『2019年:株式市場』と掛けて、『悩ましい恋愛関係』と解く。

今日のテーマは、『2019年:株式市場と掛けて、悩ましい恋愛関係と解く』です。

 

 

いよいよ、今年も残すところ、あと数時間となりました。

 

 

皆さん、『2019年』はどのような1年間だったでしょうか??

 

 

約1年前、

 

 

『元旦』に立てられたご自身の『目標』は、どの程度、達成できましたか??

 

 

私自身、

 

 

『2019年』という1年間を振り返ると、確かに『前進』はしたものの、

なかなか、思い通りの『結果』に結び付かず、『忍耐』を強いられる年でした。

 

 

ただし、

 

 

学生時代、10年間取り組んだ『野球』から学んだ事ですが、

9イニングスある試合の中でも、『流れ』が滞る劣勢な場面は、必ずある。

 

 

その時、

 

 

諦める事なく、粘り強く『応戦』していくチームが強いのですが、

正に、『2019年』は、そのような『精神力』が試される1年でした。

 

 

何とか乗り切ったので、『2020年』は好転していくと考えます。

 

 

さて、

 

 

私が主戦場とする『金融』『経済』の世界に目を移すと、

昨日(12月30日)は、日本・米国の両市場ともに、

『大納会(取引最終日)』を迎えて、年内取引を終えました。

 

 

メディアでも報じられていましたが、

 

 

休場中の『クラッシュ』を恐れて、『前日比』としては下落したものの、

日本市場の代表指数『日経平均株価』は、『23,656円62銭』で終了。

 

 

この数字は、

 

 

『年末終値』としては、バブル直後1990年以来29年ぶりの高値であり、

同指数は、『2019年』の1年間で、『約18%』もの急騰を見せました。

 

 

昨年(2018年)1年間の数字が、

 

 

『▲10%超』のマイナス・リターンだったことから考えると、

僅か1年間で、『潮流』が一気に、180度変化したことになります。

 

 

この流れは『米国市場』も同様で、

 

 

年内での『利益確定』に走った投資家が多かった為、前日比として下落したものの、

代表指数『NYダウ平均株価』は、『28,462.14ドル』で取引終了しています。

 

 

ご存知の通り、

 

 

『年末終値』としては、この数字は『過去最高値』を更新しています。

 

 

また、

 

 

この両国に限らず、今年は『世界的株高』が急速に進行した年で、

日本同様、10%超の株価上昇を見せた国は、英国、スペイン、ポルトガル、ノルウェー、カナダ等、無数に有ります。

 

 

更に、

 

 

米国クラスの『20%超』の上昇を見せた国々には、

中国、オーストラリア、ドイツ、フランス、イタリア、トルコ等、こちらも複数存在する。

 

 

更に更に、

 

 

今年は、このレベルを超えて『30%超』の株価上昇を見せた国もあり、

ロシア、ブラジル、アルゼンチン、ニュージーランド、ギリシャ等、

直近数年間、『苦境』に喘いできた国々も、回復の傾向を見せています。

 

 

今や、

 

 

世界の株式直増額は『86兆ドル(約9400兆円)』まで膨張し、

2019年の1年間では、実に、『17兆ドル』も数字が増加しました。

 

 

単純計算、

 

 

2018年末時点の『株式時価総額』を起点とすると、

世界全体として、1年間で『約25%』もの上昇を見せたことになります。

 

 

この数字が、どれだけ凄い(?)事か、ご理解頂けるでしょうか??

 

 

この『大きな流れ』に煽りを受けて、私自身の保有資産も、

この1年間、株式部分だけで『5万米ドル程』増加しました。

(*勿論、未だ利益確定はしていませんが。)

 

 

しかし、

 

 

この『結果』に対して、『高揚感』が全く感じられないのは、

このまま保有継続すれば、必ず『クラッシュ』を経験すると分かっているからです。

 

 

要は、

 

 

来年(2020年)以降、株式市場は『大暴落』を迎えるという事。

(*2021年、22年に持ち越されるかも知れませんが。)

 

 

前回の『大暴落』を、

 

 

2008年の『サブプライム・ショック』と定めるならば、その直前数年間は、

世界市場は全体として『+20〜30%台後半』のリターンで推移しています。

 

 

当然、

 

 

そのパーセンテージで、『実体経済』が経済成長することは有り得ませんから、

2008年の『大暴落』は、起こるべくして起こった『調整機能』と言えます。

 

 

全く同じ現象が、『今』、起こっていますよね。

 

 

この辺り、

 

 

『悩ましい恋愛関係』にとても似ていると考えていて、

『恋人同士』で付き合っている分には楽しいのですが、

『結婚対象』でなければ、いつか必ず『別れ』の時がやって来ます。

 

 

私自身、

 

 

根っからの『恋愛体質』なので、恋人同士の関係は楽しめますが、

やはり、将来的な『終焉』が待っている関係は心苦しく感じます。

 

 

現在の『株式市場』が、まったく『その通り』です。

 

 

その『兆候』は既に出ていて、

 

 

冒頭ご紹介した通り、世界的に『株式市場』は異次元レベルで上昇していますが、

同時並行で、リスク回避的に『債券市場』にも投資マネーが巨額流入しています。

 

 

また、

 

 

上記同様の理由で『コモディティ市場』にも投資マネーは流入し、

『世界的株高進行』の状況で、『金(gold)価格』は年間『20%』上昇しました。

 

 

先程、

 

 

1年間で『約25%』もの上昇を見せたとお伝えした『株式市場』ですが、

世界全体でのGDP(国内総生産)上昇は、年間『約2%程』に留まります。

 

 

更に、

 

 

IMF発表の『PMI(購買担当者景気指数)』も、

景況判断の境目となる『50』を僅かに上回る水準で、非常に弱い動きに留まります。

 

 

完全に、『株式市場』と『実体経済』が乖離していると言えますね。

 

 

『2019年:株式市場』は『悩ましい恋愛関係』同様に、

近い将来での『終焉』を視野に入れながら、『甘い雰囲気』を醸しています。

 

 

『いつかは別れないといけない事は、分かっている。

 でも、それは、今じゃない。』

 

 

私が大好きな映画で、嵐の松本潤くんが語ったセリフですが、

現在の『株式市場』に、これほどぴったりなフレーズもなかなか無いと感じました。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は、神戸・三ノ宮1月28日(火)、大阪・梅田1月29日(水)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年1月28日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年1月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile