『舵取り』揺れ動く『米国経済』★

今日のテーマは、『舵取り揺れ動く米国経済』です(^_^)★

 

 

先日、『北朝鮮リスク』『米国ハリケーンリスク』等で、

暫く円高傾向が続いていた為替市場が、一気に円安に動くタイミングがありました。

 

 

つい一週間前まで『1USD=108円台』で推移していましたが、

今現在は『1USD=112円前後』で取引されています。

 

 

1日、2日で『約3円』も円安方向に動いたのですから、

イベントとしては結構インパクトがあるものだと考えています。

 

 

皆さん、お気付きになっていましたか(^_^)??

 

 

現在、『外貨』で資産形成をされていたり、

『海外』に資産を保有している方々は、もちろん気付いていますね。

 

 

反対に言えば、

 

 

そういった『資産形成』を全くされていない方々は、

そんなことなど、全く気にされずに過ごされていたと思います。

 

 

と言っても、

 

 

世間一般的に言えば、

後者の方々の方が、圧倒的に大多数かも知れませんね(^_^)

 

 

『為替』の値が変動したところで、

私たちの生活に影響してくるタイミングは、少し時間が進んでからです。

 

 

これは、日本の財政が悪化し続けている現状で、

『年金』『健康保険』等の影響が出てくるのが、もう少しだけ先の未来である事に似ています。

 

 

そんな事よりも、世間一般多くの方々にとっては、

『今日』『明日』といった、恐ろしく『目先』の事の方がよほど大切。

 

 

いつの時代も、いつの場面も、

『正しい選択』『正しい行動』を取るのは、『極少数派』と決まっています。

 

 

全国に数百万人いる学生の中で、

最高学府の『東京大学』『京都大学』に入学できる学生が、

『極少数派』である事を考えるとわかりやすいですね(^_^)

 

 

私自身、これらの大学の卒業生ではないので大きな事は言えませんが、

 

 

『社会』に出てからの『選択』『行動』に関しては、

『極少数派』のサイドに所属できていると感じています。

 

 

『資産形成』を全く考えずに、日々、過ごされている皆さん。

 

 

正直、まずいです。

 

 

もしもまだ何も『スタート』していないとしたら、

少しずつ『勉強』する事から始めていきましょう。

 

 

そして、

 

 

具体的に人生を展開させる為には、

『行動』しかないので、ぜひトライしてみてください。

 

 

いつも通り、恐ろしく長い『前置き』ですが(笑)、

話を元に戻して、『為替』が動いたイベントの話をしようと思います。

 

 

皆さん、何故、一気に円安方向に動いたか、ご存知ですか??

 

 

世間のトレーダー達は、何の情報に反応したのでしょうか??

 

 

今日はささっと答えを言ってしまうのですが、

 

 

米国『FRB』が、延期すると見られていた『利上げ』を、

今年末に行うのではないかという見方が強まったからです。

 

 

高金利通貨は、長期的に見たら下落しますが、

それでも、短期的には一時上昇することが歴史的にわかっています。

 

 

このメカニズムに関しては、

今日の本題から外れるので、説明は他に譲ります。

 

 

今回、FRBが利上げする公算が強まった為、

『USD』が一時的に高くなり、相対的に『日本円』が弱まりました。

 

 

米国経済が完全に回復しない中、

『利上げ』を決断すれば、経済全体の循環には好影響を与えません。

 

 

この状況で、本当に『利上げ』を実行するのか、

個人的にはかなり怪しいと考えていますが、無いとも言い切れないのが悩ましい所です。

 

 

それで、

 

 

今回の『利上げ』問題に関わらず、

現在、米国『FRB』は、経済の『舵取り』における大きな選択を迫られています。

 

 

もうだいぶ記憶も薄れきている『リーマン・ショック』の時代、

 

 

2008年時点では『約9000億ドル』ほどしか保有していなかった資産を、

『国債』『MBS』等を引き受けることで、『約4兆5000億ドル』まで積み上げました。

 

 

米国の中央銀行(とされている)『FRB』が資産を買い入れるという事は、

その分、『お金』が市場に供給され、金融緩和が行われる事を意味します。

 

 

しかし、

 

 

『リーマン・ショック』という非常時に

苦肉の策で取ったこの戦略も、いつまでも継続していく訳にはいきません。

 

 

『FRB』としては積み上げてしまったこれらの資産、

『米国債』『MBS:住宅ローン担保証券』を解消して、

バランスシートを『正常化』するタイミングを伺い続けています。

 

 

また、

 

 

世界的に超低水準でへばりつく『金利』についても、

段階的に『利上げ』を繰り返し、『正常化』していきたいという想いもある。

 

 

ただ、ここがまたナーバスな問題で、

 

 

前述の保有資産の『利息』『価格下落』のバランスが変動する事で、

損失を被るリスクがある為、タイミングを慎重に見る必要があります。

 

 

2008年、非常事態で取っていた戦略を、

あらゆるポイントで『正常』に戻していく。

 

 

『米国経済』は今、

その『決断』を迫られる、大きな『ターニングポイント』を迎えているのです。

 

 

果たして、『魔法』は解けてしまうのか??

 

 

それが解けても、『シンデレラ』のままでいられるのか??

 

 

世界が、No. 1国家『米国』の経済動向を見守っているのが現状です。

 

 

ところで、

 

 

これは私たち日本人にとっても、『他人事』なのでしょうか??

 

 

もちろん、

 

 

『米国経済』の変動が、日本に影響してくる事もそうですが、

中央銀行(日本は日銀)が抱える問題も、全く同じだと考えます。

 

 

昨日もご紹介した、不動産上場投資信託の話然り。

株式市場へは年間6兆円ペース、国債市場へは年間80兆円ペースの資金投入問題然り。

 

 

スタート時点で日本が『金融危機』だったかどうかは未知ですが、

日銀がここ数年間続けてきた戦略は、『FRB』と同様だと思うのです。

 

 

その積み上げた資産を解消していく時、

日本経済はどのような『ターニングポイント』を迎えるのか??

 

 

私たちは日々アンテナを張りながら、

ウォッチし続けていくことが大切だと思います(^_^)

 

 

具体的に、『資産形成をスタートしたい!』という方々は、

その最初のステップとして活用して頂きたいセミナーがあります。

 

 

■9/27(水)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナー詳細はこちらをクリック*

 

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile