『消費税率0%』の導入により、『日本経済』は上向くか??

今日のテーマは、『消費税率0%の導入により、日本経済は上向くか??』です。

 

 

『よもや、ここまでとは思わなかった』

 

 

現在、連載が一時的にストップしていますが、

天才・井上雄彦の大人気漫画『バガボンド』、

植田良平が語る、私の大好きなフレーズです。

 

 

吉岡清十郎、伝七郎の両当主を倒された後、吉岡一門と宮本武蔵が、

『70対1』という異次元の闘いを展開する場面で、放たれた一言。

 

 

自らも顔面の右半分を切り落とされて、意識朦朧とする中、

最後の勝機を伺い続ける植田良平が、側近の蔵人に対して、

『武蔵の覚悟力』を評して語った言葉でした。

 

 

それがそのまま、『新型コロナ・ウイルス』が、

世界市場・実体経済に及ぼす影響についても、当てはまると思います。

 

 

連日お伝えし続けていますが、

 

 

『直近1ヶ月』ほどの僅かな期間に、日本・米国を始めとした、

世界の『株式市場』において、その時価総額の『30%』が失われました。

 

 

『資産形成(投資)的観点では、今が仕込み時期』

 

 

私自身、公式ブログでも、そのようにお伝えし続けてきましたが、

それは、現在の『株式市場』が、『底値』を打つという事では決して有りません。

 

 

『株式市場』自体、

 

 

『ロジック(理論)』ではなく『行動経済学(感情)』で動くものなので、

人々の『恐怖心』が収まり切るまでは、変動相場も継続し続けるでしょう。

 

 

世界中誰一人として、

 

 

『どのタイミングが、底値か??』という質問に答えられる人はおらず、仮に、

その時期をジャスト言い当てたとしても、『ギャンブル』に勝ったに過ぎません。

 

 

約12年前、

 

 

『サブプライム・ローン』に端を発する金融危機が起こった2008年、

米国を始めとする『金融市場』は、一瞬、息を止めてしまった訳ですが、

年間トータルでは『40%超』もの資産が失われた時期がありました。

 

 

今回も、着々と、その『数字』に近付いてきましたね。

 

 

中国内陸の『武漢』という街で、新型肺炎が流行している。

 

 

その話題が、一般に出始めたのが『2月初頭』と記憶しますが、

当時から考えると、本当に、もはや、ここまでとは思わなかった。

 

 

冒頭、

 

 

ご紹介させて頂いた、吉岡一門筆頭・植田良平の言葉は、

『という事は、俺も守られてきた人間の一人という事か』と続きます。

 

 

前述の通り、

 

 

その影響をモロに受け続ける、我らが『日本経済』ですが、

ここに来て、大胆な『経済刺激策(案)』の政治家の方々から出て来ています。

 

 

本日の『タイトル』にも、採用させて頂きました。

 

 

『消費増税0%』の、一定期間の『新規導入』です。

 

 

ご存知の通り、

 

 

2度の延期を経験しながらも、昨年(2019年)10月、

賛否両論ある中で、『消費増税10%』は実現に漕ぎ着けました。

 

 

私自身、

 

 

『景気減速』は、当然、あるとしながらも、

『日本財政』を考えた際、この流れは必然と考える『肯定派』です。

 

 

しかし、

 

 

恐らく、日本政府も想定していなかったと思いますが、

導入から半年経過しない間に、『未曾有の経済危機』がやって来てしまいました。

 

 

もしも、

 

 

今回の『コロナ・ショック』が、導入前にやって来ていたとしたら、

『消費増税10%』というイベントも、『再々延期』されていたと予想します。

 

 

ただ、

 

 

実際は、その『導入直後』に到来してしまった為、

日本政府としても、その対応に苦慮する事態に陥ってしまっているのです。

 

 

『消費税0%』案自体は、

 

 

与党・若手有志議員から提案が出はじめた案のようですが、

当初、党幹部から『荒唐無稽』と評価されたこの案も、

事態収束が見えない中、無視できない状況になっています。

 

 

安倍首相、甘利明党税調会長、両者間で話し合いが進められており、

今月(3月)中には、何かしらの『結論』が発表される模様です。

 

 

しかし、

 

 

参院財政金融委員会において、麻生太郎財務相兼・副総理は、

『直ちにゼロ%にする発想はない』と述べており、今後も動向に注目する必要があります。

 

 

このように、

 

 

日に日に『現実味』を帯び始めた『消費税0%』という新提案ですが、

もし仮に、これが『実現』したとして『日本経済』は上向くのでしょうか??

 

 

実際、公式ブログ読者の皆さんは、どうお考えですか??

 

 

私自身、残念ながら、この質問に対する回答は『否』と考えます。

 

 

例えば、

 

 

ノーベル経済学賞を受賞した、ダニエル・カーネマンの研究によると、

人間は、経済的観点でも『痛み』を『快楽』の2倍感じ易いと言われています。

 

 

つまり、

 

 

『消費増税10%』の導入(痛み)が『景気減速』に影響力を与える一方、

『消費税0%』の新導入(快楽)が与える影響は、悲しい哉、感じにくい。

 

 

また、

 

 

『景気循環(消費傾向)』は、経済状況の『長期展望』に依る所が大きく、

その『リスク(不安)』が軽減しない事には、上向くことは有り得ません。

 

 

皆さん自身も、

 

 

少し『イメージ』して頂けたら理解できると思いますが、

『消費税0%』が実現しても、雇用・収入に不安があれば、

そう簡単には、『消費意欲』は湧いて来ないですよね??

 

 

他にも、

 

 

国民一律に『現金給付』する案も出て来ているようですが、

上記と同様の理由で、仮に実現したとしても、効果は『限定的』と考えます。

 

 

今日の記事で、

 

 

決して、間違って伝わって欲しく無いのは、私自身、

この経済危機の状況下で、『政府批判』を展開したい訳では無いということ。

 

 

正直、

 

 

今回の件において、政治家の先生方に『責任』は全く無いですし、

現在のような状況は、もはや『人』の力を超越した領域の話です。

 

 

異なる理由であるにせよ、10年に1度ペースでの『経済危機』は、

これまでも到来していましたし、これから未来の世界でも必ず来る。

 

 

その状況で、

 

 

大切なのは、誰かが何とかしてくれるという『依存心』を捨てて、

平生時から、自助努力で着実に『経済的余力』を蓄えておくことです。

 

 

巷には、

 

 

各種助成制度や、事業者向けの融資制度の拡充が進められていますが、

後者などは特に、単純に『借金』を増加させるだけで、根本解決には至りません。

 

 

繰り返しになりますが、今回の『経済危機』を乗り越えた後にも、

私たちが人生を生きていく中で、同様の事例は、何度も訪れます。

 

 

その事実をきちんと理解し、今回のイベントを『契機』として、

人生に対する、自らの『スタンス』を変化させてみてください。

 

 

『天は、自ら助る者を助く』

 

 

この言葉も、冒頭のフレーズ同様に、私の大好きな言葉の1つです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮3月25日(水)、大阪・梅田3月26日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年3月25日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年3月26日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile