付帯サービスを付けるのです。

 

 

最近では、

 

 

保険会社が老人ホームなどと資本提携して、

『保険』契約に限定して施設受入れするサービスを開発しています。

 

 

ただ、

 

 

こちらも勿論、プラスで掛かる事業コストはアド・オンされる訳で、

毎月支払う『保険料』から、保険契約者が負担することになります。

 

 

もしも、

 

 

上記サービスを利用する状況になったとしても、個別に『リスク管理』し、

『保険』と切り離して対応した方がコストカット出来ることは自明です。

 

 

日本人は、『保険』という金融商品を『盲信』し過ぎています。

 

 

人生のあらゆる『リスク』をそれでカバーしようとするのでは無く、

シンプルに、必要最小限の『リスク・ヘッジ』を心掛けていきましょう。

 

 

その事も、『資産形成』で成功する大切なポイントの1つです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮2月21日(木)、大阪・梅田2月22日(金)の日程にて開催します。

 

 

■2019年2月21日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年2月22日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile