『2020年』の幕開け、その『市場動向』を占ってみよう。

今日のテーマは、『2020年の幕開け、その市場動向を占ってみよう』です。

 

 

昨日の記事中では全く触れませんでしたが、

 

 

2015年元旦に設立した『井上耕太事務所』も、

昨日(2020年元旦)から、『6年目』のシーズンが幕開けしました。

 

 

早いもので、独立・開業してから『丸5年間』が過ぎました。

 

 

想像以上にさまざまな経験をさせてもらったので、

長かったようにも感じるし、一瞬のようにも感じますね。

 

 

相反する感覚が入り混じる、不思議な感じです。

 

 

ここまで、

 

 

『5年間』という期間の中で、全国からクライアントさんにお越し頂き、

今では、個人事務所として約400組の顧客を抱えるまでになりました。

 

 

勿論、

 

 

独立・開業当初から、イメージ出来ていた訳ではありませんが、

ここまで支えて来てくださった皆さんに、心より感謝・御礼申し上げます。

 

 

前述の通り、

 

 

私を信じて、顧客となって頂いた方々が多くいらっしゃるので、

ここからは、その方々に対する責任をしっかり果たせるよう、

1年でも長く、事業継続していけるよう精進したいと考えます。

 

 

では、本題に入ります。

 

 

年末から取り上げることの多かった話題ではありますが、

『2019年』という1年間は、投資を実行している人間にとって、

まさに、『宴』と呼ぶことが、とても相応しい1年間となりました。

 

 

だいぶ記憶も薄れてきましたが、

 

 

『サブプライム・ローン』というイカサマが世界的に横行して、

臨界点を迎えた経済が『大クラッシュ』してしまったのが『2008年』。

 

 

一時は、

 

 

『資本主義の終わり』『経済のメルトダウン』両説が囁かれましたが、

以降10年間、主戦場『米国経済』は大きなリセッションを経験する事なく、拡大し続けています。

 

 

この期間、

 

 

決して道程は順風満帆ではなく、様々な『リスク要因』も存在しましたが、

結局、2020年現在まで、それらが顕在化することなく進んで来ました。

 

 

『時代は繰り返す』

 

 

この言葉が示す通り、次第に『恐怖感』を忘れてしまった投資家の多くが、

余剰資金を市場投入することで、世界経済の時価総額を底上げしています。

 

 

実に、

 

 

覇権国・米国経済は、直近10年間で『250%超』に膨張しましたが、

これは、堅調推移した欧州市場と比較しても、突出して優れた成長率(?)です。

 

 

この間、

 

 

真の意味での経済優等生『ドイツ』も約40%の成長を見せましたが、

やはり、資本主義経済の『胴元』である米国には、全く歯が立ちませんでした。

 

 

10年前、

 

 

金融危機直後は、その地位の揺らぎが懸念された『基軸通貨:ドル』も、

時間の経過と共に、その『盤石さ』を次第に回復させていきました。

 

 

2016年、

 

 

IMF(国際通貨基金)のSDR通貨バスケットに採用された『人民元』ですが、

未来の覇権候補国・中国も、現時点では、存在感で負けているのが実情です。

 

 

いつもご紹介している事ですが、

 

 

1971年に『金本位制度』が世界から消滅した世界経済において、

真の意味での『安全な通貨』というものは、どこにも存在しません。

 

 

ご存知の通り、

 

 

全ては、人類による『共同幻想』を以って成立しているのですが、

その前提条件の上で、『米ドル』は貨幣経済の存在価値を高めているのです。

 

 

将来的には、

 

 

『仮想通貨』の時代が到来する可能性も高いと思いますが、

『一発逆転思考』の方々が予想するより、もう少し『遠い将来』になると考えます。

 

 

直近10年間では、

 

 

『経済成長減速』が叫ばれ続けている『中国』ですが、

それでも、同国が保有する『人口・資源・経済規模』、

ポテンシャルを考えると、今後も暫く、期待せずにはいられません。

 

 

インドやアフリカ諸国等、

 

 

『第二の中国』としてポテンシャルを期待される国々もありますが、

物質的・経済的インフラ整備の観点や、政治的安定を考慮した際、

こういった国々が、爆発的経済成長を見せるのも、少しだけ先です。

 

 

理屈通りにいかないのが、もどかしいですね。

 

 

直近10年間の後半部分で、特徴的な経済動向を挙げるとしたら、

世界市場における、『債券』の歴史的超低金利を避けては通れません。

 

 

私たちが居住する『日本国』や、

 

 

『ドイツ』を筆頭とした欧州諸国の新発10年債権については、

軒並み、『マイナスリターン』を叩き出すという異次元状態が続いています。

 

 

2020年についても、

 

 

各国政策金利は『維持』若しくは、『引き下げ』が予想されますから、

債権市場の『異次元ワールド』は、2020年も継続が堅いと考えます。

 

 

『逆噴射』のタイミングは、誰にも予想できないですが、、、、。

 

 

かつて、

 

 

世界No. 1投資家であるウォーレン・バフェット氏は、

デリバティブ(金融派生商品)を『最終破壊兵器』という言葉で表現しました。

 

 

冒頭、

 

 

世界中あらゆるアセットクラスで『プラス・リターン』となった事を挙げましたが、

現代の市場でも、『クレジット:レバレッジ』という名の怪物が暴れ回っています。

 

 

ここでは、詳しく説明するスペースが無くなってしまいましたが、

現在の状況では、市場参加者の誰もが『適正価格』など気にせず、

ただただ上昇相場で狂乱し、下落直前での抜駆けを狙っています。

 

 

果たして、そのような『曲芸』は実現可能なのでしょうか??

 

 

以前、ご紹介した事がありますが、

 

 

『サブプライム・ローン』を発端とした、

米国・不動産市場を舞台とする『イカサマ』に、

最初に気付いた者が出始めたのが『2004年』。

 

 

理論上『破綻』していたこの時から、

 

 

真実に逆行する形で、市場はその後も上昇し続けて、

『暴落』という形で顕在化したのが、約3年後の『2007年』終盤のことです。

 

 

この歴史から学ぶと、

 

 

『2019年』、世界的に進行し続けた『狂乱』は、

『2020年』についても、『継続』という形を取ることが予想されます。

 

 

その『狂乱』の先に待ち受ける結末については、

私自身も、現時点では、想像したくもないいうのが『本音』ですが。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮1月28日(火)、大阪・梅田1月29日(水)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年1月28日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年1月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile