『資産形成』において大切なメンタリティー★

今日のテーマは、『資産形成において大切なメンタリティー』です(^_^)★

 

 

昨日1月4日は、2018年大発会でしたね。

 

 

*現在、ネット上で絶賛大炎上中の『イオン・大抽選会』とは別物です(笑)

 

 

普段はあまり関心ない方もいらっしゃるかも知れませんが、

要は、2018年における株式市場幕開けの日です。

 

 

毎年初動のこの時期は、

その年の経済の運勢(?)を占う意味で、市場動向に注目が集まります。

 

 

一般的な方々は注目していないので記憶にないでしょうが、

ここ数年、毎年1月というのは市場の動きとしては低調。

 

 

日本や米国といった経済大国含め、世界全体の景気の先行き不透明感から、

日本市場自体も下落からスタートする傾向が続いていました。

 

 

それが!!

 

 

今年の幕開け1月4日(木)大引は『2万3506円33銭』と、

昨年末から比較して、大幅に反発してスタートを切ることに。

 

 

26年振りとなる、まさかの『2万3000円代』突破に市場関係者は色めき立ちます。

 

 

そして、

 

 

急騰後の調整が予想された本日1月5日(金)も、

市場の予想に反して大引は『2万3714円53銭』と続伸。

 

 

きっと、個人投資家の方々の中にも、

『含み益』を抱えてのスタートに喜ばれている方も多いのでしょうね(^_^)

 

 

このような市場変動が大きな場面に遭遇する時、

(勿論、大きく下落する場面においても同じですが。)

個人的には、いつも感じる経済の『無情さ』があります。

 

 

考えてもみてください。

 

 

良くも悪くも、日本経済は、一週間前と何も変わっていません。

 

 

しかし、

 

 

『年末年始』の数日間という期間を隔てて、

日本市場の先行き期待が高まり、その結果、日経平均も急騰したわけです。

 

 

本当に、経済というのは、人の『気』により動いていることを体感しますね。

 

 

ただ、

 

 

このように沸き立っている場面は同時に『リスク』も孕んでいて、

昨年末の『仮想通貨狂想曲』同様、市場上昇期における市場参入は、

投資家視点で見たら『高値掴み』に直結する行動です。

 

 

これこそが『素人が入ってきたらパーティーは終わり』と言われる所以で、

一般の方々に顕在化できるレベルになったここからは、暴落がいつ始まるのかは誰にも予測不能です。

 

 

事実、

 

 

昨年中頃まで新聞紙面等を賑わしていた、

日本銀行の市場介入(有価証券・ETF買い入れ)を覚えているでしょうか??

 

 

一時は、このままのペースで株式・ETF買い入れが継続されると、

東証一部上場企業の大部分の企業で、日銀が『筆頭株主』になると言われました。

 

 

まったく笑えない話ですが、これは、2018年現在でも変わらず進行中です。

 

 

ニュースで報道されなくなると、皆さん綺麗に忘れ去りますが、

日本市場は、現在もこの部分で『底上げ』がされたままの状態です。

 

 

言わば、『下駄』を履いている状態ですが、

 

 

いつか脱がなければならないこの『下駄』も、

その『いつか』がいつなのか、正確に予想できる人間はこの世に存在しません。

 

 

*これは少し考えたら当たり前の話で、それが予想できるなら、世界の富の大部分を独占できます。

 

 

*唯一、それを知り得るのは政治家の方々ですが、それに乗じて巨万の富を築くと、

 国家レベルの『インサイダー取引』で捕まってしまうことになるでしょう。

 

 

私自身、公共期待感の高まりからくる世界的な市場上昇で、

日々『含み益』も増大していっていますが、

このこと自身には、それほど気分も高揚せず、静観するスタイルを貫いています。

 

 

現在33歳の自身は、まだまだ資産を引き出すつもりはなく、

むしろ、これまで以上に、新たにまだまだ積み上げていく年代です。

 

 

その状況から考えると、

途中過程における現在の市場高騰は、最終結果にそれほど大きな意味を持ちません。

 

 

むしろ、

 

 

長い投資家人生で考えた際に、『仕込み』の時期に市場が高騰することは、

『仕入れ値』が高くなる恐れがあるので、マイナス要因かも知れませんね。

 

 

これは、あらゆる物事においても同じであると考えていて、

 

 

例えば、あなたが『フルマラソン』を走ろうとした時、

大切なのは『完走』『目標タイムの達成』であり、

途中過程の『フォームの恰好良さ』では無いですよね(^_^)

 

 

『過程の目標』に比重を置き過ぎるがあまり、

『真の目標』を見失ってしまう人・場面は多々あります。

 

 

『人間万事塞翁が馬』

 

 

元大リーグ・NYヤンキース松井秀喜選手の座右の銘として、日本でも一躍有名になった格言です。

 

 

物事の良し悪しは短期眼的には判断することは難しく、

先入観なくフラットに捉え、長期的視点で判断することが大切。

 

 

個人的には、このように解釈しています。

 

 

これは、『資産形成』『投資』においてもそのまま当てはまるんですよね。

 

 

株式においては、市場が熱狂しようとも、急落して狼狽しようとも、

世界経済から見たら極限に小さな市場の通貨が急騰しようとも、

あらゆるコモディティ価格が市場心理で乱降下を繰り返そうとも。

 

 

人生全体にインパクトを与え得る『資産形成』に取り組む場合に、

私たちが取るべき行動は、自身の『信念』に基づき、淡々と資産を購入し続けることです。

 

 

そのものの『価格変動』に主眼を置いた投資スタイルは、

投資対象が何であれ、『ギャンブル』の域を出ることはありません。

 

 

パチンコ、競馬、競艇、競輪、etc….

 

 

公営ギャンブルを考えればすぐにわかりますが、

一時の勝ち負けはあるにせよ、それで永続的に勝ち続けられる人は存在しません。

 

 

*正確に言えば、『確率論』的に考えると、

 母数が大きくなればなるほど極小数の一定数は存在しますが、

 本ブログ読者の皆さんは、賢明な判断をされると思います。

 

 

その『キャピタルゲイン思考』を手放し、私たちが取り組むべきは、

将来、その資産が生み出す富の流れに着目する『インカムゲイン思考』です。

 

 

簡単です。

 

 

『一喜一憂』をやめれば良いだけですから(^_^)

 

 

そもそもの投資対象を間違っては意味をなしませんが(笑)、

最初の方向性だけしっかり定めたら、あとは初志貫徹で遂行するのみ。

 

 

たまに訪れる市場の上下動は、

それに一喜一憂を繰り返し、歓喜しては、狼狽を繰り返す世間を、高みの見物していれば良い。

 

 

2018年、日本市場はじめ、

世界市場もこのまま天井知らずで上昇を続けるかも知れませんし、

どこかで『下駄』を脱がされ、下落する時が来るかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

それ自体は本来大きな意味を持たず、

将来的に振り返って見た時、初めてその『意味付け』を決定することが出来ます。

 

 

自身にアンコントローラブルな物事に集中することなく、

心の平安を保って、『真の資産形成』に皆さんが取り組まれることを願っております。

 

 

『真の資産形成を、今年は具体的にスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

2018年は、1月29日(月)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年1月29日(月)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナーご案内ページはこちらをクリックください*

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile