『新型ウイルス・ワクチン』共同声明に見る、人間心理の妙味。

今日のテーマは、『新型ウイルス・ワクチン共同声明に見る、人間心理の妙味』です。

 

 

昨日、

 

 

クライアントさんとのアポイントが終日立て込んだ為、

久しぶりに、公式ブログ記事更新がストップしました。

 

 

なるべく、

 

 

『毎日』の情報発信を継続していきたいと考えますが、

『時間』が有限である以上、『優先順位』は大切です。

 

 

気を取り直して、本日から、再スタート切ろうと思います。

 

 

先日(9月8日)、

 

 

欧米の製薬企業9社が共同声明を発表し、

世界的に、注目された報道がありました。

 

 

アストラゼネカ(英国)

 

 

ファイザー(米国)

 

 

サノフィ(仏国)

 

 

グラクソ・スミスクライン(英国)

 

 

ビオンテック(独)

 

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン(米国)

 

 

メルク(米国)

 

 

モデルナ(米国)

 

 

ノババックス(米国)

 

 

医療業界(*私も以前所属)に所属する方々であれば、

その名を聞けば、直ぐに理解できる会社ばかりですね。

 

 

日本にも『大企業』に分類される製薬企業は存在しますが、

1つ『桁』の違った資本力を誇る、世界的レベルの『巨大企業』ばかりです。

 

 

今回、

 

 

彼らが、各国政府・当局に対して、共同声明で求めたことは、

『新型ウイルス・ワクチン』の安全性・効果確認の時までは、

『承認』を求めないで欲しいということ。

 

 

通常であれば、

 

 

『新薬』開発に成功した場合、独占販売期間『最大化』の為、

早急に、『承認』を求めるスタンスを取るのが製薬企業です。

 

 

それが、

 

 

今回のスタンスは、通常と全く『逆』で、言うなれば、

『承認を早めないで欲しい。』という発言と同義です。

 

 

少し穿った見方をすれば、この共同声明は、

『人間心理』に対する妙味に溢れています。

 

 

何故なら、

 

 

人が『欲しい!』と言っているものに、敢えて『NO』と回答する事で、

多少の機会損失リスクはあるものの、返って『価値』は高まるからです。

 

 

確かに、

 

 

世界的大手9社が、共同声明の中で説明している通り、

早急に承認させない『表向きの理由』は、存在します。

 

 

(1)ワクチン自体の安全性と、接種する人間の健康を最優先する。

 

 

(2)科学的、また、倫理n高い基準を維持して臨床試験(治験)・製造を進める。

 

 

(3)最終治験を終えた時点で、安全性と効果が確認された場合のみ、

   世界各国当局にワクチンとしての『承認』を求める。

 

 

(4)世界的パンデミックに対応すべく、グローバルな『供給体制』を整備する。

 

 

上記4項目、全く『非の打ちどころ』がありません。

 

 

これを言われてしまったら、『国家権力』と言えども、

異を唱えるのは、民意を『敵』に回すことになります。

 

 

実際、

 

 

最終治験が終了していないにも関わらず、先月(8月)時点、

ロシアは『自国産ワクチン』を前倒し承認してしまっており、

この動きに対しては、ロシア内外から批判の声が挙がります。

 

 

この動きは、

 

 

21世紀の大国『中国』においても見られ、倫理的に疑問ですが、

先行して、新興国市場で供給スタートすることが見込まれており、

政治的パワーバランスとして、有意な立場を確保しようとします。

 

 

とは言うものの、

 

 

先進諸国間においても、ワクチン開発に対する期待は日増しに高まり、

今秋の大統領選を控え、米トランプ政権も強力な後押しを表明します。

 

 

奇しくも、

 

 

『世界最大の感染大国』の汚名を着せられた米国ですが、

現在、FDA(米食品医薬品局)が進める、条件付き投与、

『緊急使用認可』の検討は、異例中の異例と言えます。

 

 

この辺り、

 

 

前述の選挙戦を見据えて、現政権からの働き掛けがあったと予想され、

『新型ワクチン開発』は、完全なる『政治利用』局面に突入しました。

 

 

確かに、

 

 

世界的パンデミック発生当初、感染症研究の専門家と呼ばれる方々は、

通常、ワクチン開発は『数年間』の時間を要することを強調しました。

 

 

それを考慮すると、

 

 

未だ、『新型ウイルス』発生から『1年未満』という時点で、

開発完了の『兆し』が見え始めたことは、驚くべきことです。

 

 

ただ、

 

 

日進月歩する『創薬』の世界において、世界的注目が集まる分野に、

叡智を結集すれば、可能なのかもしれないと、個人的には考えます。

 

 

しかし、物事は単純ではなく、

 

 

様々な人間の『思惑』が交錯することで、創出された場合でも、

『おあずけ』を喰らってしまう可能性があるとも考えています。

 

 

男性の中には、

 

 

理解できる方々もいるでしょうが、簡単に付き合えた女性より、

ハードルを乗り越えて付き合えた女性の方が、ハマりますよね(笑)

 

 

それと同じ(?)です。

 

 

『経済活動復活』の意味でも、切望される『ワクチン開発』ですが、

その動向にも『人間心理』の妙味を感じることが出来ると考えます。

 

 

『金融』の世界にも密接に繋がるテーマなので、ぜひ、ご注目下さい。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile