『生きる姿勢』が、その人の『経済状況』を反映する★

今日のテーマは、『生きる姿勢が、その人の経済状況を反映する』です。

 

 

どうでしょうか??

 

 

このタイトルを聞いて、素直に納得出来ますか??

 

 

『お金の世界は、知っているか、知らないかだ。』と表現されます。

もしかしたら、聞いた事があるフレーズだという方もいるかも知れませんね。

 

 

ただ、

 

 

私は、この表現は『真実』は表し切れていないと考えます。

 

 

確かに、

 

 

情報として『知っている』『知らない』で大きな差がある事は事実です。

 

 

しかし、

 

 

いくら情報として『知っている』状態であっても、

実際にその人が『行動』しなければ、人生は何一つ変化しないからです。

 

 

世の中には『お勉強マニア』になる方々が溢れていますが、

実際に『資産形成』できる人が少ないのは、このような理由からです。

 

 

今日も、面談希望いただいたクライアントさんとお会いしていました。

 

 

事前に資産状況を教えて頂き、メールやり取りしてお会いするのですが、

個人面談まで進まれた方々は、『覚悟』が決まっていて、話が早いです。

 

 

ご紹介者がいらっしゃったり、公式ブログもしっかり読み込んでくださるので、

もともと『信頼関係』が強く成立しているという理由もあります。

 

 

提案させて頂いた情報を素直に受け取り、健全な疑問を持ち、適切な質問をしてくださる。

 

 

その上で受け入れ、『行動』に移されるスピードも早い。

 

 

そういった方々を見ていると、いつもとても嬉しく感じますし、

『この行動力があるからこそ、上手く行くんだな』と改めて考えてしまいます。

 

 

要は、皆さん、『主体的』に自分の人生を生きているんですね。

 

 

誰かに『責任転嫁』するわけでは決してなく、

常に、自ら『判断・決断』して進み、『責任』を取る覚悟を持って行動している。

 

 

そういった『生き方のスタンス』だからこそ、今の経済状態も恵まれているし、

『好循環のスパイラル』に巻き込まれて、さらに次元上昇していくのです。

 

 

対して、

 

 

面談に至らない方々を見ていて共通するのは、

どうしても、人生を『主体的』に生きているようには見えないという点です。

 

 

彼ら、彼女らの多くは、『自分以外の誰か』に期待し、

『責任』を取ることなく、『主導権放棄』してしまっている方々も多くいます。

 

 

多少の年齢の違いはあると言えど、現在の『保有資産』の総額は、

社会に出てから、あなたの『大人としての成績表』と言っても良いと考えます。

 

 

働くことによって得られる収入は、『社会に提供した価値』ですし、

『お金』を使う場面では、『社会から提供されたサービス』の対価として支払います。

 

 

『保有資産』が多く保たれている方々は、『社会に対して提供した価値』が多い方々。

つまり、大きく社会の役に立っている、良い方々です。

 

 

反対に、

 

 

『保有資産』をほとんど持たない方々というのは、

自身が『提供した価値』に対して、『社会からのサービス』を受け過ぎです。

 

 

この両者の『バランス感覚』を保つ事が、『お金を扱う能力』と表現されることもありますね。

 

 

それで、

 

 

(*ロジックが成立するかどうかはわかりませんが、)

『保有資産の低い人』『経済状況の良くない方』は、

『主体性』を失っていると感じる場面が多々あります。

 

 

『自分は、経済的に恵まれた家庭に育っていないから。』

 

 

『自分の周りも、経済的に恵まれている人がいないから。』

 

 

『生まれ育った環境が良くなかったから。』

 

 

『就職した会社が、収入が低いから。』

 

 

『病気をしてしまったから。怪我をしてしまったから。』

 

 

『周りに不幸があり、自身も落ち込んでしまったから。』

 

 

『過去にトラウマがあるから。その状況と同じだから。』

 

 

『自分は嫌だと感じたから。あなたに責任があるから。』

 

 

などなど。

 

 

自身が『前向きな行動』を起こさない(起こさなくて良い)理由を、

自分の周りのあらゆる物事・人物に『責任転嫁』し、頑なにその場所に留まります。

 

 

稀に、私自身に『責任転嫁』してくる方もいらっしゃいますね。

 

 

そのことは、正直、どうだって良いんです。

 

 

私に、そのことによる『実害』はほとんど無いですし、

心の弱い方々の『スケープ・ゴート』になることは、気に留めていません。

 

 

しかし、

 

 

私が『問題』だと感じるのは、誰かに責任転嫁して逃げても、

その人本人の人生にとっては、『課題』は何一つ解決していないという事です。

 

 

例えば、

 

 

日本の財政状況からいえば、

『公的年金システム』『社会保険システム』が立ち行かなくなることは目に見えています。

 

 

その状況で、

 

 

国民一人一人に出来ることは、シンプルに、『自ら資産形成していく』という事だけです。

 

 

これまで国家、所属する企業が用意してくれた、

『セーフティー・ネット』は軒並み機能しなくなります。

 

 

これもセミナーや個人面談等でいつもお伝えする事ですが、

『資産形成をしていない』という事は、『人生を放棄している』と全く同義なのです。

 

 

確かに、

 

 

収入を得て、日々の生活を成り立たせた上に、

将来に向けて『資産形成』する事が簡単では無い方々もいるでしょう。

 

 

でも、

 

 

だからと言って、『資産形成しなくて良い』という事にはならず、

今、逃げて、『リスク』を先延ばししても、顕在化する場面ではもう挽回不可能になるのです。

 

 

『決断』せず、『行動』を起こさずに去って行った方々を思うと、

『彼ら、彼女らは、この先一体どうするつもりなのだろう??』とふと考える事があります。

 

 

これは、

 

 

日本国に内在し、近い将来明らかになる『大きな闇』で、

『破産予備軍』『経済的困窮者予備軍』は、私たちの想像以上に存在しています。

 

 

隣に住んでいる人、会社で横のデスクにいる人がそうかも知れないし、

もっと言えば、あなた自身がその可能性を秘めているかも知れません。

 

 

悲観的な話ではありませんが、『人生』は、誰かが助けてくれるものではありません。

 

 

自ら『覚悟』を決めて進み続けることで、自ら切り開いて『希望』を得ていくものです。

 

 

もし、あなたに『責任転嫁』する癖があったら、

『生き方のスタンス』から変えていくことをお勧めします。

 

 

『自ら主導権を持ち、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は4月24日(火)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年4月24日(火)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile