『日本』と『ベネズエラ』を待ち受ける結末の『奇妙な共通点』。

今日のテーマは、『日本とベネズエラを待ち受ける結末の、奇妙な共通点』です。

 

 

昨日、一昨日の公式ブログでは、

 

 

経済危機に瀕して、デフォルト(債務不履行)が目前に迫る、

『ベネズエラ』という国家の惨状をご紹介させていただきました。

 

 

少しだけ振り返ると、

 

 

同国には世界最大規模の『原油』が埋蔵されていながら、

国家の主要産業を軒並み『国有化』したことから歯車が狂い始めます。

 

 

併せて、

 

 

『農産物』の分野も国有化・(不適切な)価格統制をした結果、

国家経済は、みるみるうちに『ズタボロ』にされていきます。

 

 

特に、

 

 

政府が行った、前述の『不適切な価格統制』により、

国の主要産業からどんどんと従事者が退出し、衰退へと追いやられていきます。

 

 

全ての発端は、

 

 

シンプルに国家レベルの凄まじい『物不足』で有り、

需要・供給の関係性から、高速でのインフレーションが進行。

 

 

並行して、

 

 

自国通貨『ボリバル』も、国際的な『信用』を失っていきますから、

海外からの輸入もままならず、一気に『負のスパイラル』に陥ります。

 

 

ここで、

 

 

時の政府が選択した道は『最悪』そのもので、

自国通貨『ボリバル』を大量発行し、インフレ進行を更に高速化するという茶番を演じました。

 

 

ここまで来ると、なかなか修正は効きにくく、

同国は、滝に引き寄せられる小舟が如く、財政破綻の淵を彷徨っている状況です。

 

 

よくある表現で、

 

 

政治は『脳』、経済は『血液』に例えられますが、

正に、『脳』が機能麻痺することで、『血液循環』にも支障を来した事例ですね。

 

 

残念ながら、

 

 

『ベネズエラ』という国家が、現在直面している課題を解決するには、

『デフォルト(債務不履行)』という選択肢しか残っていないと考えます。

 

 

それで、

 

 

今日のタイトルとして採用させて頂いたのは、

そんな『南米の小国』と、私たちが生活する『日本』の共通点の話です。

 

 

一見、何の『共通点』も有りそうに無いですよね。

 

 

位置関係、歴史、文化、人種、言語、宗教、etc…

 

 

むしろ、ぱっと思いつく項目を挙げさせて頂くと、

両国間の『相違点』ばかりが目に付いてしまいます。

 

 

そんな中、

 

 

私はかなり頻繁に、公式ブログで『ベネズエラ』の話を取り上げています。

 

 

それは、

 

 

メジャーリーガーを大量輩出する同国への強い憧れでは決してなく(笑)、

同国を取り巻く『経済危機』の現状が、『対岸の火事』とは言えないと考えるからです。

 

 

ご存知の方も多いと考えますが、

 

 

現在、『日本』という国家の累計債務は『1100兆円』を超えており、

GDP(国内総生産)比200%を遥かに超える『債務比率』は、

先進国間でも断トツで、国家経済として『危険領域』に突入しています。

 

 

常々、

 

 

『債務者』と『債権者』の関係性が入れ替えられているとお伝えしていますが、

『国民一人あたり855万円の借金』という言葉を聞いた方も多いと思います。

 

 

2017年末時点、

 

 

1年間における『歳入(主に国の税収)』は『約60兆円』有りますが、

そのうちの『約40%』に当たる『23兆円超』が、『国債費』に充てられています。

 

 

要は、既に発行している国債の『償還』や『利払い』に消化される費用です。

 

 

この状況でもなかなかのものですが、

 

 

一般会計における『歳出(国家としての年間支出)』は『100兆円』を超えており、

現状、こちらの『足らず』も、毎年『国債発行』による資金調達で賄っています。

 

 

つまり、

 

 

既に『年収(国家においてはGDP)』の2倍超の『借金』を積み上げていながらも、

我らが『日本国』は、毎年毎年、新たな『借金』を積み上げながら国家運営しているのです。

 

 

私たちが置かれる状況が、分かって来られたでしょうか??

 

 

でも、ここで1つの疑問が湧いてきます。

 

 

ロジック(理屈)的には、壊滅的な財政環境であるにも関わらず、

何故、現時点でも『日本国』は危機に瀕していない(ように見える)のか??

 

 

ここにも、きちんと『カラクリ』が有ります。

 

 

一般にはあまり知られていないかも知れませんが、

 

 

世界のいずれのボロック経済圏にも所属していない『日本国』は、

現時点で、発行する『債権』を、ほぼ100%に近い数字『国内消化』しています。

 

 

要は、『国民保有資産』で賄っているのです。

 

 

ただ、私たちは『国債』を毎年購入している感覚は無いですよね??

 

 

4月が明けて新年度を迎えた際にも、

金融機関の窓口に言って、『国債ください』と言った経験は無いはずです。

 

 

それもそのはず、

 

 

新たに発行される『国債』は、私たちが直接購入するのでは無く、

金融機関の保有資産が消化される形で、間接購入させられているのです。

 

 

日本の場合、

 

 

『高度経済成長期』から『バブル形成期』を経て、

『日本経済』が右肩上がりで上昇を続けていた際、

積み上がっていった『国民資産』が潤沢に有ります。

 

 

現時点で、

 

 

それは未だ尽きてはいませんから、

新規発行国債の『購入原資』が無くなるまでは、この『浪費生活』は継続可能なのです。

 

 

しかし、

 

 

懸命な公式ブログ読者の皆さんはお分かりになると思いますが、

物事の道理から考えても、そのような異次元状態が継続できるとは思えませんよね。

 

 

実際、

 

 

上記『購入原資』は年々枯渇する方向へと向かっており、

『あと10年もしないうちに、新発国債は消化出来なくなる』と言われています。

 

 

確かに、

 

 

日本国が保有する建物・土地等の『不動産資産』であったり、

対外債権等の『流動資産』を現金化すれば対応可能であるという話もあります。

 

 

しかし、

 

 

ここが『理屈』と『現実』が違う難しいポイントで、

『不動産資産』も買い手がなければ『無用の長物』となり、

『対外債権』も償還されなければ簡単に『不良化』します。

 

 

そう考えると、

 

 

純粋に、自国の『経済体質』として浪費癖が付いている点が痛くなり、

ここまで積み上げてしまった『借金』は、返済不能(デフォルト)に陥る可能性が高くなります。

 

 

『日本』と『ベネズエラ』。

 

 

遠く離れたこの2国は、その状況に陥った過程は違えど、

両国とも、現時点で、既に『経済危機』に瀕しています。

 

 

こちらもよく使う例えですが、

 

 

日本は、なまじ経済的体力があるので危機に見えませんが、

『沈黙の臓器:肝臓』と同じく、症状が顕在化した時には、一気に『終焉』を迎えます。

 

 

そういった事実もしっかりと理解しながら、

国民一人一人が真剣に考え、『資産形成』に臨まれることを願っています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮3月25日(月)、大阪・梅田3月27日(水)の日程にて開催します。

 

 

■2019年3月25日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年3月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile