『必要性がない』時に行動する人間が、『成功』する。

今日のテーマは、『必要性がない時に行動する人間が、成功する』です。

 

 

久しぶりに、『アクション』について書きます。

 

 

『コロナ』の話題を離れるのも、久々ですね(笑)

 

 

『資産形成』においても、『ビジネス』においても、

結論、最重要項目となるのは『具体的な行動』です。

 

 

両分野(資産形成・ビジネス)とも、

 

 

『人類普遍のニーズ』が存在している為か、

同テーマを扱っている書籍は、巷に溢れて、

『情報ビジネス』も、どんどん盛んになっています。

 

 

要は、

 

 

『資産形成』『ビジネス』というテーマに対して、

『お勉強』をしている人間が、増加しているということですね。

 

 

しかし、

 

 

どれだけ『情報』が溢れて、年々、増殖し続けたとしても、

『経済的自由』を達成した人間の割合は激増することなく、

また、独立・企業に踏み切る人間の数も、ほぼ変わりません。

 

 

なぜかと言えば、

 

 

いくら『壮大な夢』を描き、どれだけ『お勉強』し続けても、

『具体的な行動』が無ければ、全く無意味と言えるからです。

 

 

少し考えれば、直ぐに分かりますよね。

 

 

私自身、学生時代は『野球』に没頭していましたが、

『野球の教本』を100冊読破して出来上がるのは、

単純に、『野球の知識・ルール』に詳しい人間です。

 

 

決して、『野球の上手な人間』ではありません。

 

 

もしかしたら、指導者・審判員になるには良いかも知れませんが、

『実戦経験』ない人間が扱う知識ほど、『害』になるものも無い。

 

 

恋愛の世界で、

 

 

自身の『スペック』が高いと勘違いしている男性が、

女性とのデートで『ウンチク』を披露して、

『全くモテない』という現象が全国で散見されます。

 

 

同様に、

 

 

『実戦経験』がなく、『知識・情報』ばかりを詰め込んでしまうと、

単純に『面倒くさい人間』になってしまうのがオチかも知れません。

 

 

基本的に、

 

 

人間(動物)の思考体系として、『変化』が難しいことは理解しています。

 

 

以前も書きましたが、

 

 

『生存』に関する『最適化戦略』として、短期視点で見れば、

『昨日までと同じ行動』を取る方が、生存確率は高まります。

 

 

しかし、

 

 

この『最適化戦略』は、『環境』が変化すると一瞬で破綻し、

その実例は、昨今の『コロナ禍』で世間に溢れ返っています。

 

 

冒頭、

 

 

大多数の人間が『具体的な行動』を取らないことをご紹介しましたが、

彼らは『夢』を語りながら、『やらない言い訳』を常に探しています。

 

 

自身の中にある『矛盾』に、気付いていないんですね。

 

 

その『やらない言い訳』の筆頭として用いられるのが、

本日テーマ『必要性を感じていない』というものです。

 

 

ただ、

 

 

少しだけ、『聡明さ』を持ち合わせる人間であれば分かりますが、

『必要性を感じる場面』が訪れてしまったら、完全に手遅れです。

 

 

例えば、

 

 

昨今、『非正規雇用者』の増大が社会的問題になっていますが、

アルバイトで『日銭』を稼いで生活する、フリーターの将来が、

なかなか『ヤバい』ものであることは、容易に想像できますよね??

 

 

しかし、

 

 

何故、当人が、将来を真剣に考えることをしないかと言えば、

現時点においては、『必要性』を実感できていないからです。

 

 

最終的に、

 

 

彼ら・彼女らが『必要性』を理解するのは、

50代、60代を迎えてからかも知れませんが、

その時点では、完全に『挽回不可能』ですよね。

 

 

また、

 

 

『ステージⅣ』の末期がんで、医療機関を受診したケースもそうかも知れません。

 

 

それまで、

 

 

煙草・お酒をやめる『必要性』を感じてなかったかも知れませんが、

『必要性』を感じた時点では、既に『終焉』を迎えるケースが大半。

 

 

更に、

 

 

私が本業とする、ファイナンシャル・プランナー業務も全く同様です。

 

 

極稀に、

 

 

『お金に困ったら、相談に行きます!』と宣う人間がいますが、

正直、『面倒くさい』を超越しているので、来ないでください(笑)

 

 

と言うか、

 

 

御足労頂いても良いのですが、『困っている』状態で来られても、

一緒になって『困ったね』と言ってあげることしか、出来ません。

 

 

いや、

 

 

その『時間』に使い方は、お互いに建設的とは言えないですし、

『共感能力』も優れていない為、やっぱり、来ないでください(笑)

 

 

タイムリーな話題では、

 

 

今回の『コロナ危機』を乗り切ることができる人物・企業とは、

『必要性』を実感する以前から『準備』を進めていた方々です。

 

 

『必要性』を実感した今、『資金繰り』に奔走する時点で、

個人、企業とも、『未来』は明るく無いのかも知れません。

 

 

お気に入りの英単語に『prospect』というものがあります。

 

 

日本語意訳は、『予想、見通し、前途、展望』などとされていますが、

正直、受験英語の『お勉強』ではないので、それはどうでも良いです。

 

 

大切なのは、

 

 

『pro』という接頭語(?)が、『未来』を示す意味を持つので、

『先見性』の雰囲気を纏った言葉に『美しさ』を感じるという事。

 

 

偉人の言葉では、

 

 

よく『今・この瞬間』にフォーカスすることの重要性を説かれますが、

勿論、『刹那』を意識して、フルパフォーマンスすることは大切です。

 

 

しかし、

 

 

それとは、一見、『矛盾』するように見えなくもないですが、

バランスをとり、『先を見通す力』も同様に大切になります。

 

 

繰り返し述べますが、

 

 

本質として『必要性』がある場面というのは、

それ(必要性)を実感するよりも、以前に来ていることが多いのですから。

 

 

ところで、

 

 

あなたは、『必要性』を感じる前から『行動』出来ますか??

 

 

一般的な方々が『必要性』を実感する場面では、

既に、『挽回不可能』な状況へと陥っています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile