『豊洲市場・初競り』に見る、これからの社会を生き残る極意。

今日のテーマは、『豊洲市場・初競りに見る、これからの社会を生き残る極意』です。

 

 

1月5日。

 

 

2019年もスタートして早くも5日目になりますが、

この日、新春恒例の『初競り』が豊洲市場(東京都江東区)で開催されました。

 

 

この『初競り』に関しては、

毎年いつも『クロマグロ』の落札者・落札価格が何かと話題に上がりますよね。

 

 

今年も、例年以上に盛り上がりを見せたようで、

何と、青森県大間産1本278キロのクロマグロが、

過去最高の『3億3360万円』という価格で落札されました。

 

 

ちょっとした『豪邸』が建設出来そうな値段ですね(笑)

 

 

これまでの最高値は、2013年に記録した、

1本単価で『1億5540万円』ですから、

その記録をあっさりと2倍以上の価格で上回った事になります。

 

 

『キロ単価』で比較しても、

 

 

これまでの最高値『1キロ:70万円』を大幅更新し、

今回競り落とされたものは『1キロ:120万円』という業界的に見ても超破格。

 

 

担当者曰く、

 

 

このクロマグロから推定で『約1万5000貫』のお鮨が握られるようですが、

単純に計算して、1貫あたりの価格は『2万円』(儲け無し)となります。

 

 

落札者は、

 

 

この新春イベントでは、ある種『名物』となっている人物で、

全国に『すしざんまい』グループを展開する『喜代村』の木村清社長。

 

 

同店では最高級の大トロでさえ『398円』で提供していますから、

上記の計算通りであれば、到底『ペイ』出来ない落札価格になります。

 

 

それでも、

 

 

何故、このクロマグロが『3億円超』の異次元価格で落札されたかと言えば、

『今年も、すしざんまいが初競りを落とした!』という宣伝効果に他なりません。

 

 

前述の通り、

 

 

『すしざんまい』では、クロマグロ単体での収益は爆発的『マイナス』ですが、

上記『宣伝効果』まで加味すれば、『プラス』に転じる算段はあるようです。

 

 

それどころか、

 

 

『毎年初競りを制する』というイメージが世間に広まれば、

もしかしたら、この落札価格は最強のコスパを誇る宣伝手段なのかも知れません。

 

 

何れにせよ、

 

 

それを実際に『行動』と示せる木村社長はとても立派だと考えていて、

ロジックでどこまで考えようと、実際は、やった人間が1番えらい。

 

 

社会に出てからは、

 

 

日本の学校教育で『優等生』というラベルを貼られた『頭でっかち』よりも、

シンプルに、素直に『行動』を起こした人間こそが、成果を上げると考えます。

 

 

それで、

 

 

『当たり前』の話になりますが、今回落札され話題に上がったクロマグロは、

2019年新春の『初競り』だからこそ、『3億円超』の値段が付きました。

 

 

これが、

 

 

『4月15日(特別では無い日の例)』であれば絶対に付かない値段ですし、

1日ずれて、『初競り翌日』の競りでも、落札価格は『通常通り』です。

 

 

今年は特に、

 

 

『豊洲市場初』『平成最後』等のプレミアムも乗っかりましたが、

『初競り』という最大のプレミアムが付くからこそ、ここまで値段が跳ね上がりました。

 

 

要は、

 

 

このクロマグロが『特別』だと世間に認識されたからです。

 

 

対して、

 

 

1日しか違わないと言えど、翌日以降の競りが通常価格に戻るかと言うと、

それは『プレミアム(特別感)』が乗っていない通常通りのものだから。

 

 

『代替可能』だからこそ、値段が『通常通り』になるのです。

 

 

これ、人間の『人的資本』についても、全く同じことが言えますよね。

 

 

ここ数日、地元・岡山に帰省して、時間にゆとりある生活をしていましたが、

都会と地方の生活を両方見比べて、感じることも多くありました。

 

 

普段、

 

 

私が活動拠点とする大阪や、日本の首都的役割を担う東京等の大都市圏では、

日常の生活はとても無機質で、人々の仕事もどこか『機械的』になります。

 

 

『平成』が終わろうとする現代でも、

 

 

地方都市では、まだまだ『人間関係』というものが存在しますが、

大都市圏では、『個』の集合体が何とか連動し、無機質に動いている感覚がある。

 

 

そんな中で、

 

 

『代替可能』な人材として働いている方々の生活は悲惨で、

恐らく、地方都市の方々が見たら、東京・大阪のそれは驚愕に値すると思います。

 

 

『何故、現代の日本に、未だ奴隷制度が残っているのか??』、と。

『この人たちは、完全に洗脳されてしまっているのか??』、と。

 

 

ただし、

 

 

日本全体の人口から考えたら、『奴隷生活』を送っている人は大部分を占め、

彼ら・彼女らは、既にそれが『奴隷』とすら認識出来なくなっている節もある。

 

 

公式ブログでは、

 

 

『今後の日本の社会格差はかつて無いほど広がる』と発信し続けていますが、

それは、単純に『経済的観点』だけでなく、人生の『主導権』という部分にも及ぶと考えます。

 

 

シンプルに言うと、『代替可能』となった時点で、ヤバい。

 

 

反対に、

 

 

大間産クロマグロ宜しく、『プレミアム』が乗る人材になれば、

私たちは、『経済的』にも『時間的』にも自由に人生を切り開いていく事が出来ます。

 

 

ところで、

 

 

あなたは『代替可能』で不自由な人生を送っていますか??

 

 

それとも、

 

 

『プレミアム』をしっかり保有し、自由に人生を過ごされているでしょうか??

 

 

もしも前者であれば、『資産形成』『ビジネス』の両輪を稼働させ、

『代替不可能』な人材になる事をスタートさせてみてください。

 

 

『具体的なアクション』を実際に起こしていく事で、

あなたの人生も、『理想』に向けて着実に展開していくと考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮1月28日(月)、大阪・梅田1月29日(火)の日程にて開催します。

 

 

■2019年1月28日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年1月29日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile