『日本経済』に仕込まれた1つの『時限爆弾』★

今日のテーマは、『日本経済に仕込まれた、1つの時限爆弾』です(^_^)★

 

 

『時限爆弾』という、物騒なワードを使ってしまいました(笑)

 

 

しかし、

 

 

個人的には大袈裟な例えではないと考えるので、

このままのワードで進めていきたいと思います。

 

 

先日の公式サイトブログでは、

『財政健全化、本気ですると思ってますか??』という記事を書きました。

 

 

*『財政健全化』、本気ですると思ってますか??*

 

 

2000文字以上の記事を数行に要約すると(笑)、

 

 

日本政府の行う財政活動は、

恒常的に年間収支が『マイナス』になってしまっている。

 

 

現時点で地方債も合わせた国の債務合計は1260兆円に迫り、

これは、GDP比250%もの超巨額な負債であること。

 

 

この負債レベルで、過去、無傷で立ち直った国家は無い。

 

 

この恒常的な『マイナス』は、今後削減するどころか増大し、

日本経済は、近い将来大きなターニングポイントを迎えること。

 

 

以上です(^_^)

 

 

要約を整理していくだけでも、

なかなか危機的な状況が伝わってくるのでは無いかと思います。

 

 

でも、ここで1つ疑問が湧いてきますよね。

 

 

そう、ここまで財政的には危機的状況にも関わらず、

現在の日本は、それほど深刻なムードが漂ってないからです。

 

 

より正確に言うと、

 

 

知識がある人、経済に詳しい人達は気付いているけど、

その他大部分を占める『一般人』の方々には、

その深刻ムードが感じにくくなっています。

 

 

先月8月も全国的に晴天に恵まれ、夏のレジャーは大盛況。

 

 

お盆期間は高校野球の甲子園大会も盛り上がり、

夏の暑さが和らいだここ数日からは、とても過ごしやすい季節になってきてます。

 

 

実りの秋には多くのレジャー予定が控え、

年末年始には、また多くの楽しいイベントを計画している人も多い事でしょう。

 

 

そう、今まで自分たちが過ごしてきた時間と、

まったく同じような、どこか平穏な雰囲気が流れているのです。

 

 

本当に、私が言うように、

『日本の財政』は危機的な状態なのでしょうか??

 

 

ここにも、皆さんが『危機感』を感じにくくなっている、

1つの『カラクリ』がしっかりと存在しています。

 

 

『井上耕太事務所:公式サイト』ブログの、

コアな読者の方々は、これまでも何度かお話しして、記憶にあるかも知れません。

 

 

今、日本は、『財政ファイナンス』という経済界の『禁じ手』を使っています。

 

 

税収等を含めても全く足りない一般会計予算のギャップを、

毎年、新規に国債発行してまかなっている状態。

 

 

日本政府、日本の財政への信用がある程度あり、

これが適切に消化されている状況であれば、事態はそれほど悪くありません。

 

 

国としての信用が高く、その利回りにメリットを感じれば、

金融機関や機関・個人投資家も積極的に保有してくれるからです。

 

 

しかし、

 

 

現実は決してそうはなっておらず、

現在毎年発行している『日本国債』は、一旦市中金融機関に引き取られた後、

暗黙の了解で、中央銀行である『日本銀行』が請け負っているのです。

 

 

その金額、『年間約80兆円』ペース。

 

 

一般の方々にはあまり馴染みがないかも知れませんが、

 

 

日本の中央銀行である『日本銀行』のバランスシートは、現時点で『約500兆円』。

(*日本銀行が保有する資産総額とお考えください。)

 

 

これを『キャッシュ:現金』で保有していたら、

まだまだ経済的な『余力』は残しているのですが、

現時点で、既に『約420兆円』は国債・有価証券・ETF消化に充てられています。

 

 

つまり、純粋な『現金』としての余力は、後『80兆円』ほど。

 

 

もしもこのまま『年間80兆円ペース』の国債買い入れを進めるなら、

残り1年ほどで、買い入れ原資となる資金が底をついてしまいます。

 

 

一般的な方々にはピンとこないかも知れませんが、

中央政府によるこの『国債買い入れ』があるからこそ、

 

 

財政的には危機的な状況にも関わらず、

国債利回りは低く抑えられ、為替レートも円高水準となっています。

 

 

しかし、

 

 

それも、かなり近い将来に破綻する。

 

 

国債・ETFが、日銀の総資産のほぼ100%買い占められると、

これ以上買い増しすることが出来ない上に、一気に『逆回転』が起こる事が考えられます。

 

 

つまり、

 

 

国債・有価証券・ETFを、

日本銀行が徐々に(??、そうであって欲しい。)市場に対して放出し始める。

 

 

こうなってくると、

 

 

これまで意図的に低く抑えられ続けていた国債利回りは上昇し、

債権のデフォルトリスク増大から、一気に『日本円』という通貨の信用は下落。

 

 

黒田日銀総裁が円安のデッドラインと定めた、

『1USD=125円』も一気に突破して、本来の円安時代が到来するかも知れません。

 

 

日本政府や日本銀行は頑なに否定し続けていますが、

現在、日本は『財政ファイナンス』を実行・継続しています。

 

 

現在の日本レベルに財政が悪くなった国々は、

過去、ほとんどの場面で『国債デフォルト』を起こしており、

 

 

2000年以降の『国債デフォルト』国を列挙していくと、

コートジボワール、ナイジェリア、インドネシア、ドミニカ共和国、パラグアイ、ウルグアイ、ベネズエラなど、枚挙に暇がありません。

 

 

こんな状況を知ったとしても、

全体の『9割』以上の方々は、何も新たな行動は起こさないでしょう。

 

 

『結局、そうは言っても何とかなるでしょ??』

 

 

『て言うか、周りの皆も、特に何もしてないし。』

 

 

本当に、日本人の『赤信号みんなで渡れば』精神は、

世界的に見ても、目を見張るものがあると感じています。

 

 

でも、それ以外の『意識の高い』『1割』の方々には気付いて欲しい!

 

 

現在、日本居住者においては、

『資産運用』によって純粋に資産を増やしていく思考とは別に、

『ジャパンリスク』に対する『備え』の思考も必要と考えます。

 

 

今日の私の話を通して、『このままではまずい!』と気付き、

『具体的に、資産形成をスタートしたい!』と感じた方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください(^_^)★

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

 

それでも、『いきなり個人セッションも勇気がない』という方もいらっしゃると思います。

 

 

その場合は、

 

 

『資産形成』のスタートアップに最適なセミナーを、

来月9月27日(水)19:30より大阪・梅田で開催しますので、

ぜひ、こちらを有効活用頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

■9/27(水)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナー詳細はこちらをクリック*

 

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile