『正しい』のは、どっち??

今日のテーマは、『正しいのは、どっち??』です(^_^)★

 

 

昨日は、既存クライアントの方々と再会し、

『資産形成』を進める勉強会に参加していました。

 

 

不定期開催のこの会ですが、

私としては、この集まりが本当に大好きです。

 

 

というのも、

 

 

本当に『前向き』で素晴らしい方々が集まって来るから。

 

 

ご参加頂いたクライアントの皆さんも、

 

 

『資産形成』に対する理解も深まることに加えて、

『横の繋がり』を作って頂けて、とても喜んで頂きました。

 

 

そんな会に参加していて、

ふと、考えたことを今日のテーマにします(^_^)

 

 

始めに注釈を書かせてもらうと、

実際には、『正しい』『正しくない』はありません(笑)

 

 

世の中に、唯一無二の『正解』『価値基準』はないことは知っています。

 

 

ただ、それを理解した上で、

敢えて『正しいのは、どっち??』と皆さんに聞きたい(^_^)

 

 

例えば、

 

 

日本人の多くの方々は、

『周りがどうしているか??』を自身の判断・行動基準にしがちです。

 

 

日々のあらゆる判断の場面で、

『皆さんは、どうしていますか??』と聞いてしまう人。

 

 

本当に多いのでは無いでしょうか??

 

 

小学校から始まる長年の義務教育の中で、

『人と合わせること』を多くの人が刷り込まれていきます。

 

 

確かに、集団行動の中では『協調性』は必要ですが、

それによって、『自身の考え』がなくなるのはどうでしょう??

 

 

事実、

 

 

その過程を経て大人になった方々の多くは、

自ら『考え』『判断し』『行動する』ことが恐ろしく苦手になっています。

 

 

いつも、『他の人はどうしてますか??』と聞く。

 

 

『あなたはどうしたいですか??』と聞き返すと、

『皆さんと同じで良いです。』なんて答えが返ってきて(笑)

 

 

でもね、

 

 

本当にこれで良いんでしょうか??

 

 

このように、

 

 

『主体性』『主導権』を放棄した方々の中には、

次のような『間違った』観念があるのだと思います。

 

 

『皆がしていること』=『正しいこと』

 

 

これ、普通の感覚からしたら、間違いですよ(^_^)

 

 

シンプルに考えたらわかります。

 

 

この世の中全て、

 

 

『正しい』判断・決断・行動をしているのは、

紛れもなく『少数派』の人たちです。

 

 

つまり、

 

 

『人と同じこと』を選択しようとしている時点で、

あなたは『間違った』価値基準でいることがわかります。

 

 

1つの例を挙げてみましょう。

 

 

勉強について。

 

 

日本の最高学府『東京大学』『京都大学』。

 

 

それぞれ学生数(学部生)を調べてみたのですが、

『東京大学:13,998人』『京都大学:13,511人』でした。

*共に、2016年・大学の公表データ。

 

 

2つの最高学府合わせて、『約2万7000人』程度ですね。

1学年に直すと、『7,000人』いない計算になります。

 

 

それで、次に考えるのは全国の学生数。

 

 

全国の高校生数は3学年合計で、『約330万人』に上るそうです。

こちらも1学年平均に直すと、『約110万人』ほどです。

 

 

このことから考えると、

 

 

世の中『約110万人』の高校3年生の中から、

最高学府に入れるのは『約7,000人』とわかります。

 

 

実に、その割合『0.6%』。

 

 

実際に出してみるともの凄い低い確率ですね(笑)

 

 

それで、

 

 

ここからが本当に言いたい話なのですが、

その『0.6%』に入っている人達が、

 

 

自らの『判断』『決断』『行動』基準を、

『周りの人がやっているかどうか??』に置くと思いますか??

 

 

いや、絶対にそんなことは無い訳です。

 

 

『周りと同じこと』を選択している時点で、

その人達は『一般人』と化してしまいます。

 

 

彼らが求めていることはもっと『上』で、

『周りがやっていないこと』を率先してやっている。

 

 

だからこそ、

 

 

『世間一般』の人たちとは違う、

『飛び抜けた成果』を叩き出すことが出来ます。

 

 

これは、『スポーツ』の世界でも同じですよね(^_^)

 

 

野球で例えると、

 

 

『大阪桐蔭』や『履正社』のように、

甲子園に出るような高校の野球部が、

 

 

『周りの高校と同じレベルで練習しよう』なんて、

絶対に考えているはずがない。

 

 

もう、その時点で、甲子園には出られない訳です。

 

 

『人と違う行動をとること。』

 

 

『人より上のレベルで行動すること。』

 

 

このことこそが、『成果』を出す唯一の道になります。

 

 

『正しい』のは、常に『少数派』です。

 

 

『多数派』の思考・行動を選択した時点で、

あなたは既に『正しくない』グループに入っています。

 

 

これは、『資産形成』においても全く同じ。

 

 

『皆がやってる』ことをしていては、

多くの人たち同様、経済的自由は手に入りません。

 

 

それどころか、

 

 

今後の日本の財政を考えると、

『下流老人』『老後破産』まっしぐらでしょう。

 

 

それでも良いなら、それは構いません。

 

 

しかし、

 

 

あなたが『正しい』結果を手に入れたいなら、

『少数派』の決断・行動をしていく必要がある。

 

 

私のクラアインとの方々は、とても良い人たちばかりです(^_^)

 

 

普段接しているときは『普通の人達』ですが、

 

 

私の個人セッションを受講しに来る時点で、

普段属されているコミュニティーでは『少数派』の考え方を持った方々でしょう。

 

 

会社、業界、同期入社、同級生、幼馴染み、その他の繋がり、etc.

 

 

それぞれ属されているコミュニティはあると思いますが、

その中でも、他の方々とは違った感性・感覚を持たれている。

 

 

『正しい』思考・判断・決断・行動をするが故に、

各コミュニティーでは『少数派』になっています。

 

 

私自身、会社員時代はフロア100人を超える中で働いていて、

着実な独立準備を進めていたのはおそらく唯一の人間だったでしょう。

 

 

完全に、『周りと同じ行動』は取っていなかった。

 

 

でも、

 

 

だからこそ、人と違った『成果』を達成出来たと言えます。

 

 

あなたの『理想の人生』は、どちらですか??

 

 

『周りの人たち』と同じ行動をして、

『Ordinary People』として生きていきますか??

 

 

それとも、

 

 

もっと『理想』的な人生を引き寄せたいでしょうか??

 

 

もしも後者であれば、

ぜひ『少数派』の思考・行動をしてみてください。

 

 

そうすることで、

きっと『理想の人生』は引き寄せることが出来ます(^_^)★

 

 

そして、

 

 

あなたが『スタート切りたい!』と感じられたら、

ぜひ勇気を持って一歩踏み出し、『お金のセッション』をご受講ください。

 

 

実際に、具体的な『スタート』を切る事で、

人生は希望に溢れて展開していきます(^_^)★

 

 

『お金のセッション』受講に関しては、公式サイトのご紹介ご覧頂けると幸いです。

 

 

 

 

また、

 

 

『いきなり、個人セッションは勇気がない』という方もいるでしょう。

 

 

その方の場合は、『お金』について真剣に考える、

スタートアップに最適なセミナーがあります。

 

 

3月24日(金)19:30-21:00の日程で開催する、

『やってはいけない!金融資産運用セミナーin大阪・梅田』です(^_^)★

 

 

 

 

『具体的に行動したい!』と、

ご興味持って頂ける方は、ぜひご参加ください。

 

 

あなたにとって、最適な『きっかけ』になると思います(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile