『株式市場』において、『パニック』以上に恐ろしい事。

今日のテーマは、『株式市場において、パニック以上に恐ろしい事』です。

 

 

『コロナ・ショック』を超えて、

『コロナ・パニック』が始まって1ヶ月以上が経過しますね。

 

 

ここまで来ると、

 

 

私自身も、公式ブログ読者の皆さんも、『コロナ疲れ』を通り越して、

精神的にも、『平生』を取り戻されているのではないかと想像します。

 

 

連日連日、

 

 

メディアでは『コロナ騒動』に関連する報道が繰り返されて、

『想定外』となるイベントも連続してくると、

それも含めて『想定内』になって来るのですから不思議です。

 

 

先月(2月)末には、

 

 

全国の教育機関が『一斉閉鎖(要請)』されるという前代未聞の出来事が起こり、

その後、全国的にも、大規模イベント開催の自粛要請が行われる事態にまで発展。

 

 

遂には、

 

 

構想から10年間近くかけて進めてきた『国家的プロジェクト』、

2020年『東京五輪』までもが、通常開催不可能な事態に陥っています。

 

 

1984年生まれ。

 

 

オイルショックも、ブラックマンデーも、日本経済のバブル崩壊も、

更には、アジア通貨危機も、ITバブル崩壊も、サブプライ・ムショックも。

 

 

これまで、

 

 

起こってきた上記イベントを『実体験』した事ない自分にとって、

今回の『コロナ・ショック』は、初めて経験する『経済危機』かも知れません。

 

 

*2008年、社会人スタート元年、『資産形成(投資)』を始めた際、

 幸か不幸か、既に『市場崩壊』は、直前に起こってしまっていました。

 

 

『本当に、こんな事って、起こるんやな』、と。

 

 

『金融』の世界には、とても有名な『格言』があります。

 

 

『ブル(上昇相場)』は、ゆっくりとやって来て、

『ベア(下落相場)』は、窓から飛び出していく。

 

 

実際、

 

 

『投資』をする人間であれば誰でも知っている、この超有名な『格言』も、

単に『知識』として知るのではなく、『体験』として知ることで意味を持ちます。

 

 

本当に、直近1ヶ月の『市場変動』は凄まじいものでした。

 

 

公式ブログでは、何度も取り上げましたが、

 

 

乱高下続く『米国市場』において、代表指数『NYダウ工業株30種平均株価』は、

前日終値比較で『1,000米ドル』刻みで上下動する、『大荒れ相場』を展開。

 

 

『海賊』をテーマにしたハリウッド映画ですら、

ここまでの『嵐』は、なかなか描けないほどの荒れ方です。

 

 

『過去最高』と言われた下落幅も、

 

 

翌週には、その数字を『倍額』で更新するほどの大時化が続き、

最終的に、1ヶ月で時価総額の『30%』を吹き飛ばす事態に陥りました。

 

 

例に漏れず、

 

 

『日本市場』も、世界市場同様、『大幅下落』を受けており、

本日(3月23日)は、小反発して取引終了しているものの、

日経平均株価は『1万6,887.78円』まで下落しています。

 

 

先日まで、

 

 

同指数は『2万4,000円』を目前に控えて上昇していましたが、

今となっては、その『面影』すら感じさせない状況に陥っています。

 

 

日本国内において、

 

 

大規模イベント等の『自粛要請』が解かれる予定であった3月中旬、

この時期を境に、『株式市場』の反転を唱える識者の意見は、想像以上にありました。

 

 

しかし、

 

 

3月も終盤に差し掛かったこの時期においても、

残念ながら、事態はそのように『好転』する兆しを見せてはいません。

 

 

その理由は、

 

 

当初、『発生源』とされた中国・武漢はじめアジア地域では、

感染拡大に対して、一定レベル『終息』が見え始めたものの、

遠く離れた欧米地域で、爆発的な『感染拡大』が見られているからです。

 

 

ここに来て、

 

 

世界全体の『株式市場』で起こっている停滞は、

もう1つ、次の『ステップ』へと進んでしまったのだと感じています。

 

 

冒頭ご紹介させて頂いた通り、

 

 

『NYダウ』が、前日比として『1,000米ドル』刻みで乱高下する状況は、

通常の経済状況では起こり得ない、典型的な『パニック相場』と言えます。

 

 

『株式市場』は、

 

 

よく『美人コンテスト』に例えられる場面がありますが、

市場参加者(投資家)の心理により変動するこのコンテストは、

『パニック相場』ではその『実体』を正しく評価していません。

 

 

自然に考えて、

 

 

『1日』という期間で、世界の『実体経済』が大幅に上下動するはずがなく、

その数値が示しているのは、完全なる『人間の心理的変動』に他なりません。

 

 

つまり、

 

 

『嵐』の最中にあった株式市場で付けられた株価に意味はなく、

私自身、その『評価(株価)』に一喜一憂することは有りませんでした。

 

 

しかし、

 

 

前述の通り、『想定外』が連続して起こることで『想定内』になり、

『平生』を取り戻しつつある株式市場の『低迷』は、少し懸念しています。

 

 

と言うのも、

 

 

現在の市場水準は、『半年から1年後の未来』を示している可能性が高く、

ここまで国家間の『移動制限』が為された経済下では、中長期的に、

『世界経済』全体が低迷することが、高い確率で予想できているからです。

 

 

本日(3月23日)以降、

 

 

余程、市場参加者(投資家)が予測していないレベルでの、

大胆な『景気刺激策』が発表されることを除いては、

『株式市場』の変動幅は、小さくなることが予想されます。

 

 

ただし、

 

 

それは、決して『プラス』を意味するものではなく、

市場参加者全体の見方が、『閉塞感』ベースで展開されていくという事。

 

 

確かに、

 

 

ボラティリティ(変動幅)の大きな『パニック相場』も恐ろしいですが、

それ以上に、『閉塞感』で落ち着きを見せた状態の方が、恐ろしいもの。

 

 

今回の騒動、

 

 

人為的な『ウイルス』による、人為的な『経済危機』と言われますが、

その回復には、当初の予測以上に『時間』が必要なのかも知れません。

 

 

このような状況でも、『希望』を失わずに、淡々と過ごしていきましょう。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮3月25日(水)、大阪・梅田3月26日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年3月25日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年3月26日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile