『働き方改革』で、あなたの人生は豊かになるのか??

今日のテーマは、『働き方改革で、あなたの人生は豊かになるのか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでも書きましたが、新年度はスタートしましたね。

 

 

『新年度スタートしましたね』などと普通の発言をしていますが、

正直、私自身、まったくそれを実感する場面が有りません(笑)

 

 

自ら事業をされている方々は、共感して頂けると思いますが、

私たちにとって、全ての時間が『人生』で有り、一続きです。

 

 

よく『会社員』の方々が、

 

 

『オン・オフのバランス』等の言葉を使われる場面が有りますが、

それは『ライスワーク(お金の為の仕事)』をする方々の発言で、

繰り返しになりますが、私たちにとっては全てが『人生』です。

 

 

自然界同様、

 

 

『移り変わり』はあっても『区切り』は存在しないので、

常に、地に足をつけた感覚で、自分軸で生きる事が出来ています。

 

 

話が逸れたので、元に戻ります。

 

 

昨日から、2019新年度が始まりましたが、

ここを節目として、ちょっとした『変化』もスタートしましたよね。

 

 

その中の1つが、これ。

 

 

『時間外労働(残業)上限規制』と『年次有給休暇(年休)取得義務化』

 

 

近年、頻繁に出てくるようになったフレーズ、

『働き方改革関連法』が、いよいよ具体的に始動し始めた事になります。

 

 

各メディア等でも紹介されているようですが、

ここでも、少しだけ情報整理してみましょう。

 

 

先ず、

 

 

『時間外労働(残業)上限規制』に関しては、従業員の残業時間が、

原則『月45時間』『年間360時間』以内に抑えるようにするのだとか。

 

 

仮に、

 

 

業界的な繁忙期等、特別な事情がある場合にしても、

『月100時間』『2から6カ月平均80時間以内』、

『年間720時間以内』という制限が有ります。

 

 

もしも、

 

 

この基準を超過してしまった場合、雇用サイドの企業や労務担当者に対して、

『6カ月以下の懲役』若しくは『30万円以下の罰金』が科されるそうです。

 

 

え〜と、、、、日本国政府は『正気』ですか??(笑)

 

 

この馬鹿げた法案が、

 

 

大企業に関しては、昨日(2019年4月1日)からスタートし、

中小企業も、1年後(2020年4月1日)から施行されるようです。

 

 

『ハロウィン』の陰で落ち目だった『エイプリル・フール』を盛り上げようと、

2年連続で、最大限の『サプライズ』を日本政府がぶっ込んで来ました、多分。

 

 

なかなか、『ユーモア』が効いててお洒落ですね(笑)

 

 

私自身、『会社員』という立場では無いので、真偽不明ですが、

この報道が、所謂昭和の『4月バカ』である事を願っています。

 

 

『そもそも論』ですが、

『働き方改革関連法』なるものの真意は何なのでしょうか??

 

 

一方で『一億総活躍時代』を大々的に掲げながら、

その一方で、今回のような『働き方改革』を断行する。

 

 

自動車で言えば、『アクセル』と『エンジン』を同時に踏むようなもの。

 

 

もしも、現実世界でこれをすれば、その自動車は、近い将来に壊れます。

 

 

ただ、それを、現実にやってしまっているのです。

 

 

『働き方改革』のそもそもの『始動(着想?)理念』と『意義』を、

まったく理解できていない人間が、ここには確実に1人存在します。

 

 

確かに、

 

 

先進諸国と比較した際、『単位時間あたりの労働』として、

日本人が『生み出す価値』が低いことは、ずっと以前から指摘されていました。

 

 

私も日々実感しますが、

 

 

『会社員』として働く多くの方々は、『指示された事』は着実にしますが、

反対に言えば、『指示されていない事』は、殆ど実行する事が出来ません。

 

 

最初は、

 

 

この方々が『怠惰』なのだと考えていましたが、

長らく『思考回路』をストップさせてきた結果、

『思考能力』そのものが無いのだと、最近、気付きました。

 

 

それは、

 

 

第二次大戦後間も無く、販売されていた『掃除機』に、

現代に売られている『ルンバ』のそれの能力を求めるようなもの。

 

 

明らかに、『スペック』が足らないので、それは無理です。

 

 

それを、

 

 

罰則規定まで定めた『強制時短』で押し進めようというのが、

『働き方改革』なるものだと、私は、思えてならないのです。

 

 

確かに、

 

 

『時間』を明確に切られる事で、仕事効率も上昇し、

『労働生産性』が高められる場面も、世の中全体には存在するでしょう。

 

 

しかし、

 

 

それは、社会全体の数%程度のものだという事は容易に想像がつき、

この関連法案の遂行により、『日本国』全体としての生産性は間違いなく落ちます。

 

 

昨日、

 

 

新元号『令和』が発表されたにも関わらず、『昭和』を引きずる思考ですが、

『国家』としての労働生産性を、押し進めることは『狂気の沙汰』です。

 

 

また、

 

 

この法案の施行により、『労働時間が短くなった!』と、

喜んでいる日本国民がいたら、それもそれで考えものです。

 

 

自分自身の『働き方』を、『国家』に決められるのって、どうなん??

 

 

そういった『思考回路』をお持ちの方々は、結局、

それ以外の場面においても、『主導権放棄』に慣れ過ぎてしまっています。

 

 

本来、

 

 

私たちの『人生』は、それぞれが自身のものであるにも関わらず、

『他人から決められ、制限される事』に慣れて、居心地の良さまで感じてしまっている。

 

 

世間一般的には、基本的な『思考回路』が、

そもそも『被害者意識』から始まっている方々も多くいらっしゃいますね。

 

 

これでは、この国はまったく良くなりません。

 

 

『働き方改革関連法』などにコントロールされる事なく、

自らの『足』で立ち、自分自身の『人生』を切り開いていく。

 

 

そのような『明確な意思』を持った方々が、私の本業である、

『資産形成』に対しても、信念持って進んでいける方々だと考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田4月24日(水)、神戸・三ノ宮4月25日(木)の日程にて開催します。

 

 

■2019年4月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年4月25日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile