『債券市場』から漂い始めた『リセッション(景気後退)』の気配。

今日のテーマは、『債券市場から漂い始めたリセッション(景気後退)の気配』です。

 

 

相変わらず、『猛暑』が続いていますね。

 

 

今夜、主催する『ビジネスセミナー』が控えている為、

今、大阪から東京へと向かっている道中です。

 

 

『資産形成(投資)』『ビジネス』

 

 

独立系ファイナンシャル・プランナーとして、

私の本業(専門)は『前者』ですが、『後者』のテーマをお話しするのも大好きです。

 

 

私自身、

 

 

20代を『会社員』として過ごした後、30歳を機に起業したので、

前者『両輪(資産形成・ビジネス)』を確立する事で、

人生の『自由度』が格段に高まることは、体験的に熟知しています。

 

 

今夏から、

 

 

『働き方改革セミナー』を大阪・東京で始動しようと試みましたが、

皆さんからの反響の良好さに、主催する私自身、少し驚いています。

 

 

会社員を卒業して僅か『5年』程。

 

 

しかし、

 

 

この『5年間』での社会情勢の変化は凄まじく、

『一生安泰』の代名詞だった企業・業界が、失職可能性の筆頭に名を連ね、

かつて『先生』と言われた方々も『AI』に置き換わると予想されています。

 

 

今、大きく時代が変化していますよね。

 

 

これまで、日本型雇用形態の代名詞『終身雇用』についても、

経団連会長や、トップ企業・トヨタ自動車までもが『不可能』と公表しています。

 

 

この状況で、

 

 

『自分は大丈夫』と考えるのであれば、あなたは天才的な楽天家で、

一生『ネバーランド』に居住が可能なのであれば、それはそれで良いと思います。

 

 

ただ、

 

 

多くの方々は、このように『頭の中お花畑状態』では無いので、

『リスク』に対して適切に『危機感』を感じて、『アクション』を模索しています。

 

 

その結果が、

 

 

私が始動した『働き方改革セミナー』への反応の良好さに繋がり、

セミナー受講希望者の方々が、早くからお集まり頂いている要因だと思います。

 

 

今後、

 

 

9月以降の開催日程も決まり次第、公式ブログでアナウンスするので、

ご興味持って頂き、受講ご希望される方々は、ぜひご参加頂けたら幸いです。

 

 

久しぶりに、恐ろしく『前置き』が長くなりました(笑)

 

 

先日から、世界の『株式市場』の不安定さをご紹介する記事が続きました。

 

 

先ず、

 

 

FRB(米国連邦準備理事会)が発表した『利下げ』のインパクトの弱さから始まり、

ドナルド・トランプ米国大統領の『対中制裁関税』発動のツイートで一気に深刻化。

 

 

更に、

 

 

中国『人民元』が、対ドル『7元台』になっても、元安を容認したことから、

米国が、中国を『為替操作国』と認定した報道が広がると、緊張が走ります。

 

 

その後、

 

 

一気に『リセッション(景気後退)』の『トリガー』が引かれるかと思われたものの、

『米国市場』『日本市場』とも、一時停滞、反発と、何とか持ち堪えている状況です。

 

 

昨日(8月8日)、

 

 

『NYダウ平均株価』は『26,378.19ドル』と前日比300ドル超の上昇を見せ、

本日(8月9日)の『日経平均株価』も、『2万0700円台』を超えて堅調に推移。

 

 

先週末から今週初め、あれだけ『ピリピリ・モード』だった株式市場にも、

どこか『平穏な空気』が漂い始めて、『楽観的な雰囲気』さえ漂い始めました。

 

 

果たして、

 

 

世界市場は、『リセッション(景気後退)』の危機を乗り越えたのでしょうか??

 

 

残念ながら、現実は、違います。

 

 

世界市場では、今も尚、日増しに『警戒感』が強まってきており、

その1つの兆候は、『債券市場』に見て取ることが出来ます。

 

 

基本的に、

 

 

『リセッション(景気後退)』への懸念が強まると、

投資家は『リスク回避的行動』をとる事が一般的で、

具体的には『安全資産』へと逃避行動をとろうとします。

 

 

ここで、

 

 

『安全資産』と考えられるものは、時代や世界情勢により流動的に変化しますが、

現代・現在であれば『貴金属』『信用格付け高い債券・通貨』といった所でしょうか。

 

 

数日前から、

 

 

この観点で『日本円』も買い込まれる傾向にあり、

現在では『1米ドル=106円台』を割り込む水準で、推移し続けています。

 

 

また、

 

 

『債券市場』に話を戻すと、格付けが『世界トップ水準』を誇る『ドイツ国債』で、

既に、全年限(短・中・長期)利回りが『ゼロ金利』を下回る『異次元状態』です。

 

 

それ以外にも、

 

 

欧州を中心に、世界の国債利回りが、次々と『過去最低値』を更新しており、

スペイン、ポルトガルといった経済劣等国の『10年(長期)債券』さえも、

利回りが『マイナス圏』に近付きつつある状況なのです。

 

 

先日は、米国が、政策金利を『0.25%』下げることが世界的に話題になりました。

 

 

が、

 

 

その陰に隠れる形で『ニュージーランド準備銀行:0.5ポイント』、

『タイ中銀:0.25ポイント』『インド中銀:0.35ポイント』と、

世界の中央銀行で『政策金利』を下げる動きが連続しています。

 

 

先日の公式ブログでもご紹介させて頂きましたが、

『政策金利』を下げるという事は、『景気後退』への転換点を意味しますよね。

 

 

各国中央銀行が、『実際の感覚』として感じ取っているように、

『実際の景気感』は、株式市場が示す『数字』とは乖離して、シビアという事です。

 

 

話を戻すと、

 

 

前述『中央銀行:政策金利下げ』のイベントを受けて、

該当国の『通貨』は、今週に入り、軒並み下落し続けています。

 

 

他にも、

 

 

東南アジアを始めとした『経済基盤』が脆弱な途上国を中心に『通貨下落』と、

それに伴う『対外(特に、対ドル)債務上昇』が急ピッチで進んでいるとの事。

 

 

一説では、

 

 

『直近一週間』という短期間の間に、『米ドル建債務負担額』が、

アジア圏全体で『2.3兆円』も上昇したという、途轍もない話さえ出ています。

 

 

当然の話、

 

 

もともと、『経済基盤』が先進国ほど盤石ではない途上国の国々において、

『債務負担』が急増すると、一気に『情勢不安』に見舞われるケースも想定されます。

 

 

米国・日本市場は一見、堅調に推移しながらも、

 

 

実際、世界全体では、市場はまだまだ『リスク』を孕んでおり、

『薄氷を踏む』ような思いで、日々を乗り切っているという方が正確です。

 

 

その事をきちんと理解しながら、暫く、市場を注視して頂けたら幸いです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田8月26日(月)、神戸・三ノ宮8月28日(水)の日程で開催します。

 

 

■2019年8月26日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年8月28日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile