『社会保障費』の問題も、瀬戸際まで追い込まれている。

今日のテーマは、『社会保障費の問題も、瀬戸際まで追い込まれている』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『崩れ去る終身雇用を、あなたは信じ続けますか??』と題して、

この前まで、『常識』として存在していた『終身雇用』が、遂に、

『日本』から消える時代が、公表された報道をご紹介しました。

 

 

これまで、

 

 

『一生安泰』の代名詞と思われて来た、一部上場大企業や経団連において、

そのトップの方が『終身雇用は無理だと考えている』旨を公表しています。

 

 

これが、全ての『答え』だと考えます。

 

 

『人生100年時代』

 

 

一見すると、『喜ばしい未来』が到来したかのように思えますが、

『超・少子高齢化』が進み、『社会保障制度』が崩れるこの国で、

国民が『長生き』する事は、誰も手放しでは喜ぶ事が出来ません。

 

 

『私たちの親世代』において、

 

 

『常識』と考えられていたものが次々と崩れ去り、

『新たな常識』が作られる時代を、『私たちの世代』は生きているのです。

 

 

そこで、

 

 

『終身雇用』同様に、『国』の上げての問題となってくるのが、

公式ブログでも度々言及している『社会保障費』に関する課題です。

 

 

コア読者の方々はご存知の通り、

 

 

『年金』『健康保険』に代表される『社会保障費』は、

現在、『年間30兆円超』の大台を突破し、その予算は年々拡大し続けています。

 

 

国の状況を考えれば、当然ですよね。

 

 

この『社会保障費』の増大がストップする気配が無いので、

諸々、要因は他にもあるものの、国家の『歳出』は増大し続けています。

 

 

対して、

 

 

『税収』に代表される『歳入』は飛躍的に伸びるはずも無く、

現在の日本国は、長年継続した『借金体質』が抜けきらない状態になっています。

 

 

具体的には、

 

 

『年間約40兆円』という莫大な金額を、

毎年、『新たな借金』として積み上げながら『国家運営』が進んでいる状況です。

 

 

しかし、

 

 

そのような『異次元状態』が、未来永劫、継続できるはずが無く、

あらゆる分野での『破綻のサイン』は、発信し続けられています。

 

 

先日も、決して『無駄』だとは言いませんが、

『苦肉の策』としか考えようの無い、対応策に関する報道が出ていました。

 

 

次のようなものです。

 

 

『70代の認知症割合、2025年までに6%減 政府が数値目標』

 

 

推計によりかなり『バラツキ』は有りますが、

 

 

目標としている2025年現在、このまま行けば、

日本全体では『約700万人』の方が認知症患者となると言われています。

 

 

今回、

 

 

政府から発表のあった大綱は2本柱であり、1つは認知症の『予防』、

そして、2つ目は認知症を発症した人が暮らしやすい社会を目指す『共生』です。

 

 

私自身、

 

 

20代で製薬企業に勤めていた時期に、取得しましたが、

『オレンジリング』で有名な『認知症施策推進総合戦略』が有りますよね。

 

 

確かに、

 

 

『認知症』の患者さんを身近で介護された経験のある方は分かりますが、

医療分野には限界があり、包括的な『ケア』という概念は不可欠な分野です。

 

 

ただ、

 

 

全ての国民に『十分な対応』をしようと思えば、『お金』の問題は避けられず、

高齢者数が増加し、認知症患者さんがこのまま増大し続けたら、更なる『財政圧迫』は必須です。

 

 

では、

 

 

今回、政府が発表した『認知症患者さん6%減』プロジェクトで、

その実現に向けて、何か『具体的な方法』は存在するのでしょうか??

 

 

残念ながら、この質問に対する回答は『否』です。

 

 

高齢者が通う『運動教室』や『サロン活動』『学習講座』等の普及推進に加え、

国内外の研究成果から知見を集めて『予防の手引』を作成する事、そして、『新たな予防・治療法』の開発を進める事。

 

 

上記のような文言は掲げられていますが、

 

 

各項目を『因数分解』してみても、

『じゃあ、具体的な策はあるのか??』と聞かれたら、首を横に振るしか無い状況です。

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、

 

 

私がお世話になった『エーザイ』という製薬企業では、

業界をリードすると期待されていた認知症薬の開発が、

先日『中止』と発表され、2日連続の『ストップ安』を記録し株価が暴落しました。

 

 

5年ほど前、

 

 

まだ、私が所属していた頃から、様々な会社で治療薬開発が進められましたが、

ここ10年を超える期間、『有効な治療薬』が開発されていないのが実情です。

 

 

現在の主流は、

 

 

脳に沈着する『βアミロイド淡白』の除去を機序としていますが、

そもそも、この『根本』から概念を覆していかなければいけないのかも知れない。

 

 

若しくは、

 

 

言葉は良くないですが、『長生き病』の代表ともされる同病は、

『解決できない病気』として、『ミエナイチカラ』が働いているのかも知れない。

 

 

話を元に戻します。

 

 

このように、『苦肉の策』としか言いようのないものに頼るしかない程、

『社会保障費』削減の具体的解決方法は、暗礁に乗り上げている状況です。

 

 

誰が良い・悪いという話では無く、『しょうがない』という話。

 

 

何れにせよ、『社会保障費』の増大はこれからも止まらず、

既存の『社会保障システム』に頼る事を『アテ』にした、

『ライフプランニング』は危険が有り過ぎるという事です。

 

 

その事をしっかりと理解し、公式ブログ読者の皆さんが、

自助努力での『資産形成』に臨まれる事を願っています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮5月24日(金)、大阪・梅田5月27日(月)の日程で開催します。

 

 

■2019年5月24日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年5月27日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile