『日本人』の多くが、『負け組(非投資家)』に甘んじる理由。

今日のテーマは、『日本人の多くが、負け組(非投資家)に甘んじる理由』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『資産形成(投資)をしなければ、即、負け組となる理由』と題して、

古今東西、いかなる世の中においても『資産形成(投資)』する事の重要性をご紹介しました。

 

 

個人的に、

 

 

シンプルに、分かりやすく書き進めさせて頂いたと思うのですが、

公式ブログ読者の皆さんは、ご理解いただけたでしょうか??

 

 

少しだけ振り返ると、

 

 

過去300年ほどの経済データが示す通り、いつの時代も、国境を越えて、

『g(経済成長)<r(投資リターン)』の公式は『真理』として成立します。

 

 

要は、

 

 

『労働収入』の上昇率より、『投資リターン』のそれが、

いつの時代においても、上回っていると理解して頂けたら結構です。

 

 

この『真理』が解明されている状況で、

 

 

『資産形成(投資)』を実行されていない方々については、

『時代錯誤』過ぎて、私には、その感覚が理解できません。

 

 

他の事例を挙げるとすれば、

 

 

新幹線、飛行機がある社会で、未だに『飛脚』を使ってお江戸に上り、

スマートフォン全盛の世の中において、『狼煙』で情報伝達する感覚でしょうか。

 

 

学生時代を振り返った事例では、

 

 

数学の問題集を解いている際、解答が『2』と教えられているにも関わらず、

自ら『他の解答』を探し求めて、延々と計算を繰り返しているようなものか。

 

 

兎に角、『無駄』の一言に尽きます(笑)

 

 

このような状況にも関わらず、

 

 

私たち『日本人』の多くは、未だに『負け組(非投資家)』に甘んじていますよね。

 

 

それは、何故なのか??

 

 

そもそも、

 

 

私が生まれる以前のことは分かりませんが、直近30年間ほど、

『日本人』は、『金融・経済オンチ』と言われ続けていますね。

 

 

実際、

 

 

2020年現在でも、保有資産の現預金比率は『50%超』を記録し、

自らの保有資産の殆どを『キャッシュ(現金)』として保有しています。

 

 

これは、

 

 

日本以上に『インフレ・ベース』で推移している、

海外諸国の感覚からすれば、『理解不能』な領域です。

 

 

数年前、

 

 

日銀統計データ・集計ミス公表の際にも明らかになりましたが、

国民が株式市場に投入している金額(70兆円超)についても、

2012年以降、上昇することなく、その数字を維持し続ける結果となっています。

 

 

つまり、

 

 

国民の『投資熱』は、まったく変化していない(低いまま)という事です。

 

 

一般的には、

 

 

『日本』における義務教育課程で、『お金』『金融』『経済』等について、

実践的な『学習』の機会が、一切、排除されていることが理由と言われますよね。

 

 

確かに、

 

 

上記科目は、優秀な学生であればあるほど『睡眠』の時間に充当されますし、

大学入学後も、『経済・金融』を語る教授自身が経済的に恵まれていません。

 

 

これでは、

 

 

『野球』が下手な人間に指導を仰いで、『プロ野球選手』を目指すようなものです。

 

 

また、

 

 

農耕民族特有の『国民性』を指摘されるケースもありますが、

個人的には、それだけで『理由』を確定することには疑問が残る、、、、。

 

 

何故なら、

 

 

学生時代から『金融・経済』を学習している(はず)海外諸国においても、

その国の国民が、全てが全て、『優秀』だとは言えないと感じるからです。

 

 

世界の覇権国に君臨する『米国』も、

 

 

『3億人』を超える人口の『4分の1』に当たる、

『約7000万人』がフード・チケットに依存して生活していますよね。

 

 

要は、『4分の1』もの国民が『生活保護』を受けているという事です。

 

 

そんな国民の、どこが『優秀』だと言えるのでしょうか、、、、。

 

 

話を戻すと、

 

 

私たち『日本人』が、何故『負け組(非投資家)』に甘んじているかと言うと、

それは、シンプルに『日本経済』が成長(株価上昇)していない為と考えます。

 

 

表現を変えると、

 

 

私たち『日本人』は、自身の『周りの人間』で、

『資産形成(投資)』により成功している(*)人を知らないのです。

 

 

*『人生を豊かにする』の意味。

 短期的観点で、『瞬間最大風速』的な利益を上げることを意味しません。

 

 

『株式市場』を注視している方はご存知でしょうが、

 

 

最近、日本においても『株式市場』が上昇していると言えど、

やはり、海外諸国の『上昇幅』と比較した際、『見劣り』するのが事実です。

 

 

現実に、

 

 

『日経平均株価』/『NYダウ平均株価』(*共に米ドル換算)の推移では、

好調に見える『2019年』を以ってしても、完全に『負け越して』おり、

上記数値の『ピーク値』は、4年半前の『2015年8月』まで遡ります。

 

 

むしろ、

 

 

『米国市場』の過去最高値更新を受けて、

昨年(2019年)終盤からは、下落に拍車がかかっているのが実情です。

 

 

他にも、気になる報道は出ていて、

 

 

内閣府から公表された平成30年(2018年)度『国民経済計算年次推計』では、

一般家庭・自営業を合計した『家計資産残高』は、前年比で『▲0.9%』減少しています。

 

 

これは、日本の『株式市場』低迷がダイレクトに影響したと言われています。

 

 

その理由は、

 

 

『海外投資家』達の『日本市場』に対する関心減退が影響していると考えられ、

『少子高齢化』『人口減少』進む国家に対して、誰も『楽観視』していません。

 

 

この点については、

 

 

先日ご紹介した、日本特有の『雇用形態(年功序列・終身雇用)』により、

日本企業の『国際競争力』が奪われている事も影響していると言われます。

 

 

しかし、

 

 

それ(日本市場の低迷と、投資成功者を知らない事)を理由に、

読者の皆さん自身が、『負け組(非投資家)』に甘んじるのは違います。

 

 

経験的にお伝え出来ますが、

 

 

『資産形成(投資)』を有効活用して生きていくことで、『人生』は、

世間一般とは、全く異なる『世界観』をもって進み始めることになります。

 

 

それを求めていないと言われれば、『それまで』で終わりですが(笑)

 

 

『資産形成(投資)』を取り入れる事により、

『自由度』を高めて、自ら『人生』を切り開いて生きていこう!!

 

 

私がお伝えしたいメッセージは、その1点です(^ ^)

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮1月28日(火)、大阪・梅田1月29日(水)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年1月28日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年1月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile