『75年』の時を経て今尚残る、『敗戦国』としての呪縛。

今日のテーマは、『75年の時を経て今尚残る、敗戦国としての呪縛』です。

 

 

毎年8月は、『戦争』をテーマにした話題が多くなりますね。

 

 

某民間放送局でも、この時期になると軒並み、

『ドラマ』『ドキュメンタリー』等の特番が組まれています。

 

 

私自身、

 

 

何故か、『第二次世界大戦』については、幼少期から、

内から、強い興味が湧き上がる感覚を覚えていました。

 

 

なので、

 

 

毎年、この時期に組まれる特別番組については、

可能な限り視聴して、『真実』を知りたいと考えています。

 

 

2020年、

 

 

最も、インパクトのあった『新事実』としては、

私たちには『歴史的大敗戦』と伝えられてきた、

ガダルカナル島の戦いが、伝聞とは違ったこと。

 

 

それまで、

 

 

連戦連勝で領地拡大を進めてきた『大日本帝国』が、

この島における『大敗戦』を機に、一気に形勢逆転されてしまいます。

 

 

教科書上では、

 

 

この時、連合国軍の攻撃に対して、日本軍は防戦一方で、

勝機なく3万人規模の兵力を失ったと記載されています。

 

 

そして、

 

 

領土的優位性を持つ、ガダルカナル島を失ったことで、

東南アジアにおける制空権は、連合国軍支配へと傾倒していくのです。

 

 

しかし、

 

 

今年、初めて知ることとなった新事実では、この戦いにおいて、

大本営も『日本の知将』を送り込んでおり、勝利間近という戦局があったと。

 

 

元々、

 

 

『国力』としては、『絶望的な差』があるもの同士の戦いなので、

この戦いの勝敗如何で、第二次大戦の結果が覆るとは言いません。

 

 

ただ、

 

 

その行動自体は、非難されるものであったとしても、

『国を、子孫を守る』という思いから、命を懸けて、

戦い続けたことは、日本人としての誇りと考えます。

 

 

1945年8月15日。

 

 

第二次世界大戦の終焉から、『75年』もの歳月が経過し、

国民全体として、戦後生まれが『85%』を占めるまでになりました。

 

 

その状況で、

 

 

『戦争(第二次大戦)』は、私たちから益々遠い存在になりますが、

この経験を越えて、私たちの祖先は『命』を繋いで来てくれた訳で、

これからも、しっかりと『記憶』に留めておくべきだと考えます。

 

 

先ほど、

 

 

第二次世界大戦の『風化』について触れましたが、

私たちが、この経験を意識する必要がある理由は、他にも有ります。

 

 

それが、

 

 

今日のタイトルとしても採用しましたが、

『敗戦国としての(経済的)呪縛』です。

 

 

先日、

 

 

米国・財務省が公表したデータによると、2020年6月現在、

国外保有される米国債残高は7兆400億ドルを記録しており、

過去最高値(7兆800億ドル)に肉薄しました。

 

 

*現行の為替レートでは、日本円換算『約750兆円』となり、

 世界一の債務大国・米国を象徴するほど、天文学的数字です。

 

 

現時点、

 

 

米国は、累積債務が『約20兆ドル』と言われていますから、

公表された数値が正しいとすれば『約3割』が国外保有です。

 

 

では、

 

 

前述の通り、日本円換算『約750兆円』の米国債を、

最も保有している国は、一体どこなのでしょうか??

 

 

この話の展開であれば、容易に想像できますよね。

 

 

そう、私たちが生まれ育った国、『日本国』です。

 

 

先日公表された同データでは、

 

 

日本国における、米国債の保有残高は『1兆2600億ドル』に上り、

現行為替レートで、日本円換算『130兆円』を超える巨額債務です。

 

 

そして、

 

 

日本国が保有する米国債は、『償還』の時を迎えても尚、

新たな買込みによりキャッシュ・アウト出来ない、曰く付きの代物です。

 

 

以前、

 

 

確か、宮澤喜一さんが首相だった頃だったと記憶しますが、

『米国債を売却したい衝動に駆られる』と発言したところ、

米国から『その発言は、宣戦布告とみなす』と恫喝されました。

 

 

相手のこの発言を見ても、日本国が保有する『米国債』が、

どのような『意味』を持つものなのか、分かると思います。

 

 

ここからは、私の憶測も含まれます。

 

 

今回、米国・財務省から公表されたデータでは、

日本国保有の米国債が『約130兆円』ですが、

この数字は『氷山の一角』であり、全てを正しく表していない。

 

 

敗戦後、

 

 

日本国は、ある一定期間、GHQによる占領政策を受けますが、

その後、朝鮮戦争の動乱も手伝ってか、ふわっと独立(?)させられます。

 

 

第二次大戦において、

 

 

あれだけ連合国軍に対して歯向かったにも関わらず、

この処遇は、冷静に考えてとても不思議な裁きです。

 

 

そこで、ある『推測』が成立します。

 

 

日本は、決して『独立』させてもらったのではなくて、

『独立風』にして、米国サイドへの資金供給システムを構築された。

 

 

要は、

 

 

『天皇制』を残し、『愛国心』を刺激することで復興支援し、

日本人がバリバリ、死に物狂いで、働いて稼いだ『お金』を、

『米国債』として消化する契約を秘密裏に得ているとしたら。

 

 

恐らく、

 

 

日本国が抱える『米国債』の総額は、『130兆円』程度では済みません。

 

 

『表』には決して出て来ない、『裏』の数字が存在している。

 

 

毎年8月、季節としては、とても好きな時期なのですが、

特別番組を視聴しながら、『敗戦国の呪縛』を意識させられます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile