『2:20ルール』の終焉★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

世界では、今日も相場が動いています。

日本では、相も変わらず一般の方々は、
なぜか大渋滞勃発のGW時期に国内外を大移動してますが(^_^;)

昨日も言いましたが、『資産形成』するのに、
最近のような相場変動を活用したデイトレは必要ありません。

少し想像してみれば当たり前ですが、
『お金持ち』が毎日PCに張り付いてデイトレしている場面なんて、
想像すら出来ないと思います。

僕自身、『経済的自由』を本格的に達成した後でも、
日々の『資産保全』と『運用』で市場にへばりつく生活はまっぴらです。

そんなことしなくても、
もっと確立された方法は、21世紀のこの時代にはある。

ロバート・キヨサキ氏は、
どこかの著書の中で次のような言葉を残しました。

『投資で成功するためには、
 面白くないほど機械的でなければならない。』

僕自身、初めてこの言葉に触れた当時は、
『ロバートは間違っている!』と感じたことが幾つかありました。

上記の言葉も、その1つです(^_^)

でも、その後理解を深めていくことで、
それらのすべてが『正解』だったことがわかります。

知識・理解が不十分だったので、
僕自身が『正解』だとわからなかっただけなのです。

現代社会は高度に情報化され、世界での共有スピードも早いため、
市場の歪みを見つけるのは困難だと言われています。

どんなに少しの『歪み』も瞬時に調整され、
将来的な予測も価格に織り込み済みだということ。

そこから超過リターンを得るのは、
並大抵のことではありません。

これが、デイトレ・FXが博打になる理由です。

この理屈は、『素人』のみならず『プロ』の世界にも当てはまります。

ヘッジファンドを中心とした、
『2:20ルール』の終焉が最近言われています。

『2:口座管理料』『20:成功報酬』を支払うほど、
『投資のプロ』は顧客に利益をもたらしていない。

これが、新たな世界の常識になりつつある。

先日の報道では、米AIGグループが、
資金運用を委託しているヘッジファンドに対して、
『41億USD』の償還要請をしたという情報も出てきました。

理由はもちろん、成績不振です。
殖えないから、預ける理由が見当たらない、と。

日本人は『権威』に服従しがちな国民性ですが、
もっと自身の『頭』で考えることも必要かも知れません。

少しずつ、時代の潮流が変わり始めています(^_^)★

本気で『資産形成』をお考えの方は、
ぜひ『お金のセッション』をご受講ください(^_^)

『人生を変えるお金のセッション』やってます★
・あなたのライフプランに希望を与えます。
・公式サイト内『予約フォーム』よりご予約ください。
・井上耕太:michiamokota0421@gmail.comまで、
 メールでのお問い合わせもお待ちしております(^_^)

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile