『貯金は、ゆうちょさんへ。』は正しいのか??

今日のテーマは、『貯金は、ゆうちょさんへ。』は正しいのか??

 

 

私は書籍やセミナー、個人セッション、ブログを通して、

よく『新しい常識を身に付けることが大切!』と言っています。

 

 

常々お伝えしていることですが、

 

 

20代、30代、40代の『私たちの世代』は、

『親の世代』とは明らかに『常識』が変わっています。

 

 

『親の世代』の方々は、

『良かれ』と思って私たちにアドバイスをしてくださいます。

 

 

その気持ち自体は尊く、有難いもの。

 

 

しかし、

 

 

それが全く『見当はずれ』なものであれば、

耳を貸すことなく、自身で判断していかなければなりません。

 

 

 

『時代遅れの常識』の例をいくつか挙げていくと、

 

 

・良い成績を取って、一流大学に行く。

→今の時代、『学歴』だけではなく『実力』が必要。

 

 

・1つの会社に終身雇用してもらい、一生懸命働く。

→企業の寿命が短くなった現代、この方法はリスクが大きい。

 

 

・社会人になったら、『保険』の1つも入るもの。

→リターン高い『お宝保険』なんて、今の時代ありません。

 

 

・結婚したら、『マイホーム』を買う!

→買った瞬間から価格が下落するものを手にするのは、好ましくない。

 

 

などなど。

 

 

『親の世代』が勧めてくる『時代遅れの常識』は、

私の著書にも詳しくご紹介させて頂いています。

 

 

ご興味持って頂ける方は、

ぜひこの機会に手に取ってみてください(^_^)★

 

 

*書籍ご紹介サイトは、PCの場合この記事横に、

スマホの場合はこの記事下にリンクがあります(^_^)★

 

 

『時代遅れの常識』の中でも、

最近、加速度増して形骸化していってるものがあります。

 

 

それが、『貯金は、ゆうちょさんへ。』

 

 

『親の世代』の多くの方々が、

『郵便局さん』、現在の『ゆうちょ銀行』に絶大なる信頼を置いています。

 

 

給与の受け取りをゆうちょ銀行で勧められたり、

まとまったお金を『定期貯金』することを勧められた経験はありませんか??

 

 

現在のような超低金利時代、

『年率0.01%』程度の利率を求めて、定期にする理由はどこにあるのでしょうか??

 

 

『100万円』預けて、年間『100円』を利子として受け取れる計算です。

 

 

更にここから『税金』が引かれて、実質は『80円』を下回る。

 

 

『100万円』を預けた代わりに受け取れるのが、

今ではコンビニで『アイス』も買えないほどの対価です。

 

 

『私たちの世代』から考えたら、この行動は全く意味不明。

 

 

では、なぜ『親の世代』の方々は勧めてくるのでしょうか??

 

 

彼らには、『私たちの世代』には見えていない、

『何か』が見える特別な能力があるのでしょうか??

 

 

これは、近い形で当たっています。

 

 

彼らは、未だに『幻想』を見続けているのです。

 

 

バブル成長期から、崩壊してからの1990年代も含めて、

『ゆうちょさん』始め、金融機関の定期預貯金は、高利回りでした。

 

 

『年率5〜6%』運用という事例もザラ。

 

 

何も考えず、これら金融機関に預貯金していれば、

知らない間にかなりの金額が増えてしまっていたのです。

 

 

これを、彼らは『体験』として知っています。

 

 

『理屈』を理解している人はほとんどいません。

 

 

だから、時代が変わってしまった今でも『幻想』を見続け、

『貯金は、ゆうちょさんへ。定期貯金を。』となってしまっているのです。

 

 

しかし、時代は明らかに変わってしまっています。

 

 

今の時代、金融機関に預貯金しているだけでは、

『お金』は決して増えることはありません。

 

 

昨年(2016年)2月、日銀により『マイナス金利』政策が導入されました。

 

 

直接的には国民に影響を与えない政策ですが、

巡り巡って、最近では多くの銀行の預金利回りが低下しています。

 

 

つい先日も、3メガバンクの預金利回りが、

実質『0.00%』になったという報道が出ました。

 

 

数年前は、多くの方々が、

『金融機関は、安全なロッカー』と考えていましたが、

最近では少しずつ気付かれてきましたよね(^_^)

 

 

そう、あれは『安全なロッカー』でも何もなく、

日本経済の景気動向にモロに影響を受けるものなのです。

 

 

 

だいぶ前の話になりますが、

 

 

『ゆうちょ銀行』の預け入れ限度額が、

『1300万円』に増額される動きがありました。

 

 

以前の『1000万円(1個人あたり)』から、

『300万円』預入額を増額したことになります。

 

 

今でも『貯金』というと、

『ゆうちょ銀行』が幅を利かせている分野になります。

 

 

事実、個人からの預り資産を見ると、

『ゆうちょ銀行』は国内最大の金融機関です。

 

 

その『ゆうちょ』が限度額を増額し、

更に個人から貯金を集められる体制を整えた。

 

 

これが意味するところ、わかりますか??

 

 

実は、ここは日本国債を購入する『原資』なのです。

 

 

小泉首相の時代に進められた『郵政民営化』。

これにより、国民資産を使って国債を購入するスキームが可能となりました。

 

 

国営の機関であれば簡単に手出しが出来なかったものを、

民営化することで規制を緩めた形になります。

 

 

それで、問題なのは国債の『利回り』ですよね。

 

 

みなさんご存知の通り、

現在は10年もの新発国債の利回りでも『0.1%未満』といった状態。

 

 

自身の『お金』をこんなもので運用していたら、

とてもじゃないですが、一生涯に陽の目を見ることはありません。

 

 

先日のブログでも『72の法則』をご紹介しましたが、

この利率なら、複利運用しても元本2倍までに『数万年』かかる計算です。

 

 

もう、『屋久杉』どころの寿命じゃ追いつかないですね(笑)

 

 

この方法を取ることで、『私たちの世代』は、

生涯で『リターン』を受け取ることを放棄していることになります。

 

 

今日の結論。

 

 

『ゆうちょさん』で、『お金』は増えません。

 

 

別に、『ゆうちょさん』だけのことを言っている訳ではありません。

預貯金の預け入れ先金融機関の、代表例をして挙げているだけです。

 

 

金融機関に預けているだけでは、『お金』は増えない。

 

 

そして、こちらも事ある毎にお伝えしていますが、

これからの時代、『資産形成』は自らする時代です。

 

 

これまで『国』『企業』が用意してくれたセーフティネットは、

これからの『私たちの世代』では全く機能しないでしょう。

 

 

あなたは、その準備を進めていますか??

 

 

確かに、今すぐ困る事はないかも知れません。

 

 

しかし、『何もしない』という事は、

ただ単に『リスク』を先延ばししているだけですよ??

 

 

そして、『先延ばししたリスク』というのは、

顕在化してきた時に『挽回不可能』になります。

 

 

もし、この記事を読んで気付いて頂けた方は、

具体的にスタートを切ってみてください(^_^)★

 

 

もしあなたが『スタート切りたい!』と感じられたら、

ぜひ勇気を持って一歩踏み出し、『お金のセッション』をご受講ください。

 

 

実際に、具体的な『スタート』を切る事で、

人生は希望に溢れて展開していきます(^_^)★

 

 

『お金のセッション』受講に関しては、公式サイトのご紹介ご覧頂けると幸いです。

 

 

 

 

また、

 

 

『いきなり、個人セッションは勇気がない』という方もいるでしょう。

 

 

その方の場合は、『お金』について真剣に考える、

スタートアップに最適なセミナーがあります。

 

 

2月24日(金)19:30-21:00の日程で開催する、

『やってはいけない!金融資産運用セミナーin大阪』です(^_^)

 

 

 

 

『具体的に行動したい!』と、

ご興味持って頂ける方は、ぜひご参加ください。

 

 

あなたにとって、最適な『きっかけ』になると思います(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile