『紙幣刷新』、その隠された『真意』を知っていますか??

今日のテーマは、『紙幣刷新、その隠された真意を知っていますか??』です。

 

 

昨日、夜も深い時間帯、あっと驚くニュースが発表されました。

 

 

実際、今日の新聞各紙・メディア報道も、この話題で持ち切りです。

 

 

『紙幣刷新』

 

 

日本政府・日本銀行は、5年後の2024年度前半を目処に、

千円、五千円、一万円の各紙幣(日本銀行券)を一新させる事を決定しました。

 

 

本日、

 

 

4月9日午前には、麻生太郎財務相が記者会見に臨み、

新紙幣のデザイン案等も、早々に発表される形となりました。

 

 

予定通り、2024年に『紙幣刷新』が行われると、

前回2004年から、ちょうど『20年』の節目の年になります。

 

 

今回の案では、

 

 

デザインは其々、『千円札:北里柴三郎』『五千円札:津田梅子』、

そして、前回変更のなかった『1万円札』も、『渋沢栄一』氏になるようです。

 

 

既に『新デザイン』を見られた方もいらっしゃると思いますが、

『変化』する事に対して、今は、未だ『違和感』が有りますね(笑)

 

 

当然、『実物』を手にしていないので分かりませんが、

どこか『チープ』な作りになった印象も受けています。

 

 

現時点では、全く『効力』を持たない紙切れも、

5年後の2024年、決められた期日からは、その価値を持つから不思議です。

 

 

この辺り、

 

 

やはり、人間の『共同幻想』『信用創造』からもたらされる力は、

時に、途轍もなく『大きな威力』を持つことを実感する事例です。

 

 

加えて、

 

 

1984年のそれをカウントすると、人生で3度目の『紙幣刷新』を経験し、

『自分も、なかなか年齢を重ねてきたな』と、実感する場面でも有ります。

 

 

ところで、

 

 

今回(正確には次回)の『紙幣刷新』ですが、

何故、このような動きが出てきているか、その『真意』をご存知ですか??

 

 

表向きに言えば、

 

 

『偽造防止』や『技師への(偽造防止)技術伝承』という狙いから、

『定期的に紙幣を刷新する必要がある』というものが挙げられますよね。

 

 

この理由は、とてもシンプルで理解しやすいので、

『表向き』の理由としては、『御誂え向き』です。

 

 

ただし、

 

 

経済大国に上り詰めた『日本』において、

『偽札』が絡んだ事件等の話題など、これまでの人生で聞いた事がありません。

 

 

他先進諸国同様、

 

 

『日本円』の『偽装防止技術』には相当高いものが有り、

犯罪を犯すサイドの観点に立って見ても、『費用対効果』が合わないと推測します。

 

 

そもそも、

 

 

『キャッシュレス』の波が、如実の押し寄せる現代において、

『紙幣偽装』という犯罪が、『効率的』かどうかも、非常に疑わしい。

 

 

むしろ、

 

 

そのような『古典的手法』で犯罪に手を染める人間は稀有な存在で、

2019年を迎える現代に、『3億円事件』のパロディを演じるようなものです。

 

 

要は、

 

 

『偽装防止』という効果は、現代において殆ど意味を持たないという事です。

 

 

では、

 

 

このタイミングで、何故『紙幣刷新』が行われるのでしょうか??

 

 

これは、『日本』における『財政問題』が深く関与していると考えます。

 

 

歴史をきちんと学ばれている方々はご存知ですが、

 

 

第二次世界大戦敗戦直後、当時のGDP比200%超の借金を積み上げた状況で、

国家債務を解消する第一弾として、『新円・旧円交換スキーム』が活用されました。

 

 

この時、

 

 

『旧円』の効力は、『新円』発行と同時に奪われる措置が取られた為、

『国民資産』の全てを、一旦、『金融機関』に戻す事を余儀なくされます。

 

 

そうする事で、

 

 

『タンス預金』『グレーなお金』等も全て炙り出されますから、

日本政府サイドとしては、金融資産としての『国民資産』を把握出来ますね。

 

 

無論、

 

 

そこで金融機関に提出できない『お金』が有ったとしても、

以降、『旧紙幣』の効力は奪われてしまうので、管理サイドは全く問題有りません。

 

 

こうして『国民資産』を全て把握した政府サイドは、

 

 

『預金封鎖』『資産課税』『インフレーション』『デノミ』の一連の流れを通して、

『国民資産』をほぼ100%取り上げて、『累積債務』を解消したという実績が有ります。

 

 

各項目を説明していったら、長くなるので、

それは、また別の機会に譲ろうと思います。

 

 

興味を持たれた方は、ご自身で調べを進めて見てください。

 

 

話を戻すと、

 

 

『国家債務』として、『返済不能水準:200%』を超えた当時、

日本政府は、『国民資産』を取り上げる事で、『戦争国債』を返済する強攻策に出ました。

 

 

要は、

 

 

『返済する相手』から、『お金』を取り上げて、それを返したのです。

 

 

歴史上、どんな国家に君臨した『極悪独裁者』も驚くような、

『暴挙』を断行する事で、『債務返済』をしたことになります。

 

 

しかし、

 

 

国土全体、主要都市と軍事施設・産業施設を焼き払われた日本は、

そうするより他、『ゼロからのスタート』を切る道(方法)は無かった。

 

 

そして、

 

 

その『第1段階』として進められたのが、

今日の公式ブログのテーマとなる『紙幣刷新』という動きだったのです。

 

 

ところで、

 

 

『国家債務』が再び『GDP比200%超』を記録するようになった昨今、

このタイミングでの『紙幣刷新』が当時と重なるのは、『深読み』でしょうか??

 

 

しかし、

 

 

前回2004年『新円・旧円交換』のタイミングでもそれは画策されており、

その時は、事前に情報がリークされる形で、『未遂』に終わった事実があります。

 

 

今回、

 

 

『5年』という長めの期間を残したタイミングで大々的に報道し、

『新紙幣』のデザインも、早々に発表したことに『違和感』を覚えます。

 

 

例えば、

 

 

日程が近付くどこかのタイミングで、新紙幣発行後、

『旧円(旧紙幣)は使用出来ません』という報道が出てくるのでは無いか。

 

 

そうすると、

 

 

現在、『約50兆円』にも上ると言われる『タンス預金』も全て炙り出され、

『国民資産』を正確に掌握されたのち、『資産課税』される時代が到来する。

 

 

そういった事にも、十分注意を払いながら、長期的な視点で、

広い視野を持ちながら『資産形成』を進めていく必要性があると考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田4月24日(水)、神戸・三ノ宮4月25日(木)の日程にて開催します。

 

 

■2019年4月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年4月25日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile