『本当に強い人間』は、隠す★

今日のテーマは、『本当に強い人間は、隠す』です(^_^)★

 

 

*この記事は2016年7月に起業塾生限定公開したものを、

 2017年8月に加筆・修正、一般公開したものです。

 

 

今日の記事も、皆さんに読んで欲しいし、

今後の人生でも、絶対に頭に入れておいて欲しいことです。

 

 

昨日、妻と高校野球大阪大会を見に行きました。

*2016年7月15日の話です。

 

 

『PL学園』

 

 

一時休部を前にした『ラスト』の夏です。

 

 

妻が母校で行きたがったというのもありますが、

私個人としても、『一高校野球ファン』として、

自分の目に焼き付けておきたかった試合です。

 

 

2年前から新入部員の募集を呈している『PL学園』野球部は、

今夏の大会も3年生部員『11名』しかいない中での出場です。

 

 

東大阪ラグビー場横の花園球場には、

報道陣含めて約3000人が集まり、

地方大会一回戦とは思えない異様な雰囲気。

 

 

そして、

 

 

PL学園の試合前シートノックが始まると、

その『異様さ』はますます強まっていきます。

 

 

野球をやっている方々はわかるでしょうが、

通常、試合前シートノックは1チーム約7分間。

 

 

内外野全てのベンチ入りメンバーがポジションにつき、

ボール回し、内野ノック、外野ノック、内外野の連携を『7分間』フルに活用して行います。

 

 

試合前の緊張を取る目的と、

内外野で球場ごとのボールの跳ね方を見るのが主な目的。

 

 

実際、対戦相手の『東大阪大柏原』は、

この『7分間』をフル活用してノックを終えました。

 

 

そして、次は『PL学園』の時間です。

 

 

しかし、守備位置についたのは、

キャッチャー入れて内野の『5人』だけ。

 

 

内野は各ポジション1人ずつでノックを受け、

投手はブルペンで投球練習をしています。

 

 

そして、

 

 

外野で出場するメンバーは何をしているかというと、

何故か、控えメンバー(と言っても2人だけですが)と一緒に声を張り上げている。

 

 

正直、

 

 

こんな光景は長い野球経験の中でも全く見たことが無いし、

おそらく、全国的に見ても『前代未聞』だと思います。

 

 

実際、

 

 

球場に集まった多くのお客さんも、

呆気にとられたまま、一通りの内野ノックを終えて時間を残して終わりました。

 

 

この理由、皆さんわかりますか??

 

 

実は、試合が行われていくと、

『野球をやっていた人間にだけ』わかる事実が判明してきます。

 

 

1つの『きっかけ』は、外野フライをレフトの選手が取った際。

何気なく近くのセンターの子にボールを渡して返球しました。

 

 

もう1つは、同じくレフトの選手が後方のフライを取った際。

ショートの選手が、通常より10メートルほど深く追って返球を受け取りました。

 

 

つまり、ショートの選手が通常よりも、

返球を受ける為に、かなりレフトの選手よりに移動していたんです。

 

 

試合全体を通して、ヒントはこの『2点』だけです。

 

 

何か『違和感』を感じますよね。

 

 

そう、レフトの選手は、肩がぶっ壊れています。

 

 

もう、ボールを投げられる状況では無いし、

そんな状態でも、満身創痍でフィールドに立っている。

 

 

これは帰宅してからニュースで知ったことですが、

『PL学園』は出場選手登録が全部で『11名』。

 

 

元々、この時点で余裕は『2名』しかいないことになります。

 

 

しかし、

 

 

神様はどこまでも彼らに試練を与え、何と、

前日(2016年)7月14日の練習中の激突で、

レギュラー選手のセカンドが大腿骨骨折の大怪我。

 

 

さらに、その激突事故で外野の選手も負傷してしまいました。

 

 

そして、

 

 

おそらく、この日の試合でレフトを守った選手は、

前日までは、今大会出場する予定になかった負傷選手。

 

 

つまり、試合が始まる前から、

『PL学園』は『8人』しか選手がいなかったことになる。

 

 

彼らは、この状況で試合をしていたんです。

それも、5年前の大阪代表で甲子園に出場した強豪、東大阪大付属柏原高校相手に。

 

 

7回表に逆転2点本塁打が飛び出した時は、

あわや勝ってしまうのかとさえ思いました。

 

 

それくらい、本当に立派に闘った。

 

 

試合前にシートノックをしなかったのは、

この外野手の負傷を見破らせない為です。

 

 

ただ、

 

 

レフトの選手だけ受けさせないとバレてしまうから、

外野手全体をシートノックに入れず、

何か『異様な』雰囲気のまま終わらせてしまった。

 

 

ここまで隠し通した彼らの『精神力』に、本当に頭が下がる思いです。

 

 

皆さん、この『精神力』がわかりますか??

 

 

自分が『弱み』を抱えてしまった時、

それをじっと隠して耐えきることが出来ますか??

 

 

経営者となって感じることは、

多くの経営者の方々の『精神力の強さ』です。

 

 

一般が方々が大きく狼狽えてしまう場面でも、

何事もないかのように平然と振舞っている。

 

 

私自身、ここ数年毎日休みなく活動しています。

情報発信も3年目に突入しましたが、本当にほぼ毎日アップしている。

 

 

この期間、耐え得ることが無かった、

何も無く健康だったから出来たとでも思いますか??

 

 

様々な慌ただしい場面はいつもありました。

 

 

会社員として二足の草鞋を履いていた激務の時代。

祖父、義理の義姉を亡くしてバタバタだった時期。

ウイルス性腸炎で救急搬送された日もあった。

*この後、2回目の救急搬送もありました。

 

 

でも、表向きはそれを全部隠して活動し続けた。

 

 

対して、

 

 

少し前から違和感を感じてましたが、

起業塾メンバーの皆さんの中には、

『弱み』を簡単に見せてしまう人が多すぎる。

 

 

『会社員の仕事が忙しかった。』

 

 

『体調を崩していた。』

 

 

『今は気分が乗らないので。』

 

 

『自信が無くなってしまって。』

 

 

『これくらいで良いかなと。』

 

 

昨日の『PL学園』の試合を見て、私自身も再確認しました。

そんなもん、『言い訳』にすらならない。

 

 

本当に『強い人間』は、

自身の『弱み』を抱えながらも必死で隠して前に進みます。

 

 

皆さんには、そんな『精神力』がありますか??

 

 

『体調を崩す』こともあるでしょう。

でもね、そんなもん、隠さなきゃ。

 

 

病弱な経営者なんて、聞いたことないし、

決して一緒に仕事をしたいとは思いません。

 

 

昨日の試合、肩がぶっ壊れて投げれない選手が、

何も『言い訳』せずに必死に隠して試合に出てるんですよ??

 

 

私たちが日々経験する『ちょっとした出来事』なんて、

彼の問題からしたら屁でも無いような事じゃ無いですか??

 

 

昨日の試合を見て、それを皆さんに伝えたかった。

 

 

高校生。

 

 

もう自分の半分くらいの年齢の彼らに、

昨日は大切な事を教えてもらいました。

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile