『経済危機』を迎えた国家の『リアル』を知っていますか??

今日のテーマは、『経済危機を迎えた国家のリアルを知っていますか??』です。

 

 

タイトルの通りです。

 

 

あなたは、『経済危機』を迎えた国家の『リアル』を知っていますか??

 

 

『日本』という国に生活していれば、

少なくとも『現時点』では、『実感』としてそれを感じることは難しいですよね。

 

 

常々、

 

 

『私たちの世代』と表現させて頂く20代、30代、40代の方々は、

生まれてから今まで、『貧困』を知らずに人生を生きてきた世代です。

 

 

毎年8月、

 

 

『原爆投下』『終戦』等の記念日が近付くごとに報道はされますが、

『私たち世代』では、『戦争』をリアルな体験として知ることは出来ません。

 

 

もっと言えば、

 

 

『戦後復興』『行動経済成長』も完了した後に物心がつき、

幸か不幸か、これまで取り立てて『苦労』もせずに生きてきた世代です。

 

 

確かに、

 

 

『バブル期』の恩恵はあまり預かっておらず、

『希望溢れる』よりは、『混沌』の中で生きてきましたが、

それでも、世界的に見たら十分恵まれた環境で育ちました。

 

 

そうした中で、

 

 

今日の公式ブログでは『経済危機』を取り上げていますから、

その『リアル』を知り得ないことは、『戦争』に対するそれ同様自然なことです。

 

 

しかし、

 

 

これまでが『恵まれていた』からと言って、それが未来永劫続く訳もなく、

むしろ、現在の状況を考えると、未来は『厳しくなる』ことの方が現実的だと思うのです。

 

 

こちらも繰り返しになりますが、

 

 

現在、『日本国』の運営には毎年『100兆円』規模の歳出が発生しており、

それに対して、歳入である『税収』は半分程度(約60兆円)しか賄えていません。

 

 

これは、

 

 

今年10月に予定される『消費増税10%』実行時でも大きく変わらず、

『約2兆円』規模の税収アップは『焼け石に水』程の効果しか持ち得ない。

 

 

近年、

 

 

積み上げに積み上げた『国家』としての累計債務は『1000兆円』を超え、

『GDP:約500兆円』に対して、2倍超の『壊滅的状況』に陥っています。

 

 

ついでに述べると、

 

 

国家としての『財政圧迫』の主因は『社会保障費』の増大で、

その内訳筆頭は、留まることを知らない『年金資金』の恒常的増加です。

 

 

周知の事実として、

 

 

『少子超高齢化』が今後も進んでいくことは自明ですから、

『現行制度』として推移した場合、状況改善の糸口すら見えない状況が、100年スパンで続きます。

 

 

それでも、

 

 

そのまま『国家経済』が持ち堪えてくれれば良いのですが、

『国家』という巨大組織においても『錬金術』は存在せず、

『債務』を積み上げれば、いつかは清算すべき時が来ます。

 

 

そうなった時、

 

 

『日本国』も、完全に平和ボケした今の状況が続くはずもなく、

私たちが経験したことない『リアル』が、突如、襲ってくると考えるのです。

 

 

一足先に、そうなった国家を見てみましょう。

 

 

こちらも公式ブログでは常連ですが、『ベネズエラ』という国は、

現在、政治不安・経済危機のダブルパンチで、深刻な危機に瀕しています。

 

 

現・マドゥロ政権に関しては、支持派と反支持派が国家を二分し、

毎日、警察と抗議デモを行う一般市民が衝突していると言います。

 

 

世論は二分され、

 

 

その状況を象徴するかのように、

野党指導者の『フアン・グアイド氏』が、『自身こそが真の大統領だ!』と宣言。

 

 

前回大統領選は不正に行われたと主張し、

米国・英国はじめ、中南米諸国の支持を取付けた上、選挙のやり直しを求めています。

 

 

しかし、

 

 

『ベネズエラ』という国の国民が、今、最も危機感を感じているのは、

前述の『政治不安』よりももっと身近な、危急した『飢え』の問題だ、と。

 

 

ある国民は、次のように呟きます。

 

 

『私たちの大部分は物乞いになった。これは政治ではなく、生存問題だ。

 みんなが1キロのコメや小麦粉や水を求めて互いに殺し合っている。』

 

 

同国を巡っては『驚異的データ』も出ており、

 

 

長年の『インフレーション』『経済破綻』の影響で、2017年の1年間、

国民全体としての平均で『11キロ』もの体重減少が起こったと言います。

 

 

その原因は、

 

 

急激な『インフレ』の進行による、単純な『食糧不足』が主で、

一般的な小売店では、水とナッツ、チーズ、ハム、果物だけで『200米ドル』の値段がつきます。

 

 

更に、

 

 

『IMF(国際通貨基金)』の予測によると、

今年2019年のハイパーインフレは『1000万%』に達する見通しで、

通過『ボリバル』の下落と並行し、物価は今後も急騰し続ける見込みです。

 

 

その結果、

 

 

2019年終わり頃には、今以上に殆どの食品・日用品が入手困難となり、

餓死者も増加し、当然、治安もより酷いものになっていくのだ、と。

 

 

街中では、

 

 

子供達が『ゴミ』の山を漁っており、その中に僅かに存在する、

『食糧(?)』を家族のために、家に持ち帰ろうとしている光景も。

 

 

これが、『リアル』な惨状です。

 

 

今の『日本』に生活する私たちからは、想像出来ませんよね。

 

 

ただし、

 

 

果たして、これは本当に『対岸の火事』なのでしょうか??

 

 

前述の通り、日本の『経済状況』が火の車である事を考えると、

私は、自体を楽観視して、『遠い異国のこと』とは思えません。

 

 

事実、

 

 

私と同じ考えを持って、将来的な『国家』の経済リスクと、

『個人』の経済リスクを切り離して、準備を着実に進める方々も居ます。

 

 

あなたは、どちらサイドでしょうか??

 

 

国民一人一人が意識改革し、自ら『資産形成』を進めていく時代。

 

 

私たちは、そんな時代に生きている事をしっかり自覚し、

『他者』から学び、『具体的な行動』を起こしていく事が大切だと考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮2月21日(木)、大阪・梅田2月22日(金)の日程にて開催します。

 

 

■2019年2月21日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年2月22日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile