『平時』から『備え』をしておく事が、己を救う。

今日のテーマは、『平時から備えをしておく事が、己を救う』です。

 

 

今の状況ほど、タイトルの言葉が理解できる時は、無いのではないでしょうか。

 

 

そう言えば、

 

 

直近半月ほどは、『経済指標』の話題を取り上げることが無くなりました。

 

 

当然、

 

 

その期間も、米国・日本共に『株式市場』は相応に変動しましたが、

その『数字』以上に、大きな『転換点』が、世界的に訪れています。

 

 

様々な方々が、

 

 

第二次世界大戦後『最大の危機』と形容される現実に直面して、

これまでの『常識』が、言葉通り、連日大きく変化しています。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『すべての人が、新たな思考回路をインストールする必要がある』と題して、

『コロナ・ショック』前後で、『世界』が大転換することをご紹介しました。

 

 

もし仮に、

 

 

あなたが、『コロナ危機』が収束・終息して、経済活動が回復した際、

『元の状態』に戻ると考えているなら、『未来』は明るく有りません。

 

 

前述の通り、

 

 

『コロナ危機』を契機として、社会・常識は『転換』するので、

『元の状態』ではなく、『新しい世界』がスタートするのです。

 

 

と言うか、既に、始まっていますよね??

 

 

大都市圏に住まいの方々であれば、『緊急事態宣言』が発令されて、

数日経過しましたが、人としての『生活』は継続しているはずです。

 

 

その中で、

 

 

『コロナ危機』以前と、全く『同じ生活』をしている人などおらず、

『新たな行動』『新たな習慣』が、生まれていることと想像します。

 

 

私も含めて、

 

 

あなた『個人』単体で考えても、相当量の『変化』があると思うので、

『社会全体』まで拡張して考えたら、『歴史的変化』が訪れています。

 

 

それを通して、

 

 

『新たに生まれる価値観・職業・業界』があれば、その反対に、

『失われる価値観・職業・業界』があるのは、昨日ご紹介した通りです。

 

 

専門家の方々が仰る通り、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』と『人類』の闘いは、中長期に及び、

決して、今年(2020年)だけで終結するものでは、到底ないようです。

 

 

先日、

 

 

『ウイルス学』の世界的権威という方の、特番を拝見しましたが、

『ワクチン』と言うものは、1年、2年で完成するものでは無いのだとか。

 

 

果たして、

 

 

『来年(2021年)は、東京五輪が開催されるのだろうか??』と、

『雑念』も過りますが、歴史的には、それ以上のインパクトがある出来事です。

 

 

依然、

 

 

東京、大阪をはじめとした大都市圏では、感染者数が増大する現状、

『ライフワーク』に生きることに増して、そもそも『サバイバル』が重要です。

 

 

当たり前の話ですが、死んでしまっては、何も出来ません。

 

 

前述した『新たな変化』を迎える時代も、生き延びてこそ、

自らの目で見て、『経験』『体感』する事が出来るのです。

 

 

『生き残る』という言葉については、

 

 

当然、『命』という観点でも言うことが出来ますが、

その次に重要な『経済』という観点も、決して、無視は出来ません。

 

 

こちらも連日取り沙汰されますが、

 

 

『事業』を行っている方々は、業界により多少の差こそあれ、

今、まさに『事業継続』の正念場に差し掛かっている方々が、多くいます。

 

 

いや、『被雇用者』という立場の方々も、

 

 

極一部の『経済的体力』ある大企業に所属される方々を除いて、

既に、『収入』に対して、直接的な影響が出て来ている方もいますよね。

 

 

先日もご紹介しましたが、

 

 

この『国家的有事』にも関わらず、残念ながら、日本政府は、

国民に対して、『経済支援』らしきものは出来ていないのが現状です。

 

 

『期待』は、過度にしない方が良いかも知れません。

 

 

もしも、あったら『ラッキー♪』くらいに考えておきましょう。

 

 

元来、私は、

 

 

原則として、『他者』から与えられることを望む考え方は、好きでは無く、

それぞれが『自らの人生を切り開く』意思を持つことが、大切と考えます。

 

 

実際、

 

 

私自身、日本政府からの『経済的支援』が無かったとしても、問題はなく、

仮に、この状況が1年超継続しても、『経済的』に困ることは有りません。

 

 

極論、

 

 

『10年以上』継続しても、その点では問題無いのですが、

『外出自粛』している現状、それが10年間継続するのは、精神的にキツいですね。

 

 

正直な所、

 

 

2020年、まさか『新型ウイルス』により、『世界経済』が、

ここまでシャット・アウトされるとは想像していませんでした。

 

 

それは、皆さんも、共通だと思います。

 

 

元々、

 

 

自らの人生に『経済的自由』を求めたのは、

『お金』を理由とした労働から解放されて、

『ライフワーク』に生きることを目指したからです。

 

 

新卒・社会人スタート当時、

 

 

収入的にも、恵まれた環境に身を置いていたと思いますから、

その『平時』において、『資産形成(投資)』する必要性は、

今振り返っても、そこまで、高く無かったと感じています。

 

 

一般的に、

 

 

収入水準の高い方ほど、『守り』が甘くなるのが常ですが、

私自身も、堅実に『労働』を続けていれば、

ある程度の収入を確保できる可能性は、高かったからです。

 

 

しかし、

 

 

何が発端だったか、今となっては忘れてしまいましたが、

『平時』から、コツコツと『資産形成(投資)』に励む人生をスタートした。

 

 

それが、

 

 

まさか『35歳』という、世間的に見れば若い年代において、

自らの身を助けることになるとは、想像すらしていませんでした。

 

 

『アリとキリギリス』

 

 

『イソップ物語』に含まれる、世界的に最も有名な童話の1つです。

 

 

この物語の中で『アリ』は、来るべき『冬(有事)』に向けて、

『夏(平時)』の間から、着々と『準備』を整えていました。

 

 

その結果、

 

 

『冬(有事)』を迎えて、死に絶えていく『キリギリス』を尻目に、

『夏(平時)』同様に、悠々自適な生活を送ることが出来たのです。

 

 

幼少期、

 

 

誰しも一度は聞かされる、有名な童話ですが、

私たちの多くは、現実世界では、なかなかそれを実現出来ません。

 

 

実際、

 

 

今回の危機で、多くの人が『経済的苦境』に追い込まれているのが、その証明です。

 

 

悲しい哉、

 

 

『危機』の最中において『準備』を進めたとしても、それ自体は、

『今回の危機』への対処としては、間に合わせる事が出来ません。

 

 

しかし、

 

 

何も『準備』を進めることが無ければ、

次回以降の『危機』に対しても、何も備えられないことも事実です。

 

 

『平時』から『備え』をしておく事が、己を救う。

 

 

言うは易し、行うは難し。

 

 

この言葉の典型例とも言える『行動』ですが、

今回の危機を契機として、自らの『変化』を起こして頂けたら幸いです。

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』感染拡大に伴う事態の早期収束と、

皆様のご健康を、切に、お祈り申し上げておりますm(_ _)m

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile