『生活への影響』、わかってる??

元MR(製薬会社営業)の独立系ファイナンシャルプランナー★
現在『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です(^_^)

『無料PDFプレゼント』のご案内をします(^_^)★

公式サイトにて、メールアドレスをご登録頂いた方々限定で、
『資産形成を考える不滅の真理』を配布スタートしました。

★公式サイト:プレゼントご案内ページはコチラ★
http://michiamokota0421.com/present-pdf/

*ぜひぜひ、登録よろしくお願いします(^_^)
*登録アドレスはPC受信可能なものでお願い致します。
 (gamil、yahoo!mail、hot mail等も可能です。)

メールアドレス登録して頂いた方限定で配信させて頂くPDFは、
『資産形成』を考える最重要ポイントを、
シンプルかつ本質を捉えてまとめさせて頂いたものです。

独立系FP個人事務所を開設し、
累計100組以上の方々のプランニング相談を受けてきました。
その経験から見えてきた『資産形成』のエッセンスが凝縮されています。

『お金持ちの考え方をインストールしたい!』
『周りに引き寄せる人脈・チャンスを変えたい!』

そんな方々にとって良い『きっかけ』となるので、
ぜひ『無料プレゼントPDF』をGET!してみてください(^_^)★

今日のテーマは、『生活への影響、わかってる??』です(^_^)★

今日の午後、日銀金融政策決定会合が終わりましたね。

黒田日銀総裁も会見してましたが、
わかりやすく言うと『概ね現状維持』。

『マイナス金利の深掘り』も『追加の金融緩和』も、
今回の会合では決定されませんでした。

若干、意識されたのは『国債利回り』。

特に、『長期金利』の1つの指標とされる、
『10年もの新規発行国債』の利回りを『0%』に戻そう、と。

現在の利回りは『マイナス』ですから、
ロジック的には、国に10年間『お金』を貸して元本割れです(笑)

『10年間』という期間『お金』を貸してるにも関わらず、
利子受け取りを乗せても、償還が購入価格を下回る。

どれだけ、『異常』な状況かわかりますよね(^_^)

今回、『現状維持』とともに発表された方針は、
この『異常な状態』を少しでも正常に戻そうということ。

まずは、『10年もの』の『利回りゼロ復活』がその基準です。
まあ、それを達成してもまだ『異常』な状態ですが(笑)

『どうやってやるの??』
『なんで、日銀の決定でそんなことが??』

と、疑問に思われる方もいるかも知れません。
でも、実は日銀の意思でシンプルに出来ます。

現在、国債利回りが『マイナス』になっているのは、
金融機関に引き取らせた『国債』を、日銀がそれ以上の価格で買い取っているから。

だから、『10年もの』の購入量・価格を制限することで、
その利回りも比較的シンプルにコントロール出来ます。

今でも『年間80兆円ペース』で国債買い入れしてますが、
それを今後は超長期・短期に振り分けて購入していく。

日銀の財源も決して『無限』ではないので、
この手法もいつまで通じるかは疑問もありますが(^_^;)

ところで、年初から続く『異次元』な状況ですが、
皆さんは『生活への影響』を理解されてますか??

さすがに、最近は物価への影響も顕著に出るため、
『為替』の動きが生活に直結するのはわかりますよね(^_^)

じゃあ、ここまでずっと話してきた『利回り』については??

これも、皆さんの『将来』に大きな影響を与えます(^_^)

例えば、国内で営業許可を取っている金融機関は、
暗黙の了解で『日本国債』を引き受けることが決まっています。

『銀行』『保険』『証券』などなど。

わかりやすいのは『保険』なんかで、
『積立(返戻金あり)』の場合の運用には少なからず『国債』が入ってます。

つまり、『国債』の利回りマイナスは、
『補償』に対して大きな影響を与える。

皆さん、保険加入の際に発行された証券があると思いますが、
そこには概ねの『予定利率』が書かれているはずです。

チェックしてない人、すぐに確認してください(笑)

それで、ここ最近どんどん利回りが低下するから、
今年の4月くらいから保険会社も悲鳴を上げ始めてます。

『このまま行ったら、とても予定利率は払えない』と。

証券会社の『投資信託』なんかもそうです。
こちらも少なからず、『国債』が入ってますよね。

また、皆さんの『年金』の運用もそうです。

だいたい、公的年金は『年率3-4%』で回ることを想定して運用してます。

『GPIF』が国債保有割合を下げたと言っても、
今でも全体の約30%ほどは『日本国債』を持ってる。

皆さんの企業年金の運用基金は、
もっと保有しているところもあるかもですね(^_^)

その中心的存在『国債』が、
利回り『マイナス』とか『ゼロを目指す』とか言うてる事態です。

どうですか??

なんとなく、わかってきましたか??

そう、つまり、このまま『超低金利』が続くと、
タイムラグを置いて、将来の皆さんの生活に多大なる影響があります。

『年金』を受け取ろうとしたタイミングで、
予想していた金額がもらえない、とか。

今、そういう事態なんです。

一時の『住宅ローン金利低下』なんかに、喜んでる場合じゃない(^_^)

自分の生活への影響も、長期視点でしっかり見ていきましょう!

これからの時代、『資産形成』は自身の力でする時代です(^o^)!

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile