『外貨預金・債券』は、本当に資産形成を加速させるのか??

今日のテーマは、『外貨預金・債券は、本当に資産形成を加速させるのか??』です。

 

 

個人的には、『今更』な記事を書きます。

 

 

ただし、

 

 

この手の話も、人それぞれ知り得るタイミングが有るようで、

いつまで経っても、惑わされてしまう人が後を絶ちません。

 

 

なので、

 

 

以前、書き続けていた『毎月分配型商品のからくり』同様、

定期的に、繰り返し、情報発信していく必要性を感じました。

 

 

日々、

 

 

独立系ファイナンシャル・プランナーとして活動し、

本当に、多くの方々の『資産形成』をサポートさせて頂く中で、

セカンド・オピニオン的に投資判断を仰がれる場面が有ります。

 

 

玉石混淆。

 

 

世の中には、本当に多くの『投資話』が溢れていますね。

 

 

基本的な、本質の『原理』は変わらないものから、

ロジック不明(不明瞭)の新たな話まで、多くのものが生み出されています。

 

 

1つだけはっきりと言えることは、

世界中に存在する『投資話』を全て把握する事は不可能ですし、

それが出来る人間も、世界中を探しても誰一人として居ません。

 

 

そんな中、

 

 

基本的構造は何1つ変わらないのに、皆さん嵌まり続ける罠もある訳で、

その代表的なものの1つが、今日ご紹介する『外貨・外国債』投資です。

 

 

予め断っておくと、これらは『詐欺話』では有りません。

 

 

その証拠に、

 

 

それらは『有名金融機関』から大々的に売り出されており、

それらを継続的に販売している彼らは、違法営業で訴えられたりしていない。

 

 

しかし、

 

 

それらが投資家に『利益』をもたらしているかと言えば、そうではなく、

むしろ、『罠に嵌った人間(投資家)』から資金を奪い続けています。

 

 

この辺り、

 

 

『損失を出す可能性が高い』と分かりながら販売し、実際にその通りになっても、

最終的には、投資家の『自己責任』とされるのが、金融の世界の興味深いところ。

 

 

確かに、

 

 

最終的には、自ら決断を下すという意味での『自己責任』には賛同しますが、

情報提供サイドが、『損失を出す可能性が高い』と考えて勧めていたら問題です。

 

 

その点、

 

 

情報提供サイドの『真意』を一瞬で見破る方法は存在しており、

それはシンプルに、『あなたは投資していますか??』と聞く事で分かります。

 

 

もしも、

 

 

この問いに『NO』であれば、今後の人生で、その人と付き合う必要は無く、

回答が『YES』で初めて、投資検討のスタートラインについた事になります。

 

 

長々と話して来ましたが、本題に入ります。

 

 

『トルコリラ』『南アフリカ・ランド』『ブラジル・レアル』等々。

 

 

『高利回り』を謳う『外貨預金』は様々存在しますが、これらは、

投資する事で、本当にあなたの『資産形成』を加速させるのでしょうか??

 

 

確かに、

 

 

『普通預金』は愚か『定期預金』までが『金利0%』に低迷するこの国で、

『預金金利』『債券利回り』として、5%を超えるものを提示されたら揺らぎます。

 

 

例えば、

 

 

『100万円』を、国内金融機関に預金していたら1年後も同額ですが、

『外貨預金』が示す利回り『5%』で運用したら『105万円』になる。

 

 

庶民的な感覚ですが、

 

 

1年間で『5万円』という金額は大きな差と考えられ、

放置していても変わらないのであれば、後者の選択が正しく思えて来ます。

 

 

増して、

 

 

投資元本として『100万円』より大きな金額を保有する人は、

上記ロジックが本当に成立するとしたら、即座に実行したくなりますよね。

 

 

果たして、その投資判断は正しいのか??

 

 

ここで、1つ冷静になって考えてみましょう。

 

 

もしも、上記ロジックが本当に成立するのであれば、

国債市場に循環する『お金』というお金が、『高金利通貨・債券』に殺到します。

 

 

しかし、

 

 

現実にはそうはなっていない訳で、それは何故かと言うと、

『高利回り』を上回る水準で、『通貨価値下落』のリスクを孕んでいると考えるから。

 

 

先ほどの事例で言えば、

 

 

仮に、1年前に『100万円』分の外貨を購入して運用し、5%上昇しても、

『通貨価値』自体が、年間10%下落していれば、余裕で元本を下回ります。

 

 

実際、

 

 

先程、『高金利通貨』の代表例として挙げた『トルコ・リラ』などは、

昨年2018年の1年間で、対米ドル換算『40%』ほど下落しました。

 

 

その『通貨価値下落』の前には、『高利回り』も無意味です。

 

 

加えて、

 

 

日本に居住・生活する私たちが『トルコリラ』を使う訳は有りませんから、

『外貨預金』は、最終的には『日本円』に戻して来ることが必要です。

 

 

ここで、

 

 

金融機関では、行って来いの『為替手数料』が掛かる訳で、

その減少分を考えると、この投資に対する損失は、更に拡大していきます。

 

 

金融機関としては、

 

 

当初から、この『為替手数料』を稼ごうという目的ですから、

該当通貨について、投資家が儲けようが・損しようが興味は有りません。

 

 

彼らは、

 

 

『外貨預金』という投資判断をあなたがした瞬間、

行って来いの『為替手数料』という『利益』が確定しており、

その後の関係のない部分に関しては、興味を示さないのです。

 

 

『外国債券』についても、原理はこれと同様です。

 

 

その『利払い』と『償還金額』を合計したリターンが高いものでも、

該当する『通貨価値』自体が下落してしまったら、元も子も無い。

 

 

『為替手数料』についても、全く同様です。

 

 

世の中には『確実に儲かる投資』というものは存在しませんが、

反対に、『確実に損する投資』というものは無数に存在します。

 

 

その辺り、

 

 

『金融の世界の基準』を知り、『金融リテラシー』を高める事で、

避けられるものが大半なので、今後も学び続けて頂けたら幸いです。

 

 

皆さんが、『資産形成』から逆走されない事を願っています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田4月24日(水)、神戸・三ノ宮4月25日(木)の日程にて開催します。

 

 

■2019年4月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年4月25日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile