『国民一人あたり借金885万円』の表現は、正しいか??

今日のテーマは、『国民一人あたり借金885万円の表現は、正しいか??』です。

 

 

3連休が終わり、今日からまた『日常』がスタートしましたね。

 

 

と言っても、

 

 

私自身は『会社員』ではない為、『3連休』は愚か、

『仕事』『プライベート』という概念は有りませんが。

 

 

この辺り、

 

 

『会社員』の方々は理解しにくい概念ですが、

『全ての時間が、自分の人生』という感覚で日々を生きています。

 

 

個人的には、

 

 

劇的に忙しい『3連休』になりましたが、

それも何とか乗り切り、今日から『日常』を取り戻しました。

 

 

公式ブログも、

 

 

実はここ3日間は書き溜めしていたものをアップしましたが、

今日から、また日々コツコツと更新していきたいと思います。

 

 

先週末、

 

 

財務省が『国債』と『借入金』等を合計した『国の借金』を公表し、

その金額が、『1100兆5266億円』の過去最高値を更新した事が判明しました。

 

 

2018年8月1日。

昨年の上記日程時点で、日本の総人口は『1億2435万人』。

 

 

この数字から単純計算すると、

タイトルの『国民一人あたり借金885万円』という表現が成立します。

 

 

財務省の同統計は、前回は昨年(2018年)9月に発表。

 

 

今回の速報値は、

 

 

その時点から『一人当たり7万円』悪化した数字となり、

国の借金総額も、前回から『8兆7581億円』増加しました。

 

 

因みに、

 

 

上記金額のうち、『国債』が占める割合は『7兆7979億円』と大半です。

 

 

単純計算、

 

 

『4ヶ月』という期間で『約8兆円』の借金が増加した訳ですから、

やはり、今でも年間『30〜40兆円』ペースで借金は増加しています。

 

 

増して、

 

 

前述の通り、累計金額が『1100兆円』を超えていますから、

『借金上塗り』の現状は、本当に、国家財政的に『壊滅的』です。

 

 

この状況で、

 

 

『日本』という国家の将来を『楽観』出来る人は『幸せ者』で、

『正常な思考回路』をお持ちの方は、もう少し冷静に判断できると思います。

 

 

一般的に考えて、

 

 

『変化』はとても緩やか(に見える)ので気付きにくいですが、

間違いなく、日本国民は『茹でガエル』状態に陥っていると考えます。

 

 

それでも、

 

 

以前も記事として取り上げた通り、『老後不安』を抱える人は増加していますし、

『私たちの世代(40代以下)』で『年金』をアテにしている方はほぼ居ません。

 

 

また、

 

 

『終身雇用』『定期昇給』『潤沢な退職金』等、

『私たちの親世代』の常識は、『私たちの世代』では崩壊してしまっています。

 

 

ここ数十年間、

 

 

日本はとても『良い時代』を過ごしてきましたが、

個人も国家も『栄枯盛衰』、『繁栄する時期』があれば、『衰退』は必ず訪れるという事です。

 

 

こちらも常々お伝えしていますが、

 

 

日本は今後、少なくとも『数十年から100年スパン』で変遷期を迎え、

『年齢別人口ピラミッド』の構成正常化に『時間』を要します。

 

 

この期間、

 

 

特に『歪み』が顕在化するのが年金・健康保険といった『社会保障分野』で、

これは、『良い』『悪い』の話ではなく、『どうしようもない』話です。

 

 

こういった時、

 

 

『政治家・官僚批判』『社会批判』するとウケるのかもですが、

私自身、物事をもっと『建設的』に考えていて、

物事の自然な流れとして『しょうがない』と受け入れています。

 

 

実際、

 

 

『政治家』『官僚』が総入れ替えしても状況は変化しませんし、

『大河の流れ』を人の力で変えようとするのは限界があります。

 

 

しかし、

 

 

『将来を悲観的に捉える』こととは全く違い、状況を正しく捉え、

それに対して、具体的に『行動』起こす事で『リスク・ヘッジ』しているのです。

 

 

果たして、

 

 

日本国民全体のどれほどの割合の方々が、

私たちと同様に、経済的観点での『準備』を進めているのでしょうか??

 

 

恐らく、『10%』も存在しない。

 

 

『90%以上』の大半を占める国民は、

消極的な意味で『今日』一日に集中し、

『将来』から完全に目を逸らして生きています。

 

 

そして、

 

 

自身の想像を超えるレベルの『経済的リスク』が顕在化した時、

その時点では完全に挽回不能であり、即『終焉』を迎えることになるのです。

 

 

今日のタイトル、

 

 

『国民一人あたり借金885万円の表現は、正しいか??』ですが、

この表現は、『正しく』もあり、『間違っている』とも言えます。

 

 

シンプルに考えると、

 

 

現時点で『国債』を購入している『債権者』は、

国内金融機関に『個人資産』を預けている国民そのものであり、

この表現では『債務者』『債権者』が完全に逆転しています。

 

 

しかし、

 

 

『社会保障』等の公的サービスを受けるのが『国民』だと考えた場合、

『将来の債権者』から、現代生きる『私たち』が前借りしていることになる。

 

 

正直、どっちでも良いと思います(笑)

 

 

『本質』として重要な問題は、

『日本国』が国家として、『莫大な借金』を積み上げてしまっている事。

 

 

そして、

 

 

その状況にも関わらず、慢性的な『借金体質』は染み付いており、

今後も、長期間、『悪化の一途』を辿って行くしかないという事です。

 

 

どうでしょうか??

 

 

自身が置かれている状況が、理解出来てきましたか??

 

 

その状況で、

 

 

将来に向けて『経済的基盤』を整える準備をしないという事は、

『パラシュート無し』でスカイダイビングする事と同義であり、完全なる『自殺行為』。

 

 

この事実に一人でも多くの方が気付き、

具体的に、資産形成に向けた『アクション』を起こして頂けたら幸いです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮2月21日(木)、大阪・梅田2月22日(金)の日程にて開催します。

 

 

■2019年2月21日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年2月22日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile