『本を書きたいです!』は正しい目標設定か??

今日のテーマは、『本を書きたいです!は正しい目標設定か??』です(^_^)★

 

 

*この記事は2016年10月に起業塾生限定配信したものを、

 2017年9月に加筆・修正、一般公開したものです。

 

 

毎日の情報発信を心掛けているものの、

ブログを書くことも少しでも空いてしまうと、少し勘が鈍ってしまいますね(笑)

 

 

踊りの『バレエ』は、

普通の練習を『1日』休んでしまったら、

取り返すのに『猛練習3日』かかるそうです。

 

 

小学生の時見たテレビ番組で、神田うのさんがそう話していました(笑)

 

 

私が経験あることで言えば、

野球でも、少し練習を離れてしまったら、ボールを投げる時の指先の感覚が鈍る。

 

 

情報発信においてもこれらと同じことだと思うので、

これからは、できる限り連続して、継続して発信していこうと思います。

 

 

ここから、本題に入ります。

 

 

2016年4月に出版させて頂いたこともあり、

様々な場面で『私も出版したいです!』と声を掛けて頂くことがあります。

 

 

おそらく、

 

 

ほとんどはご自身でビジネスしている方々か

もしくは、今からビジネスをしていこうという方ですよね(^_^)

 

 

でも、

 

 

私は、この言葉に対して、残念ながら、

そこまで前向きに『頑張ってください!』とは言えません。

 

 

なぜなら、

 

 

一度自分で経験してみて、『出版』というのは、

『費用対効果』という面では、個人差がとても大きいと感じたからです。

 

 

私の場合、実際に出版社からお話頂いたのは昨年の今頃。

 

 

それまでコンスタントに情報発信していたこともあり、

『文章を書く』ということに関しては、書くスピードも含めて、ある程度自信はありました。

 

 

それで、当初は張り切って、

『3ヶ月、年内(2015年)には書き上げます!』なんて威勢の良いこと言ったのですが、、、、

 

 

実際に書き始めてみると、書けない、書けない(笑)

 

 

有り難いことに、本業としての『お金のセッション』の予約が、

パンパンに埋まっていたことも大きな要因です。

 

 

それに加えて、

 

 

今まで書いていた『ブログ調』の文章と、

『書籍』の原稿として書く文章では、正直、全く違って勝手が違いました。

 

 

多忙な日々の中、

時間を見つけて図書館やカフェに入り、少しずつ、少しずつ書き進めていく。

 

 

自分が想像していた以上に、厳しい日々でした。

 

 

それで、

 

 

自身で宣言した2015年内という期限を、

結局は『半月オーバー』して2016年1月中旬にまず最初の原稿提出。

 

 

もちろん、

 

 

それで終わりである訳がなく、

校正やレイアウトについての模索、表紙についての話し合い等、

なんだかんだで『半年間』という期間がかかりました。

 

 

それで、

 

 

皆さん、現在が出版不況ということはご存知ですか??

 

 

これは、巷で言われているので知っているでしょう。

 

 

じゃあ、実際に『ビジネス書』というものが、

どれくらい売れたら『売れた!』『ヒット!』と言えるか知ってますか??

 

 

『ヒット!』の基準は、『5000部』程の時代なんですよ(笑)

 

 

そんな中、

 

 

私の著書が、2016年8月、9月の2ヶ月間、

全国6000店舗のコンビニ展開が決まり、

1万2000冊増刷されたことは本当に『ラッキー』な事だったんです。

 

 

例えば、

 

 

あなたの書籍が『1000円』で出版されて、

『印税10%』の契約で、無事『5000冊』売れたと仮定します。

 

 

これで、『印税』として入って来る収入は??

 

 

1000円 × 10% × 5000冊 =『50万円』

 

 

この数字、どうですか??

 

 

半年間かけて『50万円』というお金を稼ぐ。

 

 

1ヶ月当たりに換算したら、『約8万円』となる計算です。

 

 

皆さん、この費用対効果は、『ビジネス』という観点で言えば成功ですか??

 

 

更に、『5000冊』という数字は、ヒットしたレベルの話です。

 

 

世に生み出される殆どの本は、全くその数字に届かずに終わる。

 

 

あなたが『サラリーマン』で僅かな固定収入を得ていたり、

隠居生活を謳歌して、時間を持て余している老人という立場なら、それでもいいです。

 

 

でも、

 

 

もしもまだ現役バリバリで、

自身の『ビジネス』に集中しないといけない段階なら、

『出版』に拘り過ぎるのはいかがなものでしょう??

 

 

幸いなことに、

 

 

私は多くの方々の支援もあって、

発行部数もある程度確保され、印税もある程度頂きました。

 

 

*結局、その印税も国連WFPを通して『学校給食支援』をしているので、

 私自身の『対価』としては、ここではゼロですが(笑)

 

 

前述もしましたが、

大手コンビニの注力書籍にも選んで頂き、そのことでの反響も実際に大きかった。

 

 

しかし、最も良かったと感じた点は、

 

 

『書籍』で終わるのでは決してなく、

その後に『お金のセッション』という、明確なビジネスの『エンドポイント』があったことです。

 

 

もちろん、

 

 

『お金のセッション』を受講してくださった方々は、

私がご提供した情報で、大きな『メリット』を受け取って頂くことが大前提です。

 

 

それがあってこそ、双方にとって『Win-Win』の関係が成立します。

 

 

『書籍を出したい!』

 

 

もし、これがあなたの『人生を懸けた夢』なら、

それを追い求めるのも良いかも知れません。

 

 

もし本当にそうであれば、

『費用対効果』なんて考えず、たった一度の人生なので『やりたい事』をやるべきです。

 

 

でも、人生を懸けた『本当の目標』が、もしもそれじゃないとしたら??

 

 

実際、私は現時点で『出版すること』にそれほど興味はなく(笑)、

 

 

むしろ、『お金のセッション』受講を通して、

多くの方々を『経済的自由』に導く事に使命を感じています(^_^)★

 

 

出版したことは、その導入のための『入り口』を1つ確保しただけ。

 

 

それ以上でも、以下でも無いです。

 

 

実際に、『お金のセッション』を受講してくれる方々が増えた事や、

メールで嬉しい感想を頂くことを思い返すと、私にとっては有効な手段でした。

 

 

でも、これは万人には当てはまりません。

 

 

まず、『出版!』と意気込む前に、

現実をしっかりと見定めて、自身の日々の活動を優先してみてください。

 

 

あなたには、『お金』を頂いて価値提供するだけの、

明確な『エンドポイント』となり得る商品がありますか??

 

 

もしも持っていないとしたら、

そちらを先に練り上げる方が、優先順位は高いですよね(^_^)

 

 

『商品』も何も持っていなくて、

『お店』だけ開いてしまっても、当たり前の話ですが、何も売上げは上がりません。

 

 

ビル・ゲイツのように、

『商品』を持ち合わせていないのに、『セールス』に成功する天才もいますが(笑)

 

 

多くの人が、『スポットライト』が当たるところばかりに集中して、

物事の『本質』が、なかなか見抜けなくなっています。

 

 

私自身は、まず『事業家』でありたい。

この『信念』だけは、これからも変わりません。

 

 

『スポットライト』が当たる所にばかり目が行きがちな人は、

しっかり地に足をつけて、自分の頭で考え、判断・行動してみてください。

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile