『禁断の果実』に手を出してしまったら、『財政健全化』は終わり。

今日のテーマは、『禁断の果実に手を出してしまったら、財政健全化は終わり』です。

 

 

先日の公式ブログでは、

 

 

『短期楽観・長期悲観という、自己中心的なシナリオ』と題して、

債券市場の現在の状況から、『人間の本質的思考法』についてご紹介しました。

 

 

少しだけ振り返ると、

 

 

現在、世界中で高値圏を推移する『株式市場』と並行して、

『債券市場』にも、投資家による大規模な資金流入が続いています。

 

 

本来、

 

 

この『2現象』は、同時並行では発生しないはずなのですが、

市場に『相反する意見』を持つプレーヤーが同数いる事から、

歴史的な『異次元現象』が起こっていると言えます。

 

 

また、

 

 

『債券市場』に注視してみても、『スティープ化』という現象が予測されており、

『短期金利』『長期金利』の金利差は、来年以降も拡大傾向だと言われています。

 

 

要約すれば、

 

 

『短期:楽観・長期:悲観シナリオ』と表現できますが、

これこそが、『自己中心的な思考法』だと、私が感じているところです。

 

 

ここ最近、

 

 

記事中で『債券』について触れる機会も多かった為、

今日も、もう1つだけ『債券』に関わるテーマの記事を書き進めたいと思います。

 

 

先日、

 

 

日本政府は『2020年:国債発行計画』について発表しましたが、

その中で、来年度の国債発行総額が『約153兆円』になる方針が固まりました。

 

 

もはや、『天文学的数字』の為、理解できません(笑)

 

 

単年度会計である『一般会計予算』充当分の『新発国債』は減少したものの、

既発債の償還資金となる『借換債』が膨張し、概算予算ベースで6年ぶりの増加。

 

 

現在、

 

 

償還期限まで『40年程度』となる『超長期債』の発行も増やしており、

『利回り』の観点で、市場参加者から求められていると言われるものの、

個人的には、相当『ヤバイ』印象を受けています。

 

 

何故なら、

 

 

安易に『超長期債券』の発行に舵を切り、それに慣れ切ってしまえば、

現状でも相当まずい状況にある、日本国の『借金体質』に拍車がかかります。

 

 

この辺り、

 

 

『個人レベル』も『国家レベル』も、真理としては同じだと考えていて、

『借金は、返済しないといけない』と、頭では理解はしているものの、

『でもそれは、今じゃない』となると、途端に怠惰な状況に突入します。

 

 

加えて、

 

 

過去にした『借金』の返済を、新たな『長期債』の発行により賄うのは、

『借金体質』を改善する意思すらなくなる『愚の骨頂』的手法ですよね。

 

 

少し想像して欲しいのですが、

 

 

『借金』の返済に、新たに『借金』をして賄う事ができる状況において、

『真っ当な感覚』『理性』を保ち続ける事ができる人間は、いるのでしょうか??

 

 

そもそも、

 

 

そのような『理性的人間』が存在しているのであれば、

現在の日本国のような、ここまで酷い『借金体質』には陥っていないと考えます。

 

 

その事実は、

 

 

既に、世界一の覇権国『米国』の国民が身をもって証明してくれており、

彼らは『借金』を『借金』で返済する『無限ファイナンス』に手を出し、

壊滅的被害を被っている人間も多数存在しています。

 

 

しかし、

 

 

その『愚行』を下支えしているのは、私たち『日本国民』であるという側面もあり、

2019年速報値で、日本は『米国債保有残高:世界一』をキープし続けています。

 

 

表向きは、

 

 

世界的な超低金利時代において、

比較的利回りの高い『米国債』の投資妙味が増していると言われていますが、

実際は、第二次世界大戦敗戦国が、共通で背負う『十字架』なのでしょうか。

 

 

米国債保有残高において、

 

 

『日本』と同等の保有額(約130兆円)を有する『中国』ですが、

こちらについては、『21世紀の覇権国』として発言権を持つ保有スタイルを貫いています。

 

 

舞台上では、

 

 

『米中貿易戦争』の上演が華々しく展開されていますが、

実際問題、どちらが交渉の『主導権』を持っているのか、

現状では、非常に疑わしく思えて来ました。

 

 

このように、

 

 

『債券』というテーマを1つとって見ても、その様々な『動向』から、

世界経済の動き・背景的状況等、多くの『情報』を読み取ることが出来ます。

 

 

皆さん自身の『資産形成(投資)』についても、

 

 

世界の『経済動向』を無視して取り組むことは不可能ですので、

市場の動きに関心を持ち、中長期的な流れを読みながら進められる事をお勧めします。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、大阪・梅田会場は『12月23日(月)19:00から』の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年12月23日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile