『年金破綻』のサインは、常に、発信し続けている。

今日のテーマは、『年金破綻のサインは、常に、発信し続けている』です。

 

 

昨夜、無事に香港から帰国しました。

 

 

荷物整理やお土産の片付けも昨夜中に完了した為、

今日からは、一気に『いつも通りの日々』が戻って来ました。

 

 

帰路は編成風の影響も受けるので、フライトとしては『3時間』程度。

 

 

夕方まで、現地・香港に滞在していながら、

夜、眠る時、大阪に居ることは、少し『違和感』を感じてしまいますね。

 

 

勿論、

 

 

クライアントさんと帯同している為、『仕事』の要素はありますが、

定期的に海外に行くことは、自分としても、ちょうど良いリフレッシュになります。

 

 

『2019年』内は今回の渡航が最終でしたが、

来年以降も、定期的に出国できるよう、頑張って仕事をしようと思います。

 

 

帰国早々、

 

 

本日朝されていた報道では、

経済的観点で『物騒な話題』がニュースとして出て来ていましたね。

 

 

何のことを言っているか、分かりますか??

 

 

『国民年金・厚生年金の積立金、日本政府が統合検討へ』

 

 

常々、私が情報発信している通りになって来ましたね。

 

 

と言っても、

 

 

私が『鋭い洞察力』と『先見の明』を持つ訳ではなく、

簡単な『計算能力』と最低限の『思考回路』があれば、

誰でも、この『未来』は予測できるものです。

 

 

恐らく、理解出来ない方もいらっしゃるので、少しだけ説明しますね。

 

 

現在、

 

 

日本国の『年金制度』は、大きく『3階構成』になっており、

1階部分は、主に自営業者等が加入する『国民(基礎)年金』、

2階部分は、主に会社員が加入する『厚生年金』となっています。

 

 

*3階部分は『企業年金』ですが、今日のテーマからは関係性が低いので置いておきます。

 

 

そして、

 

 

上記『1階部分』『2階部分』で、財源管理は別々にされて来ましたが、

改正が検討されている案では、財源が混同されて『一元管理』される見込みです。

 

 

『全体像』が見えている方には『常識』的な話ですが、もう少しだけ、説明を続けます。

 

 

2017年末時点、

 

 

『国民年金』の加入者は、全国で『約1500万人』に上り、

2018年末時点での積立金は、当時の時価ベースで『約9兆円』です。

 

 

対して、

 

 

『厚生年金』の加入者は、約3倍の『4360万人』程存在しており、

その積立金は、国民年金の16倍超となる『157兆円』という途轍もない金額です。

 

 

基本的に、

 

 

『国民年金』『厚生年金』とも『破綻』するというのが私の考えですが、

上記数字を考慮すると、財源的に、どちらが早いかは『火』を見るより明らかです。

 

 

そこで、

 

 

まだ比較的『潤沢(?)な財源』がある厚生年金積立金の流動性を上げて、

より深刻な『国民年金』の不足金補填に充当していこうという考えなのです。

 

 

原則として、

 

 

『年金保険料』が強制徴収であることは、公式ブログでも何度もお伝えしていますが、

それでも、自主納付の『国民年金』の加入率は『6〜7割程度』に留まると言います。

 

 

つまり、対象者のうち、『3〜4割』が未加入の状態なんですね。

 

 

当然、

 

 

自身が支払った『保険料』総額を遥に下回る『支給額』であると分かれば、

『国民年金』の加入者は、『保険料』の納付を控える人間がいるのも納得です。

 

 

対して、

 

 

同じく、完全に『破綻』という将来が見えている『厚生年金』ですが、

こちらは『源泉徴収』というなの「完全強制徴収システム』なので、

どれだけ状況が悪くなろうが、会社員の方々は支払い回避出来ません。

 

 

その上、

 

 

今回話題に出て来たように、『財源一元化』という暴挙に出られても、

『素直に従う』という選択肢しか、残されていないというのが実情です。

 

 

更に、

 

 

日本政府は、常に『金策』に走り続けており、

『厚生年金』の対象となる国民を、順次拡大する法案を続発していますよね??

 

 

これも、

 

 

『真実』が見えている人間からすれば、何がしたいか『お見通し』で、

確実に強制徴収可能な『厚生年金対象者』を拡大していくことにより、

枯渇する『年金財源』の延命措置として、『取れる所から取ろう作戦』を展開しているのです。

 

 

流石に、

 

 

これらを一気に変えるとなると『大掛かり』になる為、

先ず来年、通常国会において、『厚生年金対象者拡大』の法案を提出する見込み。

 

 

その後、

 

 

上記法案の成立が確定してから、来年夏以降、

『国民年金・厚生年金、財源一元化』について、具体的検討を進めていくようです。

 

 

『見込み』『具体的検討』という言葉を使いましたが、

恐らく、既に中枢では『既定路線』で話が進んでいます。

 

 

『そんな横暴なこと、本当にするんですか??』

 

 

たまに、このような質問をされる方がいらっしゃいますが、

その方は、全く『歴史(国内・国外共)』を勉強していないですね。

 

 

『国家権力』という超巨大組織であれば、

それくらいの事、『朝飯前』でしますよ(笑)

 

 

世界第二次大戦後、数十年間に続く『平和な時代』を過ごす中で、

完全に飼い慣らされてしまった『日本国民』は、『国家』を信用し過ぎています。

 

 

今秋10月、

 

 

『5年越しの夢』を実現させてスタートした『消費増税10%』ですが、

その甲斐虚しく、2019年度税収は『前年(2018年)割れ』に終わる見込みです。

 

 

これを受けて、

 

 

日本政府は『2兆円超』の赤字国債増発を決定しており、

『国家財政』は、一向に、良くなる『気配』すら感じられません。

 

 

もう一度、繰り返します。

 

 

『年金破綻』のサインは、常に、発信し続けている。

 

 

今日のタイトルをしっかり理解して、頭に入れて頂き、

自助努力での『資産形成』について、『具体的アクション』を起こされる事を願います。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮12月20日(金)、大阪・梅田12月23日(月)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年12月20日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年12月23日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile